今いる場所への慈しみ

a0072072_1932038.jpg

昨夜、台風の風でびゅんびゅんいうなか、
最終便で大阪の旅から博多へ帰ってきました。

iTohenさんでの展示会中、たくさんの方に来ていただき、お話させてもらい、
出発前より、自分がすこし膨らんだ感じがします。

「つくる」ことに対して、大きな迷いのなかにあって、
それはいまも変わらないけれど、大阪で、様々な人の営みに触れたことで、
少し霧が晴れたようです。

自分を動かすために、カバンを作っているところがあるので、
これからもそうであればいいなぁ...と思うことができたのは、
iTohenさんの場所の力だなぁとあらためて感じています。
たくさんの出会いを授けていただき、本当にありがとうございました。


滞在中は移動の電車代以外はほとんどお金を使うこともなく...(笑
色んな人にあれこれ世話を焼いてもらい、大阪人のあったかさに
すっかり馴染んでしましましたー。そんな旅の思い出はまたゆっくり。。

a0072072_19484027.jpg

左からiTohenスタッフの、すみやさん、平林さん、咲子さん、そして鰺坂さん。
めっちゃ、すてきな人たちです。

そういえば今回、かばんの展示風景はほとんど撮らず、
こっそり人ばかり撮っていました...(笑
いまの自分の心の現れかもなぁと思います。


a0072072_19564065.jpg

空港へ向かうリムジンバスに乗る前、くるりの表紙にひかれ(笑
梅田の駅前でおっちゃんから「ビッグイシュー」を買いました。
代金300円を手渡すとき、普段は「ありがとう」しか言わないけど、
なぜか昨日は「がんばって下さい」と自然と口にしている自分がいました。

見知らぬ誰かに、おはよう、ありがとう、げんきで、がんばって、またね、と
笑顔で言える、ただの人でありたいなぁーと思う、そんな大阪滞在でした。


ビッグイシューのなかで、くるりの岸田くんがこんなことを言ってました。
さすがくるり。いいこというやんね(笑


自分の今いる場所がすばらしい場所と思える日も、
そうじゃない日もある。

でも自分が今いる場所への慈しみみたいなものですか、
そういうものが他者の背中をそっと押す原動力になったり、
きっかけになったりするんじゃないでしょうか

[PR]
by cotomono | 2012-09-17 20:16 | Cotomono Works | Comments(0)
<< のぞみ1号 迷いのなか >>