<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

the priceless key

a0072072_22445464.jpg

翻訳の仕事もされてあるネイティブの先生に、去年書いた「星と素数」の物語を
翻訳していただいた。半年間、先生に英会話の個人レッスンを受けるも、
元来が習い下手な性格もあって、先生に習っていることに甘んじて自ら学ぶことを
さぼっている現状があり、このままダラダラと続けるのは良くないと判断し、
レッスンは一旦止めることに。。。

しかしながら、最後に先生に物語の翻訳のお願いしたのは大正解だった!
当初、自分で翻訳機能を使ってやってみるかと思っていたけど、無謀も無謀...
この物語はベルリンの只松さんと一緒に書いたものだけど、こうやって、
ネイティブな第三者を通すことで、また新しい物語に生まれ変わった感じさえする。

いま、先生に翻訳してもらった英文をひとつひとつ確認しているのだけど、
物語の重要なキーとなる「星使い」は、当初「star user」と直訳されていて、
これだとちょっと意味合いが違うので「stargazer」に変えてもらった。

stargazerは、占星家や天文学者というちょっとアカデミックな意味になるけど、
もともと「星を見る人」という意味からきているそうで、転じて、夢想家...
「夢をみる人」の意味もある。これは自分がイメージする「星使い」にピッタリ!


そして、最後の一文を先生はこんな風に翻訳してくれた。

日本語では「開かれる時を待つ」という受け身の状態だけど、
それを「世界を開くことができる」という能動的に変化させているとことが
英語世界ならでは。どちらがいいとかではなく、日本語思考と英語思考では
こうも違うから本当に面白い。

そして、the priceless key...

先生、ステキな言葉をありがとうございました。


それは星の温もりであり、素数の温もりであり、
開かれる時を持つ扉の大切な鍵である。

It is warmth of a star, it is the warmth of prime numbers
and this is the priceless key we have that can open worlds.
























::
[PR]
by cotomono | 2017-06-25 23:33 | Comments(0)

金属音

a0072072_1947536.jpg

昨晩、寝ている時に一定のリズムで何かを叩くような金属音がして目が覚めた。
でも、部屋も外もシーンと静まり返っていて特に変わった様子はない。

気のせいか...と、そのまま眠りに戻るとまた金属音が聴こえてくる。
で、再び目を開けて金属音に意識を合わせようとすると音が消えてなくなる。
で、また眠りに戻ると金属音が鳴り始め、意識を合わせると消える。
まるで意識と無意識の狭間を狙っているみたい。

そんなのを数回繰り返してるうちに、トイレに行きたくなったので
起き上がりトイレを済ませ、水を飲み、一旦完全に目を覚ました後に眠りについた。
単に眠っているときにトイレに行きたかったサインなのかな?とも思うし、
そうだった方がいいけど、あんなに大きくはっきりとした音はどう考えても
外部から鳴っているとしか思えないんだけど。。。うーむ。


いったい、あの金属音はなんなんだろう?
不快な音ではないけど、連続性があって耳に残る。

こないだは頭の中に77って数字がくっきり投影されたてビックリしたけど、
頭の中で何か起こっているのかな?一年ほど前は爆発音もしたし。。。

ひとまずメモ的に書いておきますー。













::
[PR]
by cotomono | 2017-06-21 20:34 | Comments(0)

courage

a0072072_2222661.jpg

さて、ただいま展示会前恒例の「ココロが折れかかっている」状態ですが、、、
いまさっき、友達がスッバラしい言葉を贈ってくれ一気に救われました。

following your own path needs indeed courage,
but we should try it and make the best of it.


12月、いい顔で彼らと再会できるように、
勇気を、、、

そう、勇気を出そう。































::
[PR]
by cotomono | 2017-06-20 22:21 | Comments(0)

77

a0072072_18304873.jpg

眠っていて夢をみることがほとんどないのですが、
眠りに落ちる前というか、いわゆるまどろみタイムのときに
時空が歪むというかズレるというか、しばしば不思議な感覚になることがあります。

こないだ、「メッセージ」という映画をみた夜のまどろみタイムに
何の前触れもなく、パッと「77」という数字が頭の中にくっきりと投影されて、
一瞬、ん????となったのですが、その77の線形が本当に美しくて、
そのまま気持ちよくなって寝ちゃいました。

その夜に観た映画の影響かな?とも思わなくもないけど、
メッセージという映画で「77」が出てきたわけでもないので、
何かの暗示(サイン)なのかしら?

気になったので77を数秘で調べたら、いいこと書いてあったので
気分はいいけど。。。(笑

こんな風に、まどろみタイムにはっきりと数字が表れたのは初めてだったけど、
ゾロ目、特にデジタル表示は毎日何度もゾロ目を見るので、ゾロ目に何かあるのか?
潜在的に「みたいものしかみていない」のであれば、それが位相なんだろうけど。

ちなみに映画「メッセージ」ですが、原題「Arrival」の方がこの映画の意図する
ところは伝わってきます。メッセージというと、未知なるものから何かを受け取る
イメージがするけど、そういうことではないです。

何でこんな邦題を付けるのかな?
でも映画自体はおもしろいですよー。















::
[PR]
by cotomono | 2017-06-10 18:56 | Comments(0)