沈黙

a0072072_21234686.jpg

息をするのもためらわれるほどに、
乱れた言葉たちによるエントロピーの増大を感じる。
言霊を失った実体のない、抜け殻のような言葉。
いや、悲しいかな、抜け殻でさえないのだろう。

いまはただ、沈黙するしか術がない。

今夜も白川静さん言葉を眺めています。

言葉たちに、還るところがあるといいのだけど。


















::
[PR]
# by cotomono | 2017-04-06 21:39 | Comments(0)

cotomono works

a0072072_18464475.jpg

ここ数年、ホームページを閉鎖してしまったせいで
作品がスムーズにご覧頂けない状態が続いておりましたが、
この度、wordpressにて「cotomono works」のページを作りました。

ここ数年の作品しかアップできていませんが、
今後、作品はこちらにアップしていきますので、
良かったらのぞいてみてくださいね。

cotomono works 物語のような、カバン。




















::
[PR]
# by cotomono | 2017-04-02 18:52 | Comments(0)

「私」が凝り固まる

a0072072_1362148.jpg

さて、渦中の人ことお騒がせファーストレディの安倍昭恵さんですが、
こんな本を出版されておられるようで、これはもう笑うしかないというか、
しかし、本質を突いてるよなぁ〜とまったく違う次元で感心しています。笑

「私」を生きる ー 安倍 昭恵 (著)


以前、この日記にも書いたかもしれませんが、
「私」という字は、禾偏(のぎへん)にムで出来ていて、
これは(収穫した)稲をムのようなカタチで抱きかかえるように
独占している様子を表しているそうです。
(「ム」は人間の鼻を横から見たカタチから来ているそうです

ちなみに、「私」を古い辞書で引くと「嘘つき」と記されてあり、
昭恵さんの著書のタイトルを翻訳すると、“「嘘つき」を生きる”となります。
(またこのタイミングでスゴいネーミングセンスデスネ...

あとついでに、帯コピーの「自分の心にまっすぐに」ですが、
「心」という字は人間の心臓(臓器)のカタチから出来ていて
凝り固まるという意味があるので、これも翻訳すると、
”自分の凝り固まったものにまっすぐに”となります。

まるで今回の件を暗示するかのような...

そして「心」という字は、悲、怒、そして、愛にも入っています。
どれも凝り固まるとやっかいなものですね。。




























::
[PR]
# by cotomono | 2017-03-26 02:15 | Comments(0)

位相(つづき)

a0072072_2226592.jpg

昨日で無事にフラスコ神楽坂さんでの展示会を終えることができました。
今回5年ぶりの東京でしたが、長い間こんがらがり、凝り固まっていたものが
ゆっくりとほどけ、新しい線を描きながらまあるいカタチとなって表れたような、
ひとつの結び目であり、またはじまりのような時間でした。
それは展示会中だけではなく、移動中も滞在場所も、すべてにおいてそうで、
何というか、こんなに安心しきった東京滞在は初めてでした。
お客様はもちろんのこと、関わってくださったすべてのみなさま、
そして神楽坂の貞さんに心より感謝申し上げます。
お力添え本当にありがとうございました。

東京滞在中のあれこれはinstagramに上げてますので
興味のある方はこちらをどうぞ。。



さて昨日の夕方、バタバタとフラスコでの搬出を終え羽田空港へ到着した頃
スマホにinstagramのサインが出ていたので見てみると、
ある方からのフォローサインでした。それもちょうど100人目。

そのある方とは、10年前「cotomono」として活動するうえで、
はじまりの大きなきっかけを作って下さった方であり、
5年前、再び、その原点に立つ節目となった方だったので、
(詳しくはこちらを→点と、線と、原点回帰。)
今回また、東京とのはじまりを作ることができたその日に、
その方からのサインだったので、時間がめぐるというか、
何とも不思議な感覚がしました。

偶然にも前回の日記に書いたばかりですが、
「位相」とはまさにこういうことで螺旋状に無数に散りばめられた点が
ある位置において縦(奥行き)につながり、それによって視点(角度)が変わる、
その位置のことを「位相」と呼ぶのかもしれません。

というわけで、位相(つづき)でした。
いやぁ、これは本当におもしろくなって参りましたー。笑





















::
[PR]
# by cotomono | 2017-03-06 23:32 | Comments(0)

位相

a0072072_17571760.jpg

さて、昨年より参加しているあるお話会の席でのこと。

話し手の方が「時間」は「ない」とはっきりと気づいたある日の朝のことを
これまでにも何度となく聞いていたのですが、そのきっかけとなったのが、
ある人が言った「時間は変化しか分からない」というフレーズだったそうで、、、

もちろんわたしは「時間はない」と言えるまでには至ってませんが、
時間は過去からいま現在、そして未来へと直線上に流れているとはますます思えず、
どちらかというと、立方体になった方眼の目のようにあちこちに「時間」が
点在している感覚がしていて、そのことを話し手の方に伝えたところ、
それは螺旋状になった「位相」のことです、と言われました。

それで、位相をwikipediaで調べてみたたところ、
英語では位相のことを「phase(段階)」と言うらしく、
あぁ、そうか!と思わずヒザを打った次第です。
ちなみにwikipediaによると、位相は角度で表せるそうで、
これまた、あぁ、そういうこと!目から鱗が落ちました。

ついでに書くと、目と言えば「顔(面)の前にしかついていない」のが
そもそも身体を時間の枠に足らしめているひとつの要因でもあって

これを読んでる方は、この人何言ってんの?と思われるかもですが、
身体=時間なんですよね。もっと言うと、たぶん、私(自我)=時間です。

さて、ある地点を以て位相(英語で言えばphase)が変わったと思える瞬間が
自分にも確かにありまして、それを言葉で表現するならば、
いわゆるこの世界をとりまいているものは何も変わっていないのだけど、
それを見つめる、角度が変わったのです。

正確に言うと、増えた。

何が?

目が。


見えなかったものが、見えてくる。

それがたぶん、位相という、目。


































::
[PR]
# by cotomono | 2017-02-26 18:38 | Comments(0)

北極星

a0072072_23334052.jpg

先日から知的好奇心沸騰中のヌーソロジーは半田さんのブログ(カタカムナ関連)を
読み返していたら「北極星」というキーワードがあったので、気になってリンク先を
開いてみたところ、またまたすごいことが書いてありました。。
なので、覚え書き的にご紹介します。
星田妙見宮 拝殿でのお話

なぜ、北極星が気になるかというと、
昨年、ベルリンの只松さんと一緒に書いた「星と素数」の物語の中に
わたしが最後の最後で書き足したある一節があるのですが、、、
(詳しくはこちらを。)

いま、冷静になって振り返ってみても何故、あの一節を書き足したか、
あの言葉が突然降りてきたのか、まったく分からないのです。
ただ、内側から(オコツト的に言うと外側)強い衝動があって、
まるで「書け!」と命令されるかのように書いたとしかいいようがないのですが、

リンクさせて頂いた半田さんのブログを読んでいると、
まるで答え合わせをしてるかのような、、、いや、答えが先にあって
後で問いを見せられているかのような、時間が反対から流れるような
ちょっとヘンな感覚になりますが、人生とはこんな不思議なことの連続で、
なぞなぞの謎解きしてるみたいなもんですね。

あー、おもしろいなーー。


おまけ追記:「オコツト(OCOT)情報 ー 星座」によると
さそり座とは、芸術的なものをもたらす力の本質。
芸術とは精神の進化を作り出す力。とありまして、、

ちなみにわたしは素数生まれのさそり座なのですが、、、
自分を芸術家だとは全く思いませんが、「精神の進化」には非常に惹かれます。
「今回で人間はおしまいにしたい」と子どものころから思ってるくらいに。
でもまぁ、今回で人間をご卒業した後は木に生まれ変わりたいなーと、
ほんわか程度でしたが、最近、人間とヒトは違うことを知って、
がぜん、ヤル気がでてきました。。単純(笑

























































::
[PR]
# by cotomono | 2017-02-22 19:01 | Comments(0)

2013

a0072072_2312756.jpg

さて、またもや知的好奇心がふつふつ湧いてきて
「2013 シリウス革命/著:半田広宣」を早速購入。

まだ三分の一しか読み進めてませんが、
ページをめくるたびに幸福感に包まれる読書は初めてです。
お金に余裕があれば数冊買って方々へ配りたいくらい。笑

それにしても、去年の時点でこの本のことも知っていたのに
またもやスルーしてました。。でも読書はやっぱりタイミング。
カタカムナや「もののケのしおりちゃん」に興味がある方は
この本を読んでみることをぜひともオススメします。
というもの、数少ないこの日記の検索履歴をみると、cotomonoではなく、
カタカムナともののケのしおり、ばっかりなんですもん。笑
(あ、東京展示会に向けてちゃんとカバンも作ってますよー!


ところで、この本のリードタイトルとなっている「2013」ですが、
ターニングポイントとしてはやはり、3.11が起きた「2011」を思い浮かべる方が
多いと思いますが、個人的には、2013年を境にガラッと状況が一変したので
心配などせずとも「わたし」と「宇宙」はやっぱりシンクロしてるんだなと思う、、
というか「わたし=宇宙」なのであって、最近は世界を取り巻く人間界のいざこざ
政治的エンタメにいちいち振り回されなくなって、すっきりしました。
まぁ、映し鏡だなとは思いますけどね。。。


余談ですが、一昨年ドイツから帰ってきて、何故だかテレビが映らなくなって
しまいそのままテレビを捨てたのですが、もう自分には要らんよってこと
だったんでしょう。インターネットも使い方次第ではテレビ以上に虚無空間を
作り出すので、まぁ、ほどほどに。
...ってことをインターネット上に書いてる時点で矛盾してますけどね。笑

話がそれましたが、「2013 シリウス革命」オススメです!
おっもしろいですよー。






















::
[PR]
# by cotomono | 2017-02-13 00:05 | Comments(0)

通訳者

a0072072_22515994.jpg

昨年来、「カタカムナ」と「もののケのしおりちゃん」の話していることは
どこかでつながる感じがずっとしていたのですが、、、

今年に入って、改めてしおりちゃんの声を繰り返し聴き直し
風呂場でカタカムナウタヒをふふふのふんと復唱していたところ、
昨晩、思いがけず素晴らしい通訳者を教えて頂きました!

こちら、半田広宣さんという独立系の研究者?の方のブログです。
自分が興味がある「カタカムナ関連」にリンク付けさせてもらいました。
半田さんという通訳者の言葉を介すると、聴き取りにくかった声が
内側から響いてくるように聴こえてくるから不思議です。

しかし、去年の時点でヌーソロジーのことは一応見ていたはずなのに、
ぜんぜんスルーしてました。。やっぱり見たいものしか見てないんだなぁ、、
まぁ、去年は素数に夢中で凡人にいっぺんにいろいろは無理な話ですが。


ところで、「ヒト」って「地球」のことだったのか!
「人間(じんかん=世間)」とは、まだヒトになれないヒナのようなもので、
ヒフミヨイムナヤコト、でいうところの「ナ」ってことなのかも。
人間は「名前(ナ)」の世界だしね。


なるほど、これで合点がいきました。
かつて妖怪人間ベムが早く人間になりたーい!と叫んだように
わたしも叫びましょう。あぁ、早く、ヒトになりたーい!!!


さて、今年も妄想いっぱい、
面白くなってまいりました!笑





















::
[PR]
# by cotomono | 2017-02-07 00:15 | Comments(0)

アマナとカムナ

a0072072_2154392.jpg

Twitter「もののケのしおり」より抜粋させていただきます。

しおりちゃんの言ってることは正直よく分からないのですが、
ただただ興味深く、気になるキーワードがいくつも出てくるので、
バラバラになっているものが、いつかつながるかもしれないので
覚え書きとして記しておきます。


:::


「目次と内容」

生の目次とは、菱形が30個ある菱形30面体(青い火)
生の内容とは、五角形が12個ある12面体(赤い火)
この2種類の記憶を合わせてアマナという人
その丸い火の心が形となって表れたのが地球と地球の中心点・・・
鉛から始まる92種類の元素と裏のアミノ酸

死の目次とは、落ちる五角形を表した20面体(黒の水)
死の内容は、五角形が花のように開いた12ー20相貫体(透明の水)
死の目次と内容の2種類の記憶を合わせて、カムナという人
丸い水玉のような死の心が形で表れると月の裏側(表側ではない)
ウランから始まる92の元素と表のアミノ酸

死の目次と内容の記憶が書かれた丸い本
生の目次の内容の記憶が書かれた丸い本
死の球と生の球がセットで双子・・
たんぽぽがたんぽぽのまま地球で花が咲くのに必要な本
死の球と生の球のセットがもう一組みあると十字架
たんぽぽの横では、別の地球でひまわりの花も咲いている
ここで地球は2つ

種があって花が咲くという本の性質は同じだけども、
たんぽぽとひまわりの記憶の違いがお互いわからないと、
たんぽぽなのにひまわりの花が咲いたりして、
自分が自分の花が咲く事がわからなくなると困ってしまう・・
だからそれを確認し合うためには最低限双子は2組必要、
というのを表したのが十字架

私達人間の中には存在した事がない最初の十字架の記憶、
この図書館や本屋にも売っていない(地球上では現れた事がない)
死と生の記憶を感じるために・・・
たんぽぽが咲く地球か、ひまわりが咲く地球か、
自分の性質に合わせて、どちらかの地球に向かう・・

死の目次には、生の内容が書かれており、
生の目次には、死の内容が書かれている・・・
黒の中の白の中の黒。白の中の黒の中の白
「根!(水)」といえば、「茎!(火)」と合言葉を
言い合える事ができるもう1人の自分
月と地球の暗号は解かれており、
全ての人に貸し出し可となっている・・



:::


すべての人に貸し出し可となっている?



























































::
[PR]
# by cotomono | 2017-02-01 21:26 | 覚え書き | Comments(0)

展示会のお知らせ

a0072072_20274036.jpg

3月の展示会のお知らせです。

今回は実に5年ぶりとなる、東京は神楽坂での開催です。
この場所はカバン作家としてのはじまりの場所であり、
初心に還るかのように、またカバンたちと一緒にこの場に立てることへの
うれしさと深い感謝の気持ちでいっぱいです。
展示会は4日間だけとなりますが、期間中は終日在廊いたしますので、
春の神楽坂散策がてら、どうぞ遊びにいらして下さい。
また3/4はステキな音楽人たちによるライブもあります。
この場所で、たくさんの皆様にお目にかかれることを
心から楽しみにしております。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

キモチをカタチに...
Cotomono EXHIBITION
at フラスコ神楽坂


春を待つ柔らかな色合いの手染めのカバンや
シルクスクリーンプリントを使ったオリジナルテキスタイルのカバンなど、
いろいろなキモチをいろいろなカタチにしました。
グラフィックデザイナー 松尾浩一さんとのコラボユニット「ことまつ」による
数字のオリジナルタイポグラフィを使ったカバンも原画とともに登場します。
ベルリン在住の「物語をつくる人」こと只松靖浩さんと、往復書簡のような
言葉のキャッチボールをしながら綴った「星と素数」をテーマにした
ちょっと不思議な物語を添えて。

【日時】
2017年3月2日(木)〜5日(日)
2日(木):13時〜19時
3日(金):11時〜19時
4日(土):11時〜18時
5日(日):11時〜16時


*4日(土)はライブのセットアップのため、
展示は17:30で一旦CLOSEとさせて頂きます。

【場所】
フラスコ神楽坂
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-16 
TEL:03(3260)9055

【アクセス】
東西線神楽坂駅 1番出口より徒歩3分
都営大江戸線牛込神楽坂駅 A3出口より徒歩5分
JR有楽町線飯田橋駅より徒歩10分
神楽坂通り100円ストアを曲がってすぐです。



3/4(土):Cotomono EXHIBITION Special Live
キモチをオンガクに...
オオタユキ & zerokichi Live

open 18:00 start 18:30/ ワンドリンク付き2,500円(要予約)

オオタユキ(うたとギター)
仙台生まれ。景色に心を透かして紡いだ唄を、シンプルに歌います。
希をこめて。

zerokichi(ウクレレ)
福岡を拠点としウクレレ片手に旅をする。
ウクレレのソロ演奏の他、ギタリストとのデュオCYLVACでも活動。

【すべてのご予約・お問い合わせは】
cotomonomonoco(*アットマーク)gmail.com
[*を@に変換してください]

【Cotomono info】
Cotomono(カバン作家)
福岡市在住。2003年よりオーダーメイドでのカバンづくりを始め、
これまでに海外を含む各地で展示会を開催。
物語のようなものづくりをテーマに手を動かす日々。

cotomono.exblog.jp
instagram.com/cotomonomotoco/


















































::
[PR]
# by cotomono | 2017-01-26 21:02 | Exhibition | Comments(0)