アナログ

a0072072_23273857.jpg

明日からブログの更新もできなくなる(かもしれない)ので、
ハードが動くうちに...


1週間ほどまえからmacの電源を入れてもリンゴマークが出てこず、
代わりにギギギと削るような音と?マークが出るようになった。
しばらくはどうにか起動してたけど、昨日から事態が悪化してきたので、
慌ててマイサポートセンター、ばたやん兄貴に電話して昨日今日と連日でみてもらう。

診断の結果、間違いなくハードが壊れかけてるみたいで、急遽外付けのハードディスクを
買ってきて、なんとか今日までのデータは全て保護することができたのだが、
大切な写真や音楽、メールが全部ふっとぶんかと思うと、、、
ばたやん兄貴、ほんとぉぉぉにありがとうござましたぁぁぁ〜

まぁこれまであまりにも無頓着に扱ってきたわたしも悪いけど、
macのハードディスクのサポートは5年がリミットらしく、
今日、りんごストアの人に聞いたら、ハードの交換修理ができるかは微妙とのことで
最悪、買い直しも余儀なくされると聞かされ、顔面蒼白。。。
幸わい、ばたやん兄貴に奥の手を教えてもらい、なんとか修理できる方法があるので
買い直しは免れそうだけど、、、ほんとに、お金のかかる仕組みになってるなぁと思う。


そして無意識でいたけど、いま、パソコン(インターネット)のない生活は考えれず、
あらゆることをそれに依存している自分を改めて思い知らされた。

今回の震災でも、情報という面ではインターネットは強力な威力を発揮したけど、
実際、電気の通っていない現地で、安否確認や被害状況を知る手だてになっていたのは、
地元の記者が足で調べた新聞記事だったという。
それをボロボロになるまで繰り返し回し読みし、大切な人の名前を探す避難所の、
ひとりひとり。




なんだかうまく言えないけれど、


つながり、つながるって、

ほんとはもっと、すくなくて、ゆっくりで、もどかしくて、
届いているのかすら、わからなくていいのかもしれないなぁ。


こんなに便利になったいまだって、
ほんとに大切なことは、メールでなく手紙で伝えるもの。




というわけで、しばらくアナログ生活になりそうです。


不便だけど、たぶんそれもいいな。
[PR]
by cotomono | 2011-03-25 00:30 | Comments(0)
<< 私の闇の奥 おしらせ >>