<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ラジオ

a0072072_1915424.jpg

地でじかにすっかり乗り遅れ、テレビは「おしまいの日」となったので、
一週間まえ、電気やで小さなラジオを買ってきた。

久しぶりにチューニングを合わせると、
FMのクリアな音質がどうも耳につくので、ざらざらしたAMを好んで聞いている。

お気に入りは、NHK第一の「ラジオ深夜便」。
23時20分からなので、ほぼ寝ながら聞いているのだけど
目を閉じて声に耳を澄ましていると、なつかしい感触がしてくる。

なんだろう?この感じと思っていたら、
そうだ、「暮らしの手帖」を読んでいる感じとよく似ているのだ。

なんというか、すくないけれど、うすくない感じ。
たくさんはないけれど、手のひらにのるくらいは、ちゃんとある。

ちなみに、毎晩午前1時からはじまる落語を聞きたくて
ねばってはみるも、結局睡魔に負けていまだ聞けず...

落語といえば昔、知人のおじさんがカセットテープに録音して
笑いながら聞いてるのをみて、なにがそんなに面白いんだろう?と思ってたけど、
落語って、絶対テレビでみるよりラジオで聞く方が想像力が働いておもしろい。



今日はラジオを聞きながら、すこし針仕事をして古い本を読み返していた。
ずいぶん前に買って斜め読みしたままだった、植物や昆虫のエッセイ。
ちいさな生きものの世界はクリエイティブに満ちている。




また、いつかはテレビをみる日もくるだろうけど、
しばらくは、このままでいいかなと思う。
[PR]
by cotomono | 2011-07-31 19:51 | Comments(0)

THE STABLES

a0072072_0413470.jpg

今回の展示会がご縁となり、「THE STABLES」さんに、
Cotomonoのカバンを置いて頂けることになりました。

HP上でみている時から、すごくいいなぁと秘かに惹かれていましたが、
実際にその空間に入ってみると想像以上にすてきで...
すっかりファンになっちゃいました。

それに、オーナーの小田原さん長谷川さんの誠実なお人柄にもふれ
この方たちに扱っていただけるなら、カバンもほんとうにしあわせだなと思います。

a0072072_048435.jpg

着物やさんの仕事をしながらのカバンづくりなので、
お店に委託をお願いできるほど、数を作ることが難しいのが現状ですが、
東京の「神楽坂 貞」さん同様、人と人とのつながりのなかで、
このような出会いを授かったことに感謝し、ひとつでも良いものをお届けできるよう
がんばらなくちゃなと思います。

STABLESさん、これからどうぞ、よろしくお願いいたします。


a0072072_103263.jpg

さて、今日は弘前の写真をプリントしに、久しぶりに「albus」へ。
これまで、ずっとデジカメやパソコンの中でしかなかった思いでや風景も、
写真としてプリントすることで、なんだか、自分を見守ってくれているような
存在になるから不思議。。。

そして、今日はわたしのHPも作ってくださったTさんとも偶然ばったり。

被災地のことや原発のことなど、ちょこちょこの立ち話でしたが、
Tさんたちが立ち上げた「PRAY + LIFE」という、リアルな「ふくしまの声」を
ひろいあげるサイトのことを教えてもらいました。

そのなかの言葉を一部紹介します。



「今までは、希望があって努力すれば何かしら報われると思っていました。
でも今回のことがあって、どんなに幸せな生活であっても、こうやって巻き込まれ、
奪われてしまうことがあるんだってことが分かりました。

自分たちを守っていくためには、面倒くさくても社会に関わって
いかなきゃいけないなと改めて思いました。
発言する、自分の立場をしっかりと表明するという事が、
とても大事な事なのだと。

それはすごく小さな事かもしれないんだけど、
そこから全部始まって行く気がします。.....」






やっぱり、ここがデモクラシーの根っこだな...
ここが、すべてのはじまりなのだな。
[PR]
by cotomono | 2011-07-24 01:28 | Comments(0)

岩木山神社

a0072072_21383244.jpg

弘前最終日。飛行機までの時間をつかって、
ちづるさんと愛娘のりりこちゃん(ほぼ1歳)とわたしの女子三人で
岩木山を望む、岩木山神社へ。
空が澄んでて、すーごく気持ちよかった!
a0072072_2144897.jpg

赤い鳥居のずっと先に見えるのが、岩木山。
車で走ってるとき、どーんと視界にその姿が入ってきたときはほんとに感動。
もちろんはじめて目にするお山だけど、ずっと前から知ってたような...
a0072072_2153089.jpg

コボコボと涼しげな音をたてて流れる岩木山の湧き水。
ひんやり感200%超えです。
a0072072_21571056.jpg

a0072072_2157241.jpg

木々の翳りや、苔むした石畳
どこかわたしの原風景に似てて、懐かしい気持ちがしました。
a0072072_221779.jpg

ゆるやかな坂の先にある、青い屋根のお家は、
たしか、昔、うちの近所にもあったよな。


これって、デジャヴュ?
[PR]
by cotomono | 2011-07-22 22:13 | Comments(0)

松ノ木荘と、朝ごはんと、弘前のこと。

a0072072_1949811.jpg

今回、展示会の場所としてお借りした「松ノ木荘」
弘前市内を流れる土淵川沿いに佇む、おそらく昭和初期に建てられた邸宅です。
戦前戦中戦後と、さまざまな営みを支え今日に至る、
とてもとても雰囲気のあるお家。

a0072072_1953506.jpg

しばらくの間、主をなくしていたその場所を、
「ホロ」のメンバーがすこしづつ手を入れながら、新たに息を吹き返しています。

福岡に比べ涼しいとはいっても、やはり夏。
ホテルからの道すがら「あっつい!」といいながら玄関をくぐると
とたんに涼しい風が流れてきてびっくり。

a0072072_2024313.jpg

a0072072_209850.jpg
a0072072_2085310.jpg
a0072072_2083625.jpg
a0072072_2052428.jpg


a0072072_20101781.jpg

松や楓やあじさいといった四季折々の木々に彩られたお庭からは
心地よい風が流れ込み、ここだけ別世界のようでした。

そんな「松ノ木荘」で、日曜日の朝、
「朝ごはん」の集いを開いて頂きました。

a0072072_20122268.jpg

「zilch」のちづるさんが、いつものカフェメニューとはひと味違う
日本の朝ごはんを竹笹に包んで作ってきてくれました。
(塩むすびに紅シャケに揚げなす、卵焼きと、甘いお餅、、、)
うっっまい!!!

a0072072_2015361.jpg

わたしが、弘前のみなさんと仲良くなれたらと開いて下さった、この集い。

5年前のちづるさんとの出会いから今回、弘前での展示会に至った経緯と
ものづくりについて、朝ごはんの後、少しお話させて頂きました。

これまで、こういった場(大勢の初対面の方の前)で自分のことを
話したことはなく、どこからどこまでを話そうか考えましたが、

「なぜ、つくっているのか?」という根幹の部分について、
はじめてちゃんと話をさせていただきました。


それは、わたしの「ものづくり」の原点であるが故に
なかなか人には伝えづらい部分でもあります。

ものづくりでやる以上は、そこで伝えられるようなものでなければダメだし、
作家のストーリーをみせることで、「もの」に余計なフィルターをかけることに
なりかねないので、普段、余程のことがないとそこには触れないのですが、
あの場所で、お話をさせて頂けて良かったなと、いまは思っています。


a0072072_20484953.jpg

今回、5年ぶりに弘前の町を歩き、
「ホロ」をはじめとした人たちとふれあうなかで、
改めて「自立(自律)」について考えさせられました。


弘前は、東京や福岡などの大都市と比べ、ちいさな町です。
コンビニも少なく、こっちでは郵便局より多いんじゃないかと疑いたくなる
グローバルカフェ「スタバ」に至っては、ひとつもみつけられませんでした。
りんご以外は目立った産業もなく外部からの資本注入も少なく、一見すると、
岩木山と弘前城に見守られた、ただ静かな町にすら思えます。

でも、そのぶん、「自分たち」で何かをやっている、
やろうとしている人がいっぱいいる。

歴史や文化といってしまうとなんだか古くさいけど、
風景とか思いでとかが、ちゃんと、変わらずにそこにあって、
それを守り活かし、暮らしていこうとしている。

そうして、自分たちの経済をまわしながら共に生きている。


「ローカルデザイン」という言葉がありますが、
サラリーマンやフリーランスといったカテゴライズされた垣根を超えて、
ここでは、みなそれぞれがデザイナーの役割を担っているような気がします。






「自立」とは、自分ひとりで立つことではなく、
自ら立とうとしている人の足下を支えること。

それが、自らを立たせる礎となり、
やがては社会全体を自律へと導く。


そんな思いを持って、
わたしは、わたしの「ものづくり」を続けてきました。


とても、遠回りなことだけれど、
それが「平和」への道筋になることを信じて。



そんな気持ちをあらたにした、弘前滞在でした。
[PR]
by cotomono | 2011-07-21 21:27 | Comments(0)

ありがとう。

a0072072_21581289.jpg

なんとか台風もそれてくれ、
ほぼ定刻どおり無事博多に帰ってきました。


「おかえりなさい。」と笑顔で迎えられ、
「また、来年も来て下さいね。」と笑顔で送り出された、
ほんとうに、ほんとうに、すばらしい5日間でした。

胸がいっぱいで、いまはうまく言葉にできないので、
後日、写真といっしょにゆっくり振り返りたいと思います。



「松ノ木荘」に足を運んでくださった、たくさんのみなさま。
お買い上げくださった、みなさま。

おひとり、おひとりとの出会いが
しっかり胸に焼き付いています。
ほんとうにありがとうございました。



「ホロ」メンバーの山田さん、蟻塚さん葛西さん
「STABLES」の小田原さん、長谷川さん


心からのお力添えをいただき、深く感謝いたします。
みなさんと一緒に過ごせた松ノ木荘でのひとときは、
これからのわたしへの、励みとなるものになりました。



そして、毎朝美味しいフレッシュジュースとサンドイッチの朝食で
「いってらっしゃい」と送り出してくれた「zilch」のちづるさん。

あの日の出会いから今日までのすべてが、
あらかじめ決められていたことのように思えます。

ありがとうと、これからも、よろしくね。






また、かばんたちと一緒に
青森に、弘前に、みなさんに、
会いに行けるよう、がんばります。



ほんとうに、
ありがとうございました。
[PR]
by cotomono | 2011-07-19 22:41 | Comments(0)

青森へ、ふたたび。

a0072072_2201322.jpg

いまのいままでやって、先に弘前に送り出した分と合わせて20点
なんとか、作り終えることができた。。。
はぁ...

何かを超えられたか?というと、
うーん、、、正直そんな実感は持てないけれど、
とにかく、最後まであきらめずにやり抜いた。
そのことが、何かしら次につながると信じるしかないなぁ...




そんなこんなで、いまはただ疲れ果てて、
明日からのことがうまく想像できないけれど、
5回目となる個展を、思いでの場所「弘前」で迎えることができそうです。



いつもながら、今回もたくさんの方に支えていただきました。

krank-marcelloさん、いづみ恒商店さん、
シルクスクリーン工房「メッシュ」さん、カメラのS、シロクマ氏

DMの配布等、お知らせにご協力いただいたみなさま、
個展期間中、お休みを下さった着物やさん、

本当にありがとうございます。



それから今回の個展にあたり、受け入れ先である
THE STABLESの小田原さま、長谷川さま。
また、「松ノ木荘」を運営されている「ホロ」メンバーのみなさま、
まったくの初対面であるにもかかわらず、多大なるご配慮とお力添えをいただき、
深く感謝申し上げます。




それから、それから、
5年前の青森ひとり旅で、まるで奇跡のようにいろんな偶然が重なり
出会った、出会ってしまった、「zilch」の千鶴さん。

忙しい最中、すばらしい場を授けてくれて、本当にありがとう。
あの日の出会いは、今日の日へとつながる伏線だったのかもしれません。


かばんたちと一緒に、たくさんの方とお目にかかれるのを
心より、楽しみにしております。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::


キモチをカタチに...
Cotomono 手作りのカバンや小物たち vol.5
[期間]2011年7月16日(土)〜 7月18日(月・祝)11時〜19時

[場所]松ノ木荘 http://horohirosaki.blogspot.com/ 
青森県弘前市徒町8-1 (中三と弘前会計社の間のお家です)
 ※駐車場はございませんので、近隣の有料パーキングのご利用を
 お願いいたします。

[お問合せ]
 THE STABLES : www.thestables.jp 0172-33-9225
 Cotomono : www.cotomono.com

 フランスの古い時代の生地を使ったカバンや手染めのカバン、
 シルクスクリーンを使ったオルジナルプリントのカバンなど、
 いろいろなキモチをいろいろなカタチにしました。
 また、オーダーメイドでの制作も御受けしておりますので、
 どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。

 ***with cafe zilch... 詳しくは松ノ木荘blogでお知らせします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by cotomono | 2011-07-14 23:53 | Comments(2)

あかり

a0072072_2249363.jpg

「いざ、となったら使ってください。」と、
神楽坂から、青い屋根の小さなあかりが届く。


わたしは、ほんとうにいろんな人の小さなあかりに照らされ、
生きているのだなと思うと、じーんと胸が熱くなる。





昨夜は、Fさん&Oちゃんの結婚パーティーでした。

ささやかながら、あたたかく、
小さなあかりたちに照らされたふたりは
とてもしあわせそうで、うれしかった。





ありがとう。
[PR]
by cotomono | 2011-07-11 23:13 | Comments(0)

停滞

a0072072_22573066.jpg

なんてこと、ないなぁ...

できたものをみると、正直そう思う。


色も、かたちも、質感も、少しづつ違う。

イメージしていたものの、半分もできてない。



あがいて、ねばって、なげて、もういちどひろって、やる。
でも、その、どれもこれもが、もう知っている自分ばかりだ。




そんないまを、突き破るにはどうしたらいいだろう?



残り、実質あと4日。

ここを超えなければ、次はない。
[PR]
by cotomono | 2011-07-06 23:17 | Comments(0)

ゆっくりだけど、たしかなもの。

a0072072_1854320.jpg

アトブラ樋渡くん作、どんな料理も見事に呑み込んでしまう巨人皿。
着物やさんから帰ってシャワーを浴びて扇風機にあたりながら
麦茶と冷凍の枝豆を食べるというのが最近のマイブーム。




さて、7月。


震災以降、めまぐるしい世の中の変化とはうらはらに、
わたしのちっぽけな世界では、「ゆっくり」と時間が流れている。

例えば、一日中アリの行進を眺めたり、
お寺の屋根瓦を一枚一枚数えたりできそうな感じ。
(しないけど。)


なんかゆっくり感じるんだよねー、と言うと
はぁ?逆じゃない?と皆につっこまれるが、
もうずっとそうなのだから仕方ない。

というか、あれから時間がたてばたつほど
この「ゆっくり」感は増している気がする。

個展も近いし、「忙しいですか?」と聞かれれば
全く「そう」なのだけど...



だからといって、この不確かなこと極まりない世界について
なんも感じてないわけでも考えてないわけでもなくて。


考えれば考えるほど、自分のなかにある確かなものに
ゆっくりと、でも、着実に向かっているような気がする。


ふしぎだな。






さて、
来週末にあるイベントのお知らせを、ひとつ。

ひとりではできないことも、誰かと一緒ならできる。
それは、「ひとり、ひとり」であることと同じくらい、
尊いことだなと思います。


以下、転載します。

***********************************

東北関東大地震による被害者支援のための募金集めを目的として
九州大学ビジネススクールの学生有志グループ「そらまめ」が、
オンライン・チャリティストア<SORA>を立ち上げました。
http://www.zazzle.com/soramameQBSJP

<SORA>では、世界各国のデザイナー・アーティストから寄付されたデザインをプリントしたTシャツ、バッグ、帽子などさまざまな商品を購入できます。
このストアの利益全額が東北をベースに活動するNGO「国際ボランティアセンター山形(IVY)」に寄付され、被災した方々の支援に充てられます。

このたび、<SORA>のオープンを記念して、オープニングイベントを開催します!
ゲストスピーカーによる被災地現状報告会、ファッション・ショーなど内容もりだくさん!中入場もOKですので、お気軽にご来場ください~

★予約不要ですが、会場の都合でだいたいの人数を把握したいため、
もし宜しければチョー助に登録をおねがいします!
↓さぁ、いってみよー♪
(PC)http://chosuke.rumix.jp/main.aspx?g=54b28a43f05462aa4
(携帯)http://chosuke.rumix.jp/x/main.aspx?g=54b28a43f05462aa4



東日本大震災被災者支援 オンライン・チャリティストア<SORA>
オープニングイベント

■日時:2011年7月9日(土)18:00~(途中入退場OK!)
○第1部 18:30頃スタート(予定)
被災地現状報告会
スピーカー:あらき龍昇(福岡市議会議員)、山本ひさお(登山家)
○第2部 20:00頃スタート(予定)
ファッション・ショー「そら☆コレ」
○第3部 21:00頃スタート(予定)
ライブイベント

■会場:ジューク・ジョイント
[福岡市中央区舞鶴1-9-23 エステートモア舞鶴2F]
http://juke-records.net/jukejoint/

■会費:500円(お子さん同伴の場合、お子さんは無料です。)
*SORAオリジナル限定缶バッヂプレゼント
*会費の一部を運営費に充て、残りは義援金といたします。


[PR]
by cotomono | 2011-07-01 19:21 | Comments(0)