<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

うれしかったこと。

a0072072_20162454.jpg

昨夜、展示会を終えたばかりのorangeさんよりお電話があり、
もう現物がそこにないにも関わらず、かばんがひとつ売れてしまった。
うれしくて、もうびっくり。。。

売れたのは、刺繍の持ち手(上の写真)を取付けたブランケットのかばん。
春の展示会ではorangeの田尻さんがほぼ同じタイプのものをお買い上げ下さり、
それを見たお客様が、欲しいとおっしゃって下さったそうで...
刺繍のデザインや風合い、持ち手にするための加工に至まで、
いろいろ試行錯誤を重ね作ったものだったので、うれしさもひとしお。

刺繍は、もちろんソルトさん。
というか、いまはもうAtelier Likhaと呼ばなくちゃですね。

a0072072_20355970.jpg

それから、この刺繍つながりでうれしいことがもうひとつ。

orangeさんで来週(12/8)からアクセサリーの展示会をされるCさんが、
わたしがやっている小さなフェアトレードに興味をもってくださり、
ぜひ、自分の作品にもLikhaの刺繍を取り入れたいとおっしゃって下さったのだ。

Cさん曰く、「自分もずっとフェアトレードに関心があったけど、大きなシステムに
入らないとできないと思っていたので、個人でもこういうことができるなら、
ぜひ一緒にやってみたい。」とのこと。

そして、刺繍を取り入れたアクセサリーの具体的なイメージもお話して下さり、
まだ何もはじまってないけど、ものづくり同士で意気投合ワクワクしてきた(笑



夏が終わり、もやもやとしていた自分のなかの
「思い」をはっきりとさせたからだろうか...


そういえば、いつだったか名前も忘れちゃったけど、
どなたか立派な方がおっしゃっていたな。


“思いがあるところに、道は開かれる。”
[PR]
by cotomono | 2012-11-29 21:03 | Comments(0)

くまもと、よいとこ。

a0072072_20393760.jpg

先週末で、熊本orangeさんでの展示会が無事終わりました。
期間中は3日間しか入れませんでしたが、
いろんな方とお目にかかれて、本当に楽しい時間でした。
a0072072_20473049.jpg

最後の日曜日は、ずっと食べたいと思っていた太平燕を
下通りの紅蘭亭で食べれてお腹的にもとても満足。
ちゃんぽんの春雨版ってとこかな。美味しかった☆
a0072072_2048191.jpg

あらためて、熊本は本当に良いとこ。

背景にはお山(阿蘇山)があって、中心を大きな河(白川)が流れていて、
町にはお城(熊本城)がある。お城は、殿様がおられた時代から変わらず、
町のいちばん高い場所にあって、それに変わる...なんとかタワーとか
なんとかツリーとか、やたらシンボリックなものは「ここ」には必要なく、
意識するもしないも、熊本城が町のアイデンティティそのものなのだろう。

そして、なんといっても空が広い!
熊本がご実家で現在は首都圏在住の方がちょうど帰省中で
「久しぶりに夕日が沈むのをみて感動した〜」とおっしゃっていたけど、
たしかに、町にもちゃんとスキマがある熊本ならではの光景かも。。

a0072072_2142666.jpg

政令指定都市になって、外からの移住者も増えているという熊本。
人も町も、無骨だけど誇り高く人情味に溢れついつい長居しちゃいたくなるとこ。
近いうちに、またカバンと一緒におじゃまします。

本当にありがとうございました。


展示会は今週末(12/1)からお隣の佐賀へ。
こちらもとても楽しみです。
[PR]
by cotomono | 2012-11-27 21:27 | Comments(0)

子飼商店街

a0072072_14365662.jpg

昨日もツアーバスで早朝から熊本へ。
9時過ぎには到着し、楽しみにしていた「子飼商店街」という熊大の近くにある
超ローカルな商店街へ田尻さんに連れて行っていただく。
a0072072_1439193.jpg

寂れているといえばそうなのもしれないけど、まだまだお元気なお父さんお母さんが
今日も変わらずに小商いをされてある姿はなんとも清々しく、「こうでなくちゃ」と
思う。
a0072072_14424099.jpg

ニラ5束50円の八百屋さんとか乾物屋とかお饅頭さんでちょこちょこつまみ食い
しながら、田尻さんおなじみの「トトロ亭」というパン屋さんでは、とっても
チャーミングな初老のお父さんが焼くレーズンたっぷりのドイツパンを朝食に。
a0072072_14482389.jpg

おやじギャグが止まらないのはもはやビョーキでしょうが(笑
パン屋をやめたらアフガニスタンへボランティアに行こうかな〜と社会派な一面も
のぞかせる、とってもすてきなお父さん。。。どうぞ、お元気で。
a0072072_14552628.jpg

商店街を抜けた先にある小さな公園のベンチに座りおしゃべりしてると
どこからともなく、猫おばさん(野良猫や捨て猫のお世話をしている)が
やってきて、小雨の降るなかしばしの猫談義。
a0072072_14565441.jpg

この子はとっても人懐っこくて、田尻さんの膝に抱かれてすやすや。
猫おばさんによると、毎日の餌やりだけでなく公園のゴミ拾いから
避妊やきちんとした保護対策まで、猫に対する愛情がひしひしと伝わってきて、
こういう方がおられるおかげで、猫も人も気持ちよく町で暮らせるのだろうな。
a0072072_1533549.jpg

さて展示会中、屋根裏を抜け出しお隣の橙書店でゆっくり本を眺めるのが
至福のひととき。毎回「おぉ」という発見があって、いくらいても飽きない。
a0072072_15101282.jpg

そしてもちろん、しらたまたん。。。
下のお客さまたちのおしゃべりをBGMに、ひとり屋根裏で
いしいしんじ作「ポーの話」を読みながらウトウトしてると
気がついたらしらたまが隣にいて、おなじくウトウトしていた。。

あぁ、愛しのしらたまたん。。。(はーと)
[PR]
by cotomono | 2012-11-24 15:22 | Comments(0)

忘れてしまっていたこと。

a0072072_2046184.jpg

交通費を少しでも安くあげようと、今回はツアーバスを利用して熊本へ。
安いぶん、西鉄の高速バスのように時間の都合は効かないので、
博多を朝の7時出発する便にて熊本へ。到着は9時半の予定だったけど、
道がすいてて9時には到着してしまった... ま、せっかくなので銀杏並木の
紅葉なぞ眺めながら、老夫婦にまじり朝の熊本城を散歩する。
お城のある街って、やっぱりいいな。

その後、orangeの田尻さんに連れていっていただき、藤崎宮の参道にある
お餅屋さんであべかわ餅とお抹茶の朝食をいただきながら、田尻さんと
ゆっくりおしゃべりを...。前回のときは少し緊張していたこともあり、
あんまりお話できずにいたので、田尻さんのさりげないお心遣いに感謝。
作品を売れるものにするためのアドバイスや、お悩み相談的な話まで(笑
田尻さんとおしゃべりしてるだけで、気持ちがふっくらしてくるから不思議。
やっぱり、人の力ってすごいな。

展示会では、自分のことを「おいら」と呼ぶチャーミングな大学の先生や
前回もお目にかかった元気なお母さんや天草からのお客さまなどなど、
orangeの常連さんとの楽しいひとときを過ごさせてもらえた。

a0072072_2129799.jpg

帰りもツアーバスを利用して、家に帰り着いたのは夜の10時過ぎ。

ばたばたと前日の残りのお味噌汁をあたため直しながら、
パソコンで友達の日記を読んでいるうちに、昼間の光景が
すーっと、遠くに消えていってしまった...



わたしは、忘れてしまっていた。

2009年のお正月に、あんなにも切実に思っていたことを。


忘れないようにしても、忘れてしまうからと、
2009年から始めたNPO パレスチナ子どものキャンペーンへの
小額ながら毎月の継続寄付も、今年の初めに止めてしまっていた。
自分の生活も楽でないし、もう3年続けたからという自己満足な思いもあった。


いや、ほんとうは11/11にニュースで一報が流れたとき、
胸がチクリとしていた。

でも、その先を知ろうとはしなかった。



忘れないようにしても、忘れてしまう。

忘れてしまうのに、忘れられない。


「ガザで殺人を行っているのは誰か」
ーーノーム・チョムスキーらによる報道への呼びかけ



イスラエル政府への抗議文例
[PR]
by cotomono | 2012-11-19 22:27 | Comments(0)

熊本、はじまります。

a0072072_127146.jpg

時計の針は0時を回りましたが、
明日、17日(土)から熊本での展示会が始まります。

というわけで、今日は着物やさんを少しだけ早退させてもらい
夕方から高速バスで熊本へ...帰宅ラッシュにハマり着いたのは19時近く、
それからバタバタと搬入作業でしたが、orangeさんは春に続き2回目なので
勝手もわかっているぶんスムーズにレイアウトできました。

a0072072_1294843.jpg

そして、最後の仕上げはもちろん、しらたまセンセーのチェック(笑
しらたまさんは本当におりこうさんで、作品に飛びついたり絶対しません。
搬入の際は床にカバンをぶちまけて作業してるけど、ビニールとか段ボールに
ちょっかいは出しても、作品には触らない。これほんとにすごい。
革とか紐とか、猫が好きそうなアイテムがいっぱいなのにね...(笑

a0072072_1382713.jpg

あぁ、愛しのしらたまさん。。。(はーと)
そしてもちろん、orange さん。

明日から、9日間よろしくおねがいしまーす。



そして、毎回形式ばかりになってしまっていますが...
9回目となる展示会にあたり、今回もたくさんの方々に支えていただきました。

DMの配布や告知等にご協力いただいたみなさまへ、
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

Krank/marcelloさん、いづみ恒商店さん、シルクスクリーン工房メッシュさん、
ライターKさん、カメラのS。いつもかわらずのお力添えを、ありがとうございます。

諸事情により、わたくしの在中は、
18(日)、23(祝)、25(日)の3日間となりますが、
orangeさんという、気持ちのいい場所に遊びにきてくださいね。
カバンたちと一緒にお待ちしております。

キモチをカタチに...
 Cotomono 手作りのカバンや小物たち vol.9

[PR]
by cotomono | 2012-11-17 01:58 | Comments(2)

りんご

a0072072_2104391.jpg

りんごが、ひとつふたつみっつよっついつつ...................さんじゅうに、
32個も贈られてきた!いま、我が家はりんごの甘い香りでいっぱい。。。
赤いのは「サンふじ」青いのは「王林」、真ん中に蜜があってジューシー。
晩ご飯のあとのデザートにさっそくいただいてまます。
ちいちゃん、そして「ささき林檎園」さん、ありがとう〜。

でもって、さっそく方々へとお裾分けすることに。
半分は週末からお世話になる熊本のorangeさんへ、本日かばんと一緒に発送。

そして今日は着物やさんにも、母方の実家でもある「うきは町」の
おじちゃん(果樹園)から富有柿が送られてきた。
毎年恒例で職場のみなさんとお昼ゴハンどきに美味しくいただく。
ありがとうございます〜。


あらためて、旬のものを毎年変わらずに届ける農家さんは本当に偉大。
しかしながら、国は相変わらずその偉大さが分かっていない様子で、
第一次産業を担う人たちをちゃんと守ってほしいのに、まったくその気が
なさそうで(てーぺーぺーとか)けいだいれんのたぬきじじいとか
ぼうくんあめりかのいいなりでやになるなー。。。


ま、それは置いといて。
りんごも柿も、ほんとに美味しい。
作ってくれて、贈ってくれて、ありがとう。
[PR]
by cotomono | 2012-11-15 21:41 | Comments(0)

ひらく

a0072072_17444152.jpg

昨日は夕方からアクロス福岡へ。
ソルトのOさん「Likha」の新しい刺繍ハンカチをみせていただくことに。
Oさんのブログを時折拝見していたので、その奮闘ぶりは知ったつもりでいたけど、
実際に目にしてみると、じんわりとこみ上げてくるものがありました...
a0072072_1803867.jpg

a0072072_1822420.jpg

うえの2点は、Cotomonoロゴ刺繍もして下さっている、
手先が器用でデザインの感性もあるアナベルさんの手によるもの。
paru paro(チョウチョ)とsari sari store(雑貨屋さん)、どちらも
フィリピンらしいものをさりげなくモチーフにしているとこともいい。

これを、これまでのような(ロゴ刺繍のような)刺繍ステッチ用の布にではなく、
直接素材(今回はオーガニックコットンのハンカチ)に刺繍できるようになっていることが、技術的にもかなりすごいことなのです。

a0072072_18243719.jpg

去年の夏前だったか、ソルトのOさんと現地で指導にあたられているOさんと
博多駅でお茶をしながら、どうしたら日本の市場に持っていけるものになるで
しょう?と相談を受けたとき、僭越ながらいくつか思っていることを正直に
お話しました。

それは、一般的に「フェアトレード」と呼ばれるもの全体に云えることだとも
思うのだけど、現状のフェアトレードは、あまりにも一方的過ぎるということ。

誤解を恐れずにいえば、生産者(途上国)に対してフェアであろうとするならば、
当然、市場(ここでは日本)に対してもフェアでなければならないということ。

市場のニーズをきちんと理解せずに、
「貧しい人たちが一生懸命作りました、買ってください」では、
一回はお情けで買ってくれるかもしれない。

でも、そのあとに継続していけるものがなければ、結果的に彼女たちは、
自分たちの暮らしを、自分たちで支えられなくなる。

それはなにも、途上国のフェアトレードに限ったことでなく「ものづくり」
すべてに置いていえることだと思います。それはもちろん、わたしも同じで、
3年前、彼女たちのロゴ刺繍を自分のカバンに付けようと思ったとき、
色目で見られることを覚悟のうえで、きちんとしたものを作らなきゃダメだな、
と小さな誓いをたてました。

a0072072_18585222.jpg

今回、素材自体のハンカチはメーカーさんに、パッケージやリーフレットは
プロのデザイナーさんにお願いしたそうで、それもとても大事なこと。
製品にする際は全部を自分たちでやろうとせず、きちんと対価を払い
その道のプロの手に委ねる。

いろんな人の手を介すると、その分の支出はありますが、
メーカーさんやデザイナーさんにも何かしらの意識が芽生えるし、
結果的にいいものが作れると思います。

そうやって自分を、必ずしも価値観の同じでない他者に開いていくことは、
言葉で云うほど簡単ではないけれど、それを地道にこつこつとやって、
ひとつのカタチにしたOさんのがんばりに、何より頭が下がります。
「Likha」のこれからが本当に楽しみですし、わたしもこれからへ向けて
力をもらいました。





さて、昨日はその後、ライターのKさんと合流し、Tが九大の仲間たちとやっている
東北支援のワークショップへ参加させてもらうことに。

ゲストは震災直後から現在に至まで、現地で支援を続ける
「NPO法人IVY」の安達三千代さん。

セミナールームに入った途端、「こんにちは!」と自然な笑顔を見せて下さり、
あぁ、この人好き、と直感的に思いました(笑
何も知らないけど、まとっている空気感が、もう、とてもいい。
「そこにあなたがいるだけで...」とよく云うけど、そんな感じの人。

たぶん、それは安達さんがこれまで、いろんな場面で、
いろんな人に自分を開いてきているからだろうなと思う。

開かなければ、その先には進めないことばかりだっただろうから。


IVYの活動の詳しくはここでは書きませんが、震災から今日で20ヶ月。
原発や放射能関連に比べ、被災地のニュースを耳にすることは少なくなっている。

わたしは、友人がいまも現地で活動を続けていることもあり、
短い時間だったけど被災地に足を運ぶこともできた。

でも、その友人がいなければ被災地と直接つながれたかは、わからない。
一緒に東北へ行こうと誘ってくれたライターKさんの存在もある。
そして、このような場をもってくれたTや九大のお仲間の方々。

みんな、それぞれに頑な日々だけど、
それを、すこしづつ開こうとしている。

たったそれだけのことだけど、そのことが
どこか大事なものへとつながっていく気がする夜でした。



小池アミイゴさん作「おつかれちゃん」にすてきなメッセージがありましたー。
『2011.11.11』
[PR]
by cotomono | 2012-11-11 21:05 | Comments(0)

Keep Smiling

a0072072_19194323.jpg

昨夜はアトブラのまつおさんと春吉の「TAGSTA」へ。
とても楽しみにしていた、門さんとzerokichiさんの『e to oto えとおと』
a0072072_19315593.jpg
a0072072_19311989.jpg

白い箱のような空間の真ん中に段ボールを敷いたら、zerokichiさんが奏でる
柔らかなウクレレの音に乗って裸足の門さんがクレヨン片手に走る走るの90分。
a0072072_1939592.jpg

a0072072_202142.jpg

それをぐるりと囲むように見守るわたしたち。
この感じ、なんかに似てるな〜と思ってたら、そう
キャンプファイヤーで火を囲んでる感じにそっくり。。。
a0072072_1945073.jpg

壁に立てかけて、完成!
あの人この人、いろいろな「1+1=1」が描かれていて
おしゃべりが聞こえてきそう〜
a0072072_1947474.jpg

門さんの「好きなとこを持ってていいよ〜」のお声を待ってましたとばかりに、
みんなお気に入りの絵をそれぞれカットしてもらえることに!
わたしは描かれてある最中からずっと目が離れなかったあの絵を。
a0072072_19514812.jpg

そしてそれぞれのお気に入りを並べては、見知らぬ人とのおしゃべりも弾む弾む。
こういうのが、ほんとにいいな〜。
a0072072_19543845.jpg

もうまもなく、新しい未来に会える門さん。
この絵のなかにも描かれてある、1+1=1ですね。

シャッターを向けると、こころなしか柔和な、
しあわせそうな笑顔をみせてくださいました。
本当におめでとうございます。

そして、いつも大切なものを分けて下さり
ありがとうございます。

Keep Smiling
[PR]
by cotomono | 2012-11-06 20:09 | Comments(2)

フリーハンド

a0072072_16252375.jpg

ひきつづきカバンの制作をしなきゃなんだけど...

昨日、手芸のマキのワゴンセールで買った赤いピンストライプと
グレーのジャージ生地を眺めているうちになんだか無性に作りたくなって、
スカートと、すとんとしたワンピースを作ることに。

スカートはかんたん。
四角く裁断して上下左右をじゃーと縫ってウェストにゴムを通せば、
はい出来上がり。

ワンピースは、さすがにじゃーというわけにはいかないので、作りたい形に近い服を
生地の上に置いて、チャコールペンでラインをなぞるように描いてパターンをとり
裁ちバサミでちょきちょきしたら、裏返して肩とサイドを縫い合わせる。
ジャージ生地なので端は切りっぱなしでOKなのがいい。
早速着て、鏡で確認するとやっぱり首周りに違和感があるので、
またハサミでちょきちょき微調整したら、意外と大丈夫になった。


でもやっぱりお洋服は難しい。。。
よく「服は作らないんですか?」と聞かれるけど、イメージしたものの
パターンが起こせないと出来ないし、立体はそんな簡単なもんじゃないです。
(というのがよくわかった...

わたしには、フリーハンドでじゃーっと縫える、
この程度でじゅうぶんです。。。
[PR]
by cotomono | 2012-11-04 17:09 | Comments(4)