<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カタチをキモチに

a0072072_238947.jpg

さて、Tibi Gramさんでの展示会は今年も無事に終えることができました。
お力添え頂いたすべての方々には感謝の一言に尽きます。
引き続き、7月のorange/橙書店さんに向けて手を動かす日々は続きますが、
秋に開催予定の、ある企画展に向けての動きを少しだけ。

キモチをカタチに...を唯一のテーマに、これまでものづくりを続けてきましたが、
今回の企画展ではカタチをキモチに...に変換するようなことを考えています。

と、書いても何のこっちゃわからん、ただのコトバ遊び?と思われるでしょうが、

見つめているもの(キモチ=ワタシ)と、
見つめられているもの(カタチ=モノ)との
関係性を成立させている「空間の視点」とでも言えばいいのか、、

文字(カタチ)はあるけど、それを言葉(キモチ)に変換しないで、
ただ、そのものを見るような視点。
そして、その視点を成立させている全体としての空間。


写真は、正八面体という名をした「宇宙構造図」
この幾何学に、いったいどんな謎が秘めれているんでしょう?

このカタチに、言葉という「名(が)前(にある)」の世界を融解する
鍵があるとしたら?


そんなことばかり考えています。













::
[PR]
by cotomono | 2017-05-27 00:09 | Comments(0)

魔法を信じよう

a0072072_22174344.jpg

昨年、インターネット上で坂爪圭吾さんの存在を知ってからというもの、
すっかり彼のブログの愛読者となっております。

坂爪さんについて、どうこうと書くのはおこがましい気がするので
ここには何も書きませんが、
この「日本って素晴らしい国だぜ」という記事の終わりの方に、
ヨーゼフ・ボイスの詩を和訳された方のメール転載されてあり、
その和訳の詩が本当にすてきなので、まことに勝手ながら
覚え書きとして、コピペさせていただきます。

ちなみに2年前のドイツ滞在中、ヨーゼフ・ボイスの回顧展をどうしても観たくて
友達の仕事に便乗してスイスのバーゼルまで行ったのですが、展示品の中にも
詩がたくさんあって英訳をたどたどしくなぞった記憶が甦ってきました。

魔法を信じようって、いいなぁ。
(けっこう、信じてるけどね、笑。


::::::


「身を任せよう」

蛇を観察しよう、とんでもない庭を作ろう
危険な人をお茶に招こう
「yes」を意味する小さな印を作って
家中に置こう
自由と不安定の友達になろう
夢を持つことを喜ぼう
映画を見て泣こう、月夜の下でブランコに乗って
思いっきり高く漕ごう
いろいろな気分に寄り添ってみよう
責任を持つことを拒否し、
愛情からそれをしよう
魔法を信じよう、たくさん笑おう
月光の下で泳ごう
ワイルドな、想像力豊かな夢をみよう
壁に絵を描こう
毎日読書しよう
魔法をかけられていると想像してみよう
子供たちとくすくす笑おう、老人の話に耳を傾けよう
全ての物で遊ぼう、自分の中に子供を持ち続けよう
君は無邪気だ、毛布でお城を作ろう
びしょぬれになろう、木に抱きつこう
ラブレターを書こう
























::
[PR]
by cotomono | 2017-05-03 22:58 | 覚え書き | Comments(0)