<   2014年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

silent

a0072072_21392845.jpg

a0072072_21431664.jpg

静かなことば
静かないのり



混乱に身を投じては、ならない。
[PR]
by cotomono | 2014-06-29 22:20 | Cotomono Works | Comments(0)

Narcisism

a0072072_2128358.jpg

I believe oneself and do my best.
And I pray for a miracle.
This is not technology of the self.

Narcisism causes it unless I watch one's power from the outside
It is confusion without the period and a game of the contradiction.


自分を信じて最善を尽くす。
そして、奇蹟を祈る。
これは自己のテクノロジーではない。

自分の力を外から見ない限り
自己愛が招く
終止符のない混乱と矛盾のゲームだ。


発見される相互の関係を
積算ではなく、つねに統合する行為によって
自己愛が優先するシステムへの依存度を知ることができる。

自己愛が優先する社会は絶えず偶像を作り出す。
自分を外から見る経験よりも
内部から見る世界だけを存続させるために。


 -梶川泰司「自己愛」



えーけーびーも、
ゆるきゃらぶーむも、
さっかーにほんだいひょうも、

絶え間ない自己愛が生み出す偶像群(アイドル)だ。


にっぽんは、自己愛に満ち満ちている。


ふれーふれー、がんばれ、がんばれ、と
自分ではない誰かをいつも応援しながら


みんな、その愛を行使したくて仕方ないのだ。

誰かになりすましたままで。



準備はすっかり整った。




さて、集団的自衛権という名の自己愛の行使は
いつになるだろう?



こめかみに銃を突きつけられて、
その愛を行使する覚悟、ある?




その手にぎゅっと握りしめてる
その愛じゃ、


かんたんにもってかれちゃうよ。
[PR]
by cotomono | 2014-06-27 22:14 | Comments(0)

ご連絡

【本日、コメント欄にメッセージを頂いた方へ】

はじめまして、コメントありがとうございます。

何か、わたしにお話がお在りようでしたら、
こちらに→http://www.cotomono.com/
メールアドレスを公開しておりますので、
あなた様のお名前とご住所(都道府県で結構です)を
ご記載のうえ、メールを頂ければ幸いです。


わたしの日記に共感して頂くのはありがたいのですが、
自ら名前も名乗らない見知らぬ方に、わたしからご連絡を差し上げる
いわれはございません。

ネット上のことですので、気軽にお考えのことかとは思いますが、
率直に申しまして、あなた様の行為は基本的な礼儀を欠いておられると
私は考えます。

いま一度、よくお考えになられてみて下さい。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by cotomono | 2014-06-26 00:03 | Comments(0)

自己理解

a0072072_223666.jpg

枯れてしまった樹木の枝が、少ない積雪荷重で簡単に折れるのは、
導管に水分が満たされていないからである。
生きた樹木における導管とその内部の水分は、自らの荷重を張力によって
三重結合の樹木システムの表面全体に均等に分散させている。

同様に生きた人間の血管と血液は、テンセグリティ構造を担っている。
デザインされた容器を完全に満たしている液体は、圧縮することが
できないからである。

血管は長さは約10万Km、酸素と栄養を運ぶ動脈、二酸化炭素と
老廃物を運ぶ静脈、毛細血管の3つに分けられ、1分以内で全身を一巡する。
心臓は1日に10トンもの大量の血液を送り出す。血液循環の原動力は心臓ポンプ
であり、これに動脈では動脈自体の拡張・収縮、また静脈では筋肉の拡張・
収縮のポンプ作用が補助している。

人間の骨格と筋肉、そして細胞だけがテンセグリティ構造ではない。
血管と血液は、動的で水力学的なテンセグリティ構造である。 

 -梶川泰司「動的なテンセグリティ構造」



If we are some nature
今まで「なんとなく」で感じていたことを、
曖昧で漠然とした言葉や、いっときの感情や感覚の扱いではなく、

わたしは、このように理解したいのだな。


わたしは自己表現をしたいのではなく、
やっぱり、自己理解をしたいのだ。
表現は、そのための方法にすぎない。




わたしの宇宙と、自然の宇宙は、おなじつくりをしている。
Powers of Ten


そして、いまなぜ自然の原理に近づきたいのかというと
人間世界が、あまりにもデタラメだから。。。

これは、たぶん生き物としての防衛本能だろう。




だから、ほら。

理解するって、すごく、おもしろい。
[PR]
by cotomono | 2014-06-23 22:30 | Comments(0)

profile

a0072072_21365487.jpg

Why are you so beautiful?


The beauty is survival instinct not self-expression.
Therefore I am attracted by your beauty.
[PR]
by cotomono | 2014-06-18 21:48 | Comments(0)

めがね

a0072072_166485.jpg

Yesterday, I went to "Atelier Bravo" after an interval of one year.
For the meeting of a new collaboration bag.

A big bag jumped into my eyes when I had stairs of "Atelier Bravo".
I did not make this bag, and Harada of the staff made it.
He is a director of "Atelier Bravo" and is good at sewing.^ ^

a0072072_16304892.jpg

This theme right out "glasses."
I had all the members of "Atelier Bravo" draw glasses.

a0072072_16365952.jpg
a0072072_16364131.jpg
a0072072_16385590.jpg
a0072072_16361092.jpg
a0072072_1636414.jpg

She is Seiko. The red working clothes are her trademarks.
The glasses which she draws are very simple.
However, it is a superior design.

a0072072_17122768.jpg

Then, with director Harada, I chose some glasses from many glasses.
a0072072_1653169.jpg

All the glasses which we chose were the glasses which Seiko drew.
It is not conscious; intuitive.

a0072072_17132896.jpg

And we chose the superior glasses as the original picture of the design
from that.

a0072072_17175219.jpg

My image has been already excited at these glasses.
Thank you "Atelier Bravo"!
[PR]
by cotomono | 2014-06-15 17:30 | Comments(0)

発芽しない自由

a0072072_2325770.jpg

植物は生き延びるために
発芽する自由と
発芽しない自由を作り出した。

見知らぬ場所まで運ばれても
見覚えのある環境が現れるまでの
時間に耐えられるから。

 -梶川泰司「自由について」



発芽しない自由って、すごくいいな。

ちょっと違うかもしれないけど、

誰とでもつながる自由より、
誰とでもつながらない自由の方に惹かれるのと似てる。



わたしが本質的にこういう感覚を持っているのは、
もしかしたら、それが生存に関わることだからかな?


「誰とでもつながれる」SNS的外部テクノロジーより、
「誰とでもつながれないけど、それでもつながってしまう」
自己の内部テクノロジーに全幅の信頼を置いていますので、

去年からFacebookの申請をして下さっている見知らぬ方、
そういう訳ですみません。。。

人とつながるって、本来、すごく力の要ることですから。


注:SNSはこの日記(ブログ)以外はやりません。
[PR]
by cotomono | 2014-06-09 23:21 | Comments(0)

Good luck

a0072072_151649.jpg

「人は、前に進むしかない」

という言葉は、一見前向きに聞こえるけれど
やっぱり違和感があるので、試しに英語翻訳してみると

「The person cannot but go forward.」

なるほど。
否定形を含んでいるから違和感があったのだ。


それで、英語翻訳を再び日本語翻訳にすると

「人は、前に進まざるを得ない」

なるほど。
これならどういう状態かがよくわかる。


もちろん、こんな回りくどいことをせずとも
ちゃんと本意は分かっています。



それでも、わたしの考えを云えば、

人は、前に進むしかないのではなく、

生命は、前だけでなく後ろ、上下左右、内外と、
いつでもどこでも、あらゆる方向に開かれるように
基本設計されています。

それが生命の、生存本能だから。


「前に進むしかない」と思うのは、想像力を欠いた
人間だけの思い込みであり、思い上がりです。

真実を覆い隠したまま、「前に進むしかない」と思い込んだ結果、
先の戦争での破滅、そして、現在へと至る日本の状況があります。


人間は言語を操ります。
そして、その言語が現実をカタチづくり、
真実(自然の原理)を遠ざけてしまう。

真実を扱えないことには、
人は過去から未来を学ぶことはできないのだから。




だから、

Still I want to go forward.
「それでも僕は、前に進みたい」とちゃんと言えばいい。



Good luck
[PR]
by cotomono | 2014-06-08 16:05 | Comments(0)

Wealth is ability to live

a0072072_21281528.jpg


Wealth is ability to live.
It becomes exchangeable only after there is a motive.

富とは
生きるための能力である。

それは、動機がなければ交換不可能である。
-梶川泰司「交換について」




ジョブスには動機(know why)があった。
総務省にあるのは、金儲けしたいという下心だけだ。

要は、「変な人」をナメているのである。

総務省が通称「変な人」事業をスタート



:::



しかし、ノウワット(know what=目的意識)ばかりでは、
ノウハウ( know how=技術知識)も発見も生まれない。
目的意識は簡単に捏造できるから。
ノウハウばかりでは、発明はされても何も発見されない。
しかも、技術知識は一部の企業に独占されやすい。

一方、ノウホワイ(know why=理由・動機を知っていること)には、
国家や大企業、教育組織は無関心である。

しかし、すべての個人は、
ノウホワイを生得的デフォルトから自ら発見できるのだ。

MAMMO.TV
#210 世界を探査するモバイラーはノウホワイ(know why)と対話する。





[PR]
by cotomono | 2014-06-04 21:41 | Comments(0)

展示会のお知らせ

a0072072_21453580.jpg

[Photographer:misa shigematsu]

I do the next exhibition in Aomori Hirosaki
after an interval of three years.

Seven years passed after I visit Hirosaki by traveling alone
at the age of 32 years old for the first time, but, for me,
Hirosaki is the special place from the first time .

Since 2011, I hardly contacted you,
but there was Hirosaki in my heart all the time.

My these three years were time when "the season of the life"
changed from summer to autumn.

However, as for my feeling that I told to everybody
at that place three years ago, nothing changes.

Therefore I go to meet everybody of Hirosaki again.

Please come to meet "Cotomono bags".


松ノ木荘と、朝ごはんと、弘前のこと。



+++++++++++++++++++++

キモチをカタチに...
Cotomono 手作りのカバンや小物たち vol.13

2014.7/5(土)~7/13(日)at THE STABLES
11時~19時(作家在店日:7/5.6)
〒036-8001青森県弘前市代官町14-2
TEL : 0172-33-9225(火曜定休日)

【お問合せ】Cotomono : www.cotomono.com

ヨーロッパの古い時代の生地(未使用)を使ったカバンや手染めのカバン、
シルクスクリーンを使ったオリジナルプリントのカバンや、
色々な人たちとコラボした色々なカバンも登場します。
また、オーダーメイドでの制作も御受けしておりますので、
どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。

+++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by cotomono | 2014-06-02 21:45 | Exhibition | Comments(0)