波乗り

a0072072_17034122.jpg
今年も半年が過ぎ去り、今日から7月。
雲の輪郭線が一気に夏を象っています。

6月は初めてとなる鹿児島で2カ所、展示会を開催。
詳しくは、いつものようにこちらに上げていますが、、、

上げてはいますが、、、
実際はそう気軽に上げられないような日々があり、
この揺れ幅の大きい波をどうやって乗り切ればよいのだろうかと
風向きをみつつ、手旗信号で方々に「助けて」とサインを送りながら、
なんとか陸に上がってこれた、そんな状況です。

かといって、そんな波乗りしている日々が辛いかといえばそうでもなく、
まるで台風の目のように、中心ではいつも凪いだ状態で波をみつめている
眼差しがあって、その眼差しははるか遠くの波をみつめているのです。


写真は、
透明な液体に浮かぶ
まあるい天体のような氷

夏の始まりを告げる
七月一日


















::










[PR]
by cotomono | 2018-07-01 17:36 | Comments(0)
<< PICFAとの企画展 巡り巡る。 >>