迷いのなか

a0072072_1933856.jpg

いよいよ明日、大阪での展示会を迎える。

毎回、展示会の前日はいろんなことに思いを巡らすのだけど、
今回はいつもとすこし違うみたい...


もちろん、はじめての場所で、
はじめましての人たちに出会える嬉しさは、いっぱいにある。
作品もいまできる限りのことはやったから悔いはない。
数字的な不安は、いつものことだからもう慣れっこだ。


だからつまり、いつもと同じなのだ。
だけどそこに、いつもと同じ自分がいない。



制作中もずっと、この不在感が気になって仕方なかった。
気にしても前に進めないから、気にせずとにかくやったけど、
心のなかは、それに覆われていた。




10年前のわたしは、つくらなければ(心が)死んでしまうという
危機感に急かせれるように作り始めた。

ものを作りながら自分をつくろうと思った。

いや、ほんとは、自分をつくるために、ものを作る必要があった。
というか、それを与えられた。


10年が経って、つくるということと、再び、
向き合う時期がきているのだろうと感じている。

それは、もしかしたら、作品や商品としての
「もの」では、もうないのかもしれない。



明日からの大事な展示会をまえに、
こんなことを書いてしまう自分はアホやなと思うけど...
大きな迷いのなかにあることを、いったん受け入れてからでないと、
笑って、大阪に行けないと思ったので。

正直に。




今朝、いつも通りかかるお寺の掲示板にこんなことが書いてあった。

 これまででもなく、これからでもなく、
 いまの、ひと呼吸、ひと呼吸が、すべて。




3.11の震災から今日で1年半。
そして、9.11から11年。






::



さて、8回目となる展示会にあたり、
今回もたくさんの方々に支えていただきました。

DMの配布や告知等にご協力いただいたみなさまへ、
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。


Krank/marcelloさん、いづみ恒商店さん、シルクスクリーン工房メッシュさん、
ちゃぶさん、カメラのS。いつもかわらずのお力添えを、ありがとうございます。
そしてもちろん、忙しい最中、今回も快く送り出してくださった着物やさんに感謝。


それから、土圭屋のかいづちゃん
初対面で「うちに泊まる?」(笑)と言ってくれたおかげで、
はじめての大阪への不安が、ぐっと楽になりました。
助かります。本当にありがとう。


そして、明日からお世話になるiTohenさん
はじめてお邪魔したのは今年の2月。まだ寒い寒い冬の日でしたが、
バス停まで傘を差して迎えにきてくださったスタッフの方や、
人情味溢れる鰺坂さんのあったかさが、そのままこの場所となってるなぁ...と、
ここにカバンたちと一緒にまた来たいなぁ...と素直に思いました。
お世話になります。どうぞ、よろしくお願いします。


この場所で、たくさんの方々とお目にかかれるのを
カバンたちと一緒に楽しみにしております。

キモチをカタチに...
Cotomono手作りのカバンや小物たちvol.8

[PR]
by cotomono | 2012-09-11 22:03 | Comments(0)
<< 今いる場所への慈しみ サーカスさんと荷造り。 >>