つよい、こども?

a0072072_19201971.jpg

昨日の福岡市長選挙。
うまくいかない針仕事に手を焼いてるうちにすっかり日暮れ。
投票時間が終わっちゃうよ...やばいやばいと冷蔵庫に貼付けておいたはずの
投票ハガキを探すけど見当たらず外も真っ暗だし、結局スルーしてしまった。
(あらっきーさん、ごめんなさい...)

で、夜のニュース速報で早々に元アナウンサーの当確をみて
なんだかな〜と、ひとりごち。

投票もしてないし、正直あんまり関心もなかったけど、
この人だけは嫌だなと思っていた。

ろくに政策も語らず、夢とかナンバーワンとかだけ熱弁してる姿に
“ぽかん?”としたのもあるけど、
ニュースで「こども」について語っていたコメントが最悪だった。

「とにかく、つよいこどもを育てます。競争社会を勝ち抜く、強い子を。」


血走った目で、「と、に、か、く!」と言われましても、、、
ねぇ?


選挙権がないからって、
こどもをそんなにナメちゃいかんですよ。

こどものことは、こどもがいちばんわかってます。




以下、ホームページを作ってくださったTさんのブログより拝借します。

こどもの頃、よくわからないままに
わたしは大人に対してずっとこんな風に思っていたのだなぁ...と
この詩を読んでいて気がつきました。


 : : :


  
 あなたの子供は、あなたの子供ではない。
 彼等は、人生そのものの息子であり、娘である。
 
 彼等はあなたを通じてくるが、あなたからくるのではない。
 彼等はあなたとともにいるが、あなたに屈しない。

 あなたは、彼等に愛情を与えていいが、あなたの考えを与えてはいけない。
 何となれば、彼等は彼等自身の考えを持っているからだ。

 あなたは、彼等のからだを家にいれてもいいが、
 彼等の心をあなたの家にいれてはいけない。
 
 何故なら、彼らの心は、あなたが訪ねてみることもできない、
 夢の中で訪ねてみることもできないあしたの家に住んでいるからだ。

 あなたは彼等のようになろうとしてもいいが、彼等をあなたのようにしてはいけない。
 何故なら、人生はあともどりもしなければ、昨日とともにためらいもしないからだ。

               (星野道夫さんが好んだアラン・ギランの詩より)



[PR]
by cotomono | 2010-11-15 20:14 | Comments(0)
<< THINK Life is what ha... >>