<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

素数+1

a0072072_044059.jpg

1/2 , 2/3 , 3/5 , 4/7 , 5/11 , 6/13 , 7/17 , 8/19 , 9/23 , 10/29

というわけで、10番目の素数は29になり、それをカレンダーに当てはめると、
10月29日の今日は、私の誕生日です。

ちなみに「私」を古い辞書で引くと「嘘つき」で
誕生日の「誕」は「偽り」という意味があるので、つまり、
私の誕生日とは、「嘘つきの偽りが生まれた日」となるわけで、
それはそれでなんだか笑っちゃいますが、、、

ま、それはさておき。

この半年にわたり、素数について考えを巡らせてきたのですが、
ここにきて、ひとつの着地点がみつかったので、覚え書き的に記しておきます。
かなり形而上的な話になるので苦手な方はスルーしてください。笑




はじめに、「素数」と「星」はカタカムナ(言霊)でみると、
どちらも「数霊70、調和そのもの」となります。

素数と星は言霊(音)でみると同じ周波数を持っているのです。
わたしはこのことに気がついたとき、心からときめきました!

素数は、その難解さから「孤独や孤高」といったイメージがあるけれど、
音の周波数でみると、調和そのもの、になる。


そう、確かに、素数に「+1」をすると必ず偶数になります。
もっと正確に言うと、最初の素数である2で割れる双子の数字が
新たに生まれます。

1と自分以外の数字では割り切れなない孤独の素数が、
「+1」をすることで、双子と出会える。

そんな風に考えると、どんな数字とも調和、
ハーモニーを奏でることができるのが素数なのかも。


そして、その「+1」を現象として表すならば、それは
何かを創ろうとするはじまりの意識であり、それが意図(糸)付けされ、
図形(カタチ・現象)として浮かび上がってくるようなイメージ。
なぜなら、意図という言葉には、予め「図」が含まれていて、
おもしろいことに「素」という字の半分は「糸」でできています。


先日、ある方に面白いですよ!と薦められyoutubeにあがっていた
「リーマン予想」を観たのですが、映像の前半、素数の謎に挑戦した名だたる
数学者たちがその壁を前に精神を病み、文字通り孤独の淵に追い込まれる姿が
映し出されていましたが、後半、素数の謎に純粋に興味を抱き続ける者達が、
数学という枠を飛び超え、様々な分野の学者たちと一緒に素数に取り組む姿が
映し出されていました。

わたしはそれこそが素数の魅力であり、素数の謎とは、素数「+1」に、
この世界に生きる人間ひとりひとりが気づくことじゃないかな?と思いました。


素数とは、まるで夜空に光る星のような存在で、遠く離れた光と光、星と星とを
糸で結び星座をつくるようなことが、素数には隠されているのかもしれません。
それはまるで「星の航海図」のようでもあり、それを使う者それぞれにとって、
人生の航海図となっていく、そんなイメージ。

数学者ではない自分は、素数の謎を数学的に証明する術を持っていませんが、
素数の謎を解くとは、素数を孤独という囲いから解放し、新しい星座をつくるような
ことなのかもなぁと思うと、、、これはちょっとうれしくなります。笑


今年のはじめ、ある人に、あなたの名前は謎を解くことに関係している、
つまり「素数」だと言われ、その時何故だかわからないけど、
直感的にカタカムナだ!カタカムナをやりなさいと誰かに言われた気がしました。

素数を数学的にみることはデフォルトされた視点ですが、それを音(言霊)として
みることを以て、素数には、実は双子の存在がいることを発見?したのです。

もちろん、この証明を数学的にすることは未来永劫できないでしょうから、
自分は自分の人生を創造することで、それを証明していこう、いくのだなぁと
日々妄想を膨らませています。笑



というわけで、、、
無事お誕生日を迎えることができた10番目の素数のもとに、
今夜、サプライズで一輪のバラの花が届きました。

ありがとう。

そして、
おめでとう。
[PR]
by cotomono | 2016-10-29 00:57 | 覚え書き | Comments(0)

事実と行動の外にある平和

a0072072_2331376.jpg


ひたすら事実と行動との尊重から
平和を案じ出そうとする現代の焦燥

ただひたすら前に進み続けることでしか自己維持できなくなっている
現代学問の焦燥から一歩引き下がって

「事実と行動の外にある平和」を探っていくような視点

[岡 潔 - 日本のこころ]

















::
[PR]
by cotomono | 2016-10-08 22:53 | 覚え書き | Comments(0)

祝福の空

a0072072_1944231.jpg

今日は、人生の大きな決断をした日。

着物やさんの帰り、いつもの通りを自転車を走らせていると
夕暮れの空に翼を広げた大きな鳥が、ふわりと姿をみせてくれました。


まるでこの決断を、
見えない何かが全幅の信頼をもって応援してくれているかのような

祝福の空でした。






















::

[PR]
by cotomono | 2016-10-06 19:54 | Comments(0)

思う通りにしかならない。

a0072072_1750109.jpg

人生は思う通りにはならない、とよく言うけれど、
あれは嘘だな。

頭のなかで起きていることが、この世界に映し出されているのなら
人生は思う通りにしかならない、これが本当。


台風一過の水曜日。
夕暮れ時、波の音を聴きに近くの波止場へ。

ぼーん、ぼーん、と大陸へと帰る豪華客船の汽笛をBGMに

そうだ、そうだ、と
思った通りの気持ちいい風に吹かれてましたー。

















[PR]
by cotomono | 2016-10-05 18:01 | Comments(0)

Re:member

a0072072_18323810.jpg

さて、10月。そろそろ12月の展示会に向けての制作に入らなければ、、、と
若干焦ってますが、相変わらずのノロノロでオーダーものを裁き切れておらず
週末はひらすらミシンの音を聞きながら手を動かしています。

その一方、3ヶ月前から準備を始めていたコラボの原画(シルクスクリーン版下)
が順調に仕上がってきたので、それにまつわることについて少し。。

今回は、佐賀在住のグラフィックデザイナー「MAT_GRAPH」さんこと、
松尾浩一さんとコラボさせて頂くことになりました。

ここ半年に渡り、自分の頭の中に渦巻いている形而上的な概念を共有でき、
かつ共にクリエーションできる相手として、すぐに松尾さんが浮かんだのですが、
思ったとおり、松尾さんとは知的好奇心のベクトルが本当に良く似ていて、
会話のキャッチボールをしながらアイデアを膨らませていきました。

それで出来たのが、数字のオリジナルタイポグラフィ。
はじめにわたしが数字やカタチの形状的・形而上的なイメージを思いつくまま
片っ端から伝え、それを松尾さんが文字通り見事グラフィック化してくれました!

12月の展示会ではカバンに原画、それに小さな物語を添えて、プラス
音楽+アニメーションといろんな表現者たちと共にその世界観をお伝えできれば
いいなぁ、、と今からワクワクしております!




さてさて、そんな松尾さんとも面白いよねー!とひとしきり盛り上がっている
「もののケのしおり」ちゃんの動画ですが、あまりにも面白すぎて先月は
10日でネットの容量を超えてしまうほど動画に見入ってしまったのですが、
おかげで気がついたことがあります。

(ここからはわたしの妄想の世界になるので、眉唾で読んで下さいねー笑)


自分には子どもの頃から3つの謎があるのですが、

1:自分という存在が単純に親(父・母)から来ている気がしないこと。
親に対して愛情がないとかそういう次元の話ではないですよー。
2:幼少期、最初の記憶が自分を観ているもうひとりの自分?の視点があること。
3:心の奥深くに横たわっている「悲しみ?」の感情がどこから来ているのか?
どうも、単純に個人的(家族・血族的)なものではない気がしているので。
かといってそれが社会的な背景によるものかというと、そうでもない。

でも、しおりちゃんの動画によく出てくる、
無性(元素の双子のアマナとカムナ(性はない)・本当の地球の十字架)と
有性(原初(原子)の父・母・息子・娘の壊れた十字架)の話を観ていると
自分が抱いている3つの謎が解けるような気がしてくるのです。

「さらに炎が十字架を押し上げるように語ってみる。」

原因はすべて「本当のことが思い出せない・この地上では双子に出会えない」
ことに由来しているのではないかと。

そして、英語で「思い出す」は「Remember」といいますが、
あれはやはり、「Re : member」なんだと思います。

しおりちゃんが言うように、そもそも十字架を構成しているメンバーが違うのです。
だから、思い出すとは、十字架の構成メンバーを再構築することなのでは???
それはつまり、この世界は「虚構 Matrix」であることを意味します。

そして数学的に見ると、この世界は虚数(複素数)=「複素平面・円」になっています。円では表と裏しかありません。意図的に2極化の世界になっているのです。

「2種類の十字架について、今のところは仮の姿で語ってみる。」


でも、本当の地球は文字通り「球体」なのです。
表も裏も存在しない、どこにも面がないのが本当の姿。


そしてこれは素数(prime number)の謎ともつながるような気がしてなりません。

ちなみに、虚数:imaginary number(複素数:complex number)を図表にすると、横軸を(Re)縦軸を(Im)で表し、Reは実軸(real part)を意味し、
Imは虚軸(imaginary part)を意味します。

わたしはこの図表を観た時、一瞬、
Reを(Remember)Imを(I am)と見間違えてしましました。

なぜなら、思わず浮かんでしまったからです。

I am =「私」=嘘つき  という構図が。。




ね、この妄想力やすごいでしょう。。(笑
ふふふ。面白くなってまいりましたー。



*ご参考までに、こちらの「2重スリット実験」「シュレーディンガーの猫」観てから、しおりちゃんの「波動とはならず地球での生を語ってみる。」を観ると彼女が云わんとしていることがちょっとつかめるかもしれません。

[PR]
by cotomono | 2016-10-02 20:37 | Comments(0)