Wir haben immer freie Fantasie.

a0072072_13512696.jpg
さて、ようやく時間ができたので重い腰を上げてドイツ語の勉強をスタート。
しかし語学学校に行く余裕がないのとつくづく人に習うのが向いてないので
CD付の独検用テキストを買って独学でやることに。
先ずはやる気を削ぐダサいテキストカバーをBAUHAUSのポスターで
カスタマイズすることからスタート。何でもカスタマイズは大事です、笑。

数年前からドイツはいちばん身近な外国になっていたにも関わらず
真剣にドイツ語を勉強する気にならなかったのは、英語さえまともに
話せないのにドイツ語単体で学ぶのは自分にはハードルが高すぎると
やらない言い訳をしていたのですが、英語と一緒に学ぶ方法を勝手に
編み出して始めてみたところ、立ち止まることも多いけどそれを自分の
やり方でクリアにしていくのが何より面白い。
英語で「教育」を「Education」というけど、これは自ら導き出すという
意味があって、自分が人に習うのが苦手なのはこの行程が省かれてしまう
からなんだと思う。

そして今はGoogle翻訳という便利なものがあったりと学ぶ方法、
know howはいくらでもあるけどやっぱり動機、know whyがないと
続かないわけで、動機があるかないかは大きい。

ほんとは3年前、三ヶ月もドイツに滞在していたのだからその時に
しっかりやれば良かったんだろうけど、その時はまったくその気に
ならなかった。そりゃそうだ、その時はただ日本から離れたい一心で、
ドイツ語どころか英語すら真剣にやろうとはしなかった。

まぁ、でもあの空っぽ(になるための)の三ヶ月間がなければ、
今こうしてドイツ語をBGMに針仕事をしていることもなかったのだから、
やっぱり時間は未来から今に向かって流れてるのだなぁと思う次第です。


何にせよ、先ずはイメージを持つことが大切。

それが正しいかどうか、誰かに教えてもらわなくとも、
そう、わたしたちはいつでも自由な想像力を持っているのだから。

Ja, Wir haben immer freie Fantasie.
































::





[PR]
by cotomono | 2018-05-06 14:33 | Comments(0)
<< 展示会のお知らせ 我慢から離れ、我儘に行く。 >>