<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

菊次郎さんと次郎くん。

a0072072_22552285.jpg

昨日は早起きして、見逃してしまっていた「ニッポンの嘘」の上映会と
福島菊次郎さんのトークショーへ。

御歳92の菊次郎さんのお話を聞けるのはこれが最後かも?というわけで、
会場は若者からお年寄りまで満員御礼。。。

まず午前中は映画の上映会からスタート。
ヒロシマから始まり、戦後から今日までのニッポンの真実が
菊次郎さんのファインダー越しに嘘偽りなく映し出されていて、
(寝不足で途中で寝てしまうかも)、、とわたしの至らぬ心配をよそに
120分、最後までどのシーンも逃さぬよう食い入るようにみいっていた。

どの場面も目に焼き付いているけど、いちばん胸にぐっと込み上げたのは
三里塚闘争のシーン。

「さんりづかとうそう」って名前くらいは知ってたけれど...

1960年代半ばから約12年間にも及ぶ名もなき農民(市民)たちの反対運動は、
まぎれもなく命を架けた闘争であり、いま現在ある成田空港はその闘いの
跡地なのだなと思うと、その歳月の重みにただ言葉を失う。

闘争終焉間際、反対する農民(市民)たちが航空機の飛行を阻むため建てた、
この闘いのシンボルのような大鉄塔が、政府側のブルトーザーで倒されそうに
なったときのこと。

“ 兎 追いし かの山 ”と、「ふるさと」を唄う声がどこからともなく
はじまり、その声は次第に大合唱となりあたり一面を包みこんだそうだ...

しかし、その声はブルトーザーの轟音にかき消され、
やがて、止んだ。



「国破れて山河あり」

「闘い破れて故郷あり」って、いま作ったけど...
そんなあたりまえのことも、もう云えなくなってしまったのかな。
い、いや、そうであってはいかんのだ。


余談だけど、普段は歩くのもおぼつかない菊次郎さんがカメラを構えるときは
背筋がピンと伸びシャキっとなる姿はもうかっこ良くてホレボレしてしまう。
わたしもおばあちゃんになってヨロヨロになってもミシンかけるときは
シャキっとしてたいな。


::



上映後、お昼休憩で外にでると、最近よく会う坊主あたまのHくんと、
こちらはお久しぶりの、大分のSさんが息子の次郎くんと一緒に手を振っている。

Sさんと次郎くんはトレードマークのアフリカ柄でキメてて
周囲から一目置かれているけど、目立っているのは服だけでなく、
それはやはり、次郎くんが「ふつう」とは違うからだろう。

そう、次郎くんは1級手帳を持つ知的障害者だ。


次郎くん、よく見ると首から何かぶらさげている。
お菓子の箱をリメイクして中にはカンバッチがたくさん。
1個300円で売ってるらしい。「雑貨屋次郎」立派な行商さんだ。

次郎くんは明るく人懐っこい性格で物怖じしない。
人にどう見られているかなんて気にしていない。

次郎くんはその特徴を生かして、ばんばん、人に声をかける。
あー、とか、うー、とかだけど、不思議とちゃんと通じているようで
これまでにカンバッチ600個も売り歩いているそうだ。すごい。

もちろん、通じない人だっているだろう。(そっちの方が多いかも...)
でもそれでいいのだ。

障害があろうがなかろうが、通じない人には通じないし、
誰からも好かれるなんてありえないもの。



でも、ひとつたしかなことがあって。

次郎くんがいると、それだけで場が温もるのだ。


次郎くんは障害者で不自由で、あまり生産性のない、いわゆる「弱き者」だけど、
だからこそ、みんなの中にある人間性(ヒューマニズム)にスイッチが入る。
「大丈夫だからね」と、弱き者を見守ろうとする無言の気持ちが気配となり
場の空気を温かく変えるのだ。

でも、それは強き者を前にしてはそうならない。
弱いより強いがいいに決まっているのに、なんでだろう?

そういえば「強がり」とはいうけど「弱がり」とは云わない。
それだけ弱さって、みなが共通に持っている「人間らしさ」だからだろう。






強さや優しさって、いまだによくわからないけれど...

その「弱さや弱き」を、逡巡しながらでも正直に、そのまままるごと抱きかかえて、
内包していくことが力となり、強さや優しさをつくるのかな。

そして、それができる人は、そうでない人より大変だけども
きっと、豊かな人生になる。

それは、いち個人であっても、
いち国家であっても、同じなんだと思う。


強い人間でなくていいし、強い国家でなくていい。

正直に、「弱さや弱き」を内包できる人や国でありたいと
菊次郎さんと次郎くんから教えられた気がする。

おふたりさん、ありがとう。
[PR]
by cotomono | 2013-09-24 23:04 | Comments(0)

展示会のお知らせ

a0072072_18432063.jpg

photo:misa shigematsu [STM]

10月中旬から12月にかけての展示会と、
9月末に参加させていただく企画展のお知らせです。
お知らせにご協力いただければ幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


::::::::::::::::::::::::::

キモチをカタチに...
Cotomono 手作りのカバンや小物たち vol.11


2013.10/13(日)〜10/20(日)at PERHAPS GALLERY(佐賀)
11時〜19時(最終日のみ18時まで、作家在廊:土.日.祝の予定
〒840-0825 佐賀県佐賀市中央本町2-22 222ビル3F
TEL:0952-27-6262 hp:http://perhapsgallery.net/

2013.10/26(土)〜11/4(月.祝)at Orange(熊本)
12時〜19時(最終日のみ18時まで、作家在廊:10/26.11/2.11/4の予定
〒860-0803 熊本市中央区新市街6−22
TEL:096-355-1276 hp:www.zakkacafe-orange.com

2013.12/14(土)〜 12/15(日)at 貸空間shizuku(福岡)
with *Atelier Likha
11時〜17時(両日作家在廊、こちらは「Atelier Likha」との共催となります
〒810-0013 福岡市中央区大宮2-5-14(西鉄平尾駅から徒歩5分)
hp:http://kashizuku.net

*Atelier Likhaとは、フィリピンのパヤタスという貧困地域で暮らす子どもたちに
学ぶ機会と女性たちに仕事の機会を創っているNPO法人ソルト・パヤタスが運営する
フィリピンの女性たちによる手刺繍のグループです。

[お問合せ] 
Cotomono : www.cotomono.com
Atelier Likha:http://likha.shop-pro.jp

ヨーロッパの古い時代の生地(未使用)を使ったカバンや手染めのカバン、
シルクスクリーンを使ったオリジナルプリントのカバンなど、
いろいろなキモチをいろいろなカタチにしました。
おなじみ「アトリエ ブラヴォ」との新作コラボバッグや
「Atelier Likha」とのコラボバッグも登場します。
また、オーダーメイドでの制作も御受けしておりますので、
どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

☆企画展:おとなの旅じたく☆
2013.9/27(金)〜9/29(日)at 器らくや「悠遊」
11時〜21時(最終日のみ19時まで)
*わたしは27日の夜と29日の昼間に在廊いたします
〒815-0035 福岡市南区向野2-4-8
TEL:092-554-2220 

以下、悠遊さんより〜
おとなの旅にふさわしい、選りすぐりの作家達から
素敵な旅のおともが届きました。
展示のお品だけでなく、あなたのお好みに合わせて、
形、サイズなどでご注文頂けます。

【参加作家】
西本 有(竹籠バッグ、竹細工、竹工芸)
緒方良枝(革バッグ、ポーチ)
DECOLA DECOLA(アクセサリー)
Cotomono(カバン)

【要予約15個限定:ベジキッチン☆ゴトウタカコの九州の美味しいお弁当】
*9/27(金)長崎「ハトシとハトコのお弁当」
 ハトシ(海老のすり身揚げパン)
 ハトコ(海老と生姜のエスニックごはん)
 エタリの魚醤やカラスミを使ったエスニックおかずなど
 豆ひろの中華菓子

*9/28(土)福岡筑後「ユルりおでかけ弁当」
 八女のたかっぽこんにゃくとごんぼ
 うきは ゆむたファームの卵焼き
 うきは リバーワイルドの柿豚
 うきは 流川れんこんなど
 うきは 百姓組のドライフルーツ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by cotomono | 2013-09-21 18:52 | Exhibition | Comments(0)

ありあまる富

a0072072_21274177.jpg

 僕らが手にしてる 富は見えないよ
 彼らは奪えないし 壊すこともない

 世界はただ 妬むばっかり

 もしも 彼らが君の何かを盗んだとして
 それは くだらないものだよ
 返して貰うまでもない筈
 何故なら 価値は 生命に従って付いている


 彼らが手にしてる 富は買えるんだ
 僕らは数えないし 失くすこともない

 世界はまだ 不幸だってさ


 もしも 君が彼らの言葉に嘆いたとして
 それは つまらないことだよ
 なみだ 流すまでもない筈
 何故なら いつも 言葉は嘘を孕んでいる


 君の影が揺れている 今日限り逢える日時計
 いつもの夏がすぐそこにある証
 君の喜ぶものは ありあまるほどにある
 すべて君のもの 笑顔を見せて


 もしも 彼らが君の何かを盗んだとして
 それは くだらないものだよ
 返して貰うまでもない筈
 
 何故なら 価値は 生命に従って付いている

 
 ほらね 君には 富が溢れている


          椎名林檎/ありあまる富






首相が異例のトップセールス「今の日本は買いです」

世界は今日も、不幸なんだね。
くだらない世界よ、さようなら。
[PR]
by cotomono | 2013-09-17 21:36 | Comments(0)

何の疑いもなく。

a0072072_2344430.jpg

人間は頭でものを考える生きものだから、
ついつい物事を複雑に捉えてしまうけど。

ふと、自然界に目をやると、
からまった糸がすっと解けるかのように、
生きものとしての在り方を示してくれている。

木々も草花も虫も、決して自分だけでは生きていないし、
生きられないことを、予め、その生命の中に刻んでいる。

そして、生きものとして、ただ生きられるように、
光のある方へ葉を広げ、水の在処を求め根を伸ばそうとする。

何の疑いもなく。



人間も、たぶんおなじなのだ。

その人が、その人として生きられるように、
すべてのことは与えられているのだろう。

それが例え、痛みを伴う困難なことであっても、
人生を遠回りさせることであったとしても。


だから、

あなたがその生命を生かそうとすれば、
その生命は、必ず生きる。

あなたを生かすために。
あなたが、あなたとして生きられるように。

その生命は、生きて、あなたに応える。


それは、草花同様に
何の疑いもないことなのです。


大丈夫。


吉野弘「生命は」
[PR]
by cotomono | 2013-09-12 23:49 | Comments(0)

見せ物の世界

a0072072_22271966.jpg

うそにうそを塗り固めて、
自分を偽り、他者を侮り、
見たくないものから目をそらし、
絵に描いたような希望や夢を語り合いながら、
見たいものだけをみつめた先にある未来って、
いったい、どんなんだろね?


あぁ、そうか。

ここは見せ物の世界
何から何までつくりもの
でも私を信じてくれたなら
すべてが本物になる



なーんて。

つまんなくて、もうあくびがでちゃうよ。



以下、「オリンピック候補会場の放射線を測る会」より
2020年オリンピックの東京開催決定にあたっての声明
オリンピック会場の空間線量測定結果について
[PR]
by cotomono | 2013-09-09 22:41 | Comments(0)

ここに。

a0072072_20105385.jpg

暑く、長かった8月が終わったと思ったら、
季節のおわりとはじまりを告げるかのような秋の気配。



8月最後の日は、ゴミ山のあるパヤタス地区で長らくソルトさんの活動を支えて
下さっている大井知文さんこと、チッキーさんがフィリピンから来日。

実は12月にパヤタスから2人、若手のママを日本に呼ぶことになっており、
その際、彼女たちが見て触れて刺激になるような場所を案内するべく、
どこかいいとこないですか?とソルトさんに相談されていて、その日は、
ソルトとの小川さん&坂元さん、そしてチッキーさんをお連れして朝から下見へ。

案内したのは、おなじみアトブラと、わたしの仕事場でもある着物屋さん。

以前から社会背景は違えども、障害者の自立(生活)支援と、パヤタスのような
貧困地域の自立(自活)問題は重なる部分があるなぁと思っていたので、
ソルトさんにアトブラの歩みを知ってもらうことが出来て本当に良かった。
わたしも(アトブラの)原田さんや松尾さんを通じて、知っているつもりでいたけど
施設内をくまなく案内してもらいながら、いろいろと再認識させられた。
やっぱり、現場にいる人たちでしか分かり得ないことは多いなぁ。

それから、前日に急遽お願いして見学OKをもらった着物屋さんへ。
うちの着物やさんはお手入れ修復のプロであり、日本刺繍が出来る職人さんがいる
日本でも数少ない場所なのだ。

灯台下暗しというか...
近過ぎていままで何で気づかなかったんだろうと我ながらアホやなと思うけど(笑。
彼女たちの「刺繍」の概念をすっと引き上げてくれるような、ものすごい手仕事に
実際触れてもらうことで、言葉では表現できないものづくりの「力」を感じて
もらえたらと思う。

それは単に技術が素晴らしいというだけでなく、それを表現できる心のありようが
あるからこそなのだ。わたしが社長の仕事を拝見して思うのはいつもそのこと。

そして、わたしの心の師匠である柳宗理さんはこういいました。

 心に発して、手に応じる。
 ものをつくる人間は、心が高くなければならない。
 心が、ものを作るのだ。



ものをつくり始める前の20代。
わたしはずっと、この言葉の意味を考えていました。



感動すること、心を震わす経験をすること。
それが何よりの糧になることを、わたしは知っているから。

12月は社長に日本刺繍の実演もしていただけることになり、
いまからとても楽しみ。



写真は、何百枚目かのロゴ刺繍。
アナベルさんにお願いして今回から半分のサイズにしてもらいました。
これまでロゴ刺繍が大きすぎて、ポシェットのような小物に縫い付けることが
できず残念に思ってたら、クオリティーは落とさず、ちょうどいいサイズで
作ってきてくれました。アナベルさん、ありがとね。


さて、9月末から12月中旬まで、
福岡(企画展)、佐賀、熊本、福岡(Likhaとの共催)と展示会が続く。

まだ全然作品も作れてなく、イメージもみえてないけど、
いいものを作ろうと、芯に思っている。


売れるものは作れないかもしれないけれど、
いいものを。

自分がいいと思えるところまで、自分を持っていけるような、
いいものを。

誰のためでもなく、自分自身のために。

そして、それが誰かの小さな支えや励ましとなれるように。


それは、これまでも、これからも、
何も変わらない、たしかなことであり


わたしはずっと、ここにいます。
[PR]
by cotomono | 2013-09-05 22:06 | Comments(0)