<   2014年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

You'll never find a rainbow if you're looking down.

a0072072_22452532.jpg

Life can be wonderful if you're not afraid of it.
All it takes is courage, imagination… and a little dough.

You'll never find a rainbow if you're looking down.

 -Charlie Chaplin


人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。

人生に必要なもの。
それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。


下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ!

 -チャールズ・チャップリン




courage and imagination... and a little money.

all right! I have all.

にじいろ
[PR]
by cotomono | 2014-04-30 22:59 | Comments(0)

Gram photo 1

a0072072_20443765.jpg

Beautiful beautician


a0072072_20442465.jpg

Pretty tomboy


a0072072_20444583.jpg

Beckoning cat


a0072072_20461650.jpg

Ensemble of little sisters


a0072072_20453338.jpg

Way of the wind


a0072072_20464095.jpg

unn ?
[PR]
by cotomono | 2014-04-27 20:59 | Comments(0)

東京の嘘

a0072072_2359369.jpg

ドイツZDF「フクシマの嘘 其の参」

「フクシマの嘘」というタイトルが付けられているけど、
正しくは「東京の嘘」だと思う。

福島に嘘などない。

目を背けるようなものは、何もなく
あるのは、あるがままの真実だけ。


2020年の東京オリンピックの開会式では、
ぜひこの映像を全世界に放映してほしい。

それで、「アンダーコントロール」と言いたければ言えばいい。




 つまり、投資家や株主は責任を問われず
 したがって賠償をする必要がなく
 まだ実証されていない技術に頼って
 日本と世界を大災害から守ろうということだ
 
 そして日本の一般大衆は
 これらのことをほとんど気にもとめない。
 マスコミでは、福島第一原発から
 今でも発生している危険や
 事故の影響についてほとんど報道しない。
 
 それで、忘れられたと感じている人たち
 牛飼いの吉沢さんのような人たちに
 世論を喚起する役を任せるよりないようだ。
 彼は月に一度ここ、東京の渋谷を訪れる。



 
 東京の住民の皆さん
 話を聞いてください
 あなた方が使っている電気は
 毎晩こうして明るく照らしてくれる東京の電気は
 40年来、福島から来ているんです
 今は福島の火力発電所から来ています
 
 だけど、人間として
 どうか考えてみてほしいのです

 浪江町や富岡町、大熊町、
 小高町、飯館村の人たちは
 もう二度と故郷に帰ることができない
 米づくりなど二度とできやしないよ
 
 再稼動と今言っている人たちは
 ここを見たことがないんです
 ことに安倍首相は何も
 見ていません
 本当にがっかりします



 事故を起こした原発を所有する東電に
 状況をどう判断しているか
 訊いてみようと思った。
 状況が本当にコントロール下にあると
 思っているのか
 嘘をついているといわれて
 どう反論するのか。
 
 私たちが質問表を用意すると
 応じてもいいといわれていたインタビューを
 断られた。






真実を知ることが怖いんじゃない。
真実を覆い隠すことが怖いだけ。

いち国家としても、
いち個人としても。




夢や希望とか、可能性とか、
どれもぜんぜん間違ってないよ。


でも、覆い隠すことなんてできないよ。


真実はいつだって、
あなたの「ここ」にあるのだから。
[PR]
by cotomono | 2014-04-26 00:32 | Comments(0)

I have a method.

a0072072_2135248.jpg

A bag of hand dyeing having just finished there being it.
I dye cloth into the color that always appeared in a heart intuitively.

This time is blue-green.
It is a color of the logo mark of "Cotomono" and is my favorite color.


An exhibition in "Gram" starts at the end of this week.
Including a bag of this blue-green,
I show about 20 bags to everybody.



The bag is a method not a purpose for me.

I have a method.

The method to meet you.

I have a method to move myself.


Please come!
http://cotomono.exblog.jp/19628618/
[PR]
by cotomono | 2014-04-23 21:38 | Cotomono Works | Comments(0)

traitor

a0072072_2182186.jpg

As for religion leader and the scientist according to the government,
In the society describing only plausible falsehood,
It is only a traitor to be reliable for an individual human being.

The probability that leads Great Society to the social construction
that traitors are happy is low so that it is not talked,

I think that the person prefers human ruin to inhuman ruin in the world
such as the wasteland where conscience was found nowhere.

In that case, the expression literal excessively,
a revolution "is expression of the despair" is established enough.



宗教者も科学者も政府に寄り添って、もっともらしいだけの虚偽を述べている
社会では、個々の人間にとって頼りになるのは「叛逆者」だけである。

叛逆者たちが幸福な社会の建設に社会全体を導いていく確率は
話にならないほど低いが、

どこにも良心が見当たらなくなった荒野のような世界では
ひとは非人間的な破滅よりも人間的な破滅を選ぶものであると思う。

革命が「絶望の表現である」という過度に文学的な表現は、
そういう場合には十分に成り立つ。

ガメ・オベールの日本語練習帳_大庭亀夫の休日「フクシマ」のあと2

[PR]
by cotomono | 2014-04-21 21:16 | Comments(0)

Will you surely think so, too?

a0072072_2354143.jpg

I think that you and I were given "the love" that is beyond
"I LOVE YOU and YOU LOVE ME".



Therefore we used the love definitely.

And we will understand a meaning of "the love" deeply each other
from now on in the former long life.

In this thought, I cannot yet do it for words well now...
The love is grand.


Will you surely think so, too?


and...

あなたに会えて、
本当によかった。
[PR]
by cotomono | 2014-04-18 02:43 | Comments(0)

The real face of the happiness

a0072072_20563392.jpg


Because you are gentle to oneself, when that you were child,
"the time" that was a friend comes back and may be a chance to
lend the hand.

The eyes of another person make the time
when another person pushed it,
but "the power that is going to make oneself happy"
to come over from one's inside generates the time
that there was in one's consciousness in your soul.

In that way I think that the word "happiness" throws away
the mask of an insubstantial idea and shows the real face
when time just matched the dress length of your soul.





あの、きみが小さかった時に友達だった「時間」がかえってきて、
きみが自分にやさしくするために、手を貸してくれるきっかけになるかもしれない。

他人の視線は他人がおしきせた時間をつくるが、
自分の内側からやってくる「自分を幸福にしようとする力」は
自分の意識にあった時間をきみの魂のなかに生成する。

そうして時間がきみの魂の身丈にぴったり合ったとき、
「幸福」という言葉が空疎な観念の仮面を捨てて
素顔を見せてくれるのだと思います。


ガメ・オベールの日本語練習帳_大庭亀夫の休日「Je suis comme je suis」








The time is life.
「時間」とは、「生命」なのです。
[PR]
by cotomono | 2014-04-13 21:16 | 覚え書き | Comments(0)

Are you stupid?

a0072072_947523.jpg

Are you stupid?


人間なんてみんなバカさ
いくら語ってもたりないぜ
人間なんてみんなバカさ

やがて海は燃えるだろう
やがて森は枯れるだろう
生き残ったてうれしくないのさ
君が一緒でなけりゃ
君が一緒でなけりゃ


人間なんてみんなバカさ
大地を征服したいんだろう
人間なんてみんなバカさ


やがて命は朽ちるだろう
そして聖者は祈るだろう
虹がかかってもうれしくないのさ
君と一緒でなけりゃ
君と一緒でなけりゃ



笑っている恥知らずたち
眠っている権力者たち

かまわないぜ

ただ君と一緒に眠りたい 
そして もう一度嘆いてしまいたい
人間なんてみんなバカさ


ルールを作ってみたいんだろう
歴史を変えてみたいんだろう
未来が来てもうれしくないのさ
君と一緒でなけりゃ
君と一緒でなけりゃ


ただ君と一緒に踊りたい
そして もう一度憂いてしまいたい


ただ君と一緒に眠りたい 
そして もう一度嘆いてしまいたい

人間なんてみんなバカさ


君と一緒でなけりゃ
君と一緒でなけりゃ
君と一緒でなけりゃ



佐野元春 & THE COYOTE BAND「君と一緒でなけりゃ」



[PR]
by cotomono | 2014-04-12 09:49 | Comments(0)

I am afraid of Tokyo

a0072072_20242822.jpg

I am afraid of Tokyo.

It is not because Tokyo does the radioactive contamination
of the Ukrainian Kiev level by the first Fukushima nuclear plant accident.

I am afraid of a mental condition of Tokyo doing that nuclear plant
accident like the thing that there was not.


Tokyo replaces greed without the end secretly in "a dream and hope"
under the name of "the Olympics" and joins today together.

It seems to depend on totally group hypnosis.
Tokyo sleeps a deep sleep.
The deep deep sleep that it covers the truth.



In June of the last year,
I went in Minamisoma that was a caution area of Fukushima.

The town was a cast-off shell.
The "ghost town" remark of that minister who was made to fall out of
employment was not wrong.

Time seemed to totally stop from then.

I approached the car broken by a tsunami with a Geiger counter.
It was displayed with 0.77μSv there.
I hardly believed my eyes at the moment.


But, strangely, I did not feel the fear.
It had nothing there that I looked away.

There was only the truth there


カルディコット博士がIOC会長に宛てた手紙
[PR]
by cotomono | 2014-04-08 20:41 | Comments(0)

The truth in oneself

a0072072_209022.jpg

I will never the study by learning the method that only oneself
lives for conveniently, and the world will perish if it is study to meet
one's success in life, one's worldly desires.

Ancestors of the human discover it, and there is not a meaning only by
performing copy & paste strike of the knowledge that I built to oneself.
Even if the person having it even a little is thought to be excellent
from the world, it is nothing more.

Without discovery construction for oneself considered to be good for
the human more from there of the study nonsense; do it,
and only collect the knowledge that copy & paste did,
and is useless if do not move it to the action.

Therefore it is important to carry it out if even only one wants to
do it this way.

It is much better than having performed copy & paste of
1 million times of knowledge.

If person alone cannot do many things so much and is going to save
much knowledge, with that alone the head becomes full.

I bring from oneself, and it becomes thin, and a heart to create
becomes unable to thereby move when not said from a person.

Are there recently many such youths?


Only one which oneself is born in the world and cursed should know
that it is the valuable person whom there is not and thinks that
you should work hard to keep oneself such as valuable treasure alive.

It will be what's called confidence to believe oneself.
At first I believe oneself and am to develop oneself by oneself
before praying to the gods and Buddha.

In addition, it is an earthquake(JISHIN) ,
and confidence(JISHIN) is to let one's heart vibrate.

I give it up whether the person who does not have to let you
vibrate is satisfied with the present conditions as such if hopeless
though I am dissatisfied or am either.

I am virtually dead in this.
Nothing advances and does not improve.
At first oneself will become worthless.

The vibration does not come out of satisfaction and reconciliation.
It comes out of only the heart for own better direction.

The vibration goes up and down, and there are right and left and
every object, but it is the repetition that I perform the meantime,
and comes, and the distance that I go, and comes becomes
the amplitude.

It is toilsome to greatly make the amplitude,
but if other people notice it, will surprise it,
and let do the amplitude in the people; help.

It becomes good for oneself before long.
It is up to oneself whether I perform way of life that died,
or you perform way of life that it gave life to.

-Hiroshi Hirata


学問は、自分だけが都合よく生きていく方法を学ぶことでは決してないだろうし、
自分の出世、自分の物欲を満たすための学問なら世界は破滅するだろうね。

人類の先祖が発見し構築した知識を、自分にコピー&ぺーストしているだけでは
意味がない。それがいくらかでもできている人は、世間から優秀と見られても、
それはそれまでのこと。

そこからさらに人類のためになると思われる自分なりの発見構築がなければ
学問の意味がないし、コピー&ペーストした知識をためているだけで、
それを行動に移していかなければ役に立たない。

だから、たったひとつでも、こうしたいと思ったら、それを実行することが大事だ。
それは知識を百万回コピー&ペーストしたことよりもはるかにいい。

人一人はそんなに多くのことはできないし、いっぱい知識をためようとすれば、
それだけで頭は一杯になる。

それによって、自分から産み出し、創造する心が希薄となり、
人から言われないと動けないようになる。

そういう若者が近頃多くはないか?


自分はこの世に生まれたたった一つしかない貴重な人だということを知るべきで、
貴重な宝のような自分を、活かす努力をしてゆくべきだと思う。

自分を信じることが自信というものだろう。
神仏に祈る前に、まず自分を信じ、自分で自分を開発してゆくことだ。

また、自信とは地震でもあり、自分の心を振動させることだ。

振動させる必要がない人は、それなりに現状に満足しているか、
不満だけれども、どうしようもないと、あきらめているか、どっちかだ。

これでは死んでるも同じだ。
何も進まないし、よくならない。
まず、自分がつまらなくなるだろう。

振動は、満足やあきらめからは生まれてこない。
よりよい方向を求める心からしか生まれない。

振動は上下、左右とあらゆる対象があるが、
その間を行ったり来たりする繰り返しのことで、
その行ったり来たりする距離が振幅となる。

大きく振幅することは、しんどいことだが、他の人がそれに気づけば、
驚かせることになるし、その人をも振幅させる力になる。

やがてそのことは自分にとって楽しいことにもなる。
死んだような生き方するか、活きた生き方するかは、自分次第だね。

-平田 弘史

MOMOO.TV#064 「真実」は自分の中に

[PR]
by cotomono | 2014-04-05 20:26 | 覚え書き | Comments(0)