迷ったり、ためらったり、恐れたり、

a0072072_22425822.jpg

寒いなー、水曜日。
満開の桃を眺めつつ納期のある針仕事をしつつ、
もらいものの無農薬みかんを皮ごとジャムに煮込んだりしつつ、
届いたばかりの『羊どろぼう。』をぱらぱらめくる。



夕方、こないだちょこっと受けた取材の最終稿メールが届いたので、
はい、これでOKです、と返信。


メールを送ったあと、これが印刷されてばーっと世の中に出るのかと思うと、
ほんとによかったんかな...と、いまさらながら取材を受けたことに迷いが。。。

いや、とてもすてきなフリーペーパーだし、
載せてもらえてうれしいし、ありがたいのだけど...

記事になっていることは、すべてほんとうのことだし、
短い時間の取材にも関わらず、小さな誌面のなかに丁寧に反映して下さった。


なのに、なんでだろう?





「どうして、ものづくりをはじめたのですか?」


記事になっていることは、わたしの根っ子の部分であって、
「ものづくり」が変わることはあっても、そこが変わることはたぶんないと思う。
そして取材をして下さった方も、そこを取り上げたいと言って下さった。



でも最初は、そこを話すつもりはなかった。
短い時間で伝えられるとは思ってないし、なんというか、
初対面である方にそれを伝えることは負担になると思った。
だから最初は、わかりやすいところでまとめてもらえばいいと思っていた。


でも、「どうして?」と問われたとき、
そのことを避けて伝えることはどうしてもできなかったので、
ざっくり話した。


そして、何度か校正を重ねて記事になった。


短いながらもそこには、一字一句間違いなく、
ほんとうのことが書かれてある。





あぁ、そうか。


ほんとうのことだから、ためらうのだ。


ほんとうのことだから、こわいのだ。






わたしはもっと、

迷ったり、ためらったり、恐れたり、

しないと、いけない。
[PR]
by cotomono | 2011-03-09 23:35 | Comments(0)
<< がんばれ 答え合わせの国 >>