<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

同じ

a0072072_0522573.jpg

先週の水曜日、わたしのカバンにロゴ刺繍をしてくださっている
Salt Payatas Foundationのステッチマミーズがフィリピンから来日されたので
会いに行ってきた。刺繍プログラムを受け仕事をしている25人のうち、
今回来日できたのは5人で、全員が30代の子どもをもつお母さん。
(彼女たちがスカベンジャーとして働く巨大なゴミ山があるパヤタス、
また、再定住地カシグラハンの現状についてはこちらを。

わたしは、去年の6月にフェアトレードのイベントでソルトパヤタスの活動を知り、
その場でカバンにロゴ刺繍を付けることを思い立ち、現在に至るわけだけど。
現地の実情や彼女たちの生活を見ずしてはじめてしまったので、心のどこかで
「かわいそうな彼女たちを助けてあげている」という過剰な意識があり、
そのことが、本当の意味で「フェア」であることを遮っているような気がしていた。

でも、実際に彼女たちに会ってみるとそんな意識はどこかへ消えてしまった。
物質的には恵まれていても、どこかいつも疲れている日本人に比べ、
とにかくみんな明るくオープンマインド。
過酷な現実を引き受け、目の前にある「暮らし」を少しでも良いものにしていこうと
努力をするポジティブな姿勢や、自分で働いた糧で子どもを育てているという自信と誇り。
そんな彼女たちの生きる力が、ごく自然な笑顔となって表れているように感じた。

そして彼女たちには共通の夢がある。
それは、自分たちが仕事をし自立することで、自分たちの子どもだけではなく、
親を失いストリートチルドレンとして生きる子どもたちを学校へやり、
そこから生きる希望を見いだすことができるように、社会として支えていきたいという夢。
その話しを聞いたとき、わたしも同じだなと思った。
わたしも自分を生かす糧として日々働き、カバンを作っている。
そして、それを何かしらのかたちで社会に返していけるようになりたいと思っている。
もちろん、彼女たちとわたしとではさまざまなことが違いすぎて、
天秤にかけるように同じということはできないけれど、そう感じることができた。
それは、わたしがこのフェアトレードを続けていくうえで、とても大切なことだから。


a0072072_1223785.jpg

ロゴ刺繍をしてくれているアナベルさん、31歳。
かわいい顔してるけど、こうみえて3人の子どものシングルマザー


ちなみに、上の写真のアナベルさんは「SARISARI SHOP」という雑貨屋さんを営みながら
刺繍の仕事もしているそう。刺繍のデザインのほとんどを彼女が担当しているらしく、
わたしのロゴ刺繍は込み入ってて難しいらしいけど、いつもクオリティの高い仕事を
してくれていて、彼女のもつセンスの良さが生かされている感じ。
そのアナベルさんが刺繍したロゴの入ったピンクの手染めのカバンをプレゼントしたら、
とても喜んでくれて、わたしも本当にうれしかった。
いつか、彼女のお家に遊びにいく約束をしたので、叶う日がくるのを楽しみに、
わたしは、わたしのやるべきことをやっていこうと素直に思えた一日であった。

この出会いを授けてくれたいろんな人に、感謝しよう。
[PR]
by cotomono | 2010-03-28 01:50 | Comments(0)

ばたん休日

a0072072_2357373.jpg

今日もいい天気だったけどいちにちずっと布団のなか、ばたん休日。
へんな夢みて起きるもまた寝てのくりかえしで始終もうろう。
日が暮れてようやく起き上がるとおなかがすいてるので、
コンビニにおにぎりでもと外にでると、諸岡商店のおじちゃんがわんこ2匹
(ふとっちょラブラドールのクロ14歳とぬいぐるみみたいなプードル2歳)
とビール片手に夕涼みしてるので、どうもどうもと隣に腰かけしばしおしゃべり。
おじちゃんによるとこの連休、わんこ2匹とおばちゃんを連れ黒川温泉へおでかけ。
ちなみにこないだ聞いた時はクロは置いてきぼりだったので、
一緒に連れてってもらえて良かったね、とすぐごろんごろんするクロを撫でてあげる。
クロはいつもごろごろしてるので年齢不詳っぽいけど、もうだいぶお年寄り。
耳も目ももうろうとしてるので、こないだトラックに軽くひかれてたけど、
あんまり痛々しい感じもせずこのまま老衰して天に召されそうなので、
ま、クロはクロでいろいろあるだろう?けど、けっこううらやましい感じ。。。
犬の老化についておじちゃんとひととおり話したあと、じゃコンビニいくねというと
これもっていきいとバナナとりんごをくれた。ああ、おじちゃんラブ。
夜はカメラのSが個展の写真を焼いてもってきてくれた。
明後日、ロゴ刺繍をしてくれてるステッチマミーズがフィリピンから来日するので
作品の写真を持って会いにいくのだ。どきどきだけど楽しみだなー。
そんなこんなで、ひさびさのばたん休日であった。
[PR]
by cotomono | 2010-03-23 00:38 | Comments(0)

ちいさなゴール

a0072072_191526100.jpg

昨日今日でコラボかばん、なんとかすべてやり終えることができた。
はー、いまはすごい脱力感でいっぱい、、、


『ariya.』をつくっているライターのKさんに話しをもらったのが去年の今頃だから
ちょうど一年。ようやく、大きな荷物を降ろすことができた。
とくに制作に当てたこの1ヶ月は着物屋さんもすごく忙しかったけど、
体調を崩すことなく、どっちの仕事もちゃんとやれたことがなにより良かった。
いまのわたしにとって、そのふたつを両立していくことはとても大事なことだから。


それにしてもコラボかばん。
はじめはわくわくと情熱に引っ張られていたし、
カンタンにできるだろうと思ってたけど、、、
実際は、フタを開けてみないとわかんないことばっかり。
精神的にも物理的にも、本当にいろいろ勉強になりました。
それに、つくることで社会的なことにコミットできる可能性を見いだせたことは
これからのわたしにとって、ひとつの自信となった。
それから、シルクスクリーンという生地自体をデザインする面白さを知ることもできた。
ちょうどこれまでとは違う表現方法を模索していた最中でもあったので、
メッシュの平川さんとの出会いは、とてもラッキーだった。



生きてくことは、なかなかに大変だけど、こうやって
ひとつひとつ、ちいさなゴールを積み重ねてゆければいいな。



コラボかばん。
関わったすべてのみなさま、
お買い上げくださったみなさま、
本当にありがとうございました。
[PR]
by cotomono | 2010-03-21 20:49 | Comments(0)

春色いろいろ

a0072072_2154861.jpg
a0072072_21552198.jpg
a0072072_21553930.jpg
a0072072_21554971.jpg
a0072072_215613.jpg

いい天気に誘われて、針仕事の合間にデジカメもって近所をぷらぷら。
きいろ、ピンク、オレンジ、グリーン、しろ、春色いろいろ。
夜は春ごぼうと合挽肉と炒り卵でそぼろゴハン。うまかった!
[PR]
by cotomono | 2010-03-17 22:05 | Comments(0)

若者たち

a0072072_18303213.jpg

制作が追い込みではあるけれど、、、週末はひさびさ出歩く。
土曜日はさよならカミノに最後の豆を買いにゆくと、ひさびさな人らとばったり再会。
あの人はいま的に話しが盛り上がりちょっと懐かしい気持ちに。
カミノ、ほんとにたくさんの人たちに愛された喫茶店だったなー。
夜は西中洲の小料理屋でこれまたひさびさな三人でひさびさ女子トーク。
気心知れた女子友は永遠なり、、、


昨日は「たまには顔だしなさいよ」と誘われ、もやいバンクのゼミに顔をだす。
なんやかんやと目の前のことでいっぱいいっぱいで、去年の設立総会以来
足が遠のいていて、我ながらてきとうぶりにちょっと反省。。。
ま、いろいろ考えてはいるんですけどね、、、行動が、、、。
で、設立のときは、いわゆる大人な方々の存在が目立っていたけど、
昨日は20代前半の若者たちが集まっていて、なんだか新鮮だった。

これから就職する若者や、社会人1、2年目の若者。
理想と現実との狭間で葛藤も多いにあるみたいだけど、
まだまだ夢や理想を熱く語れる姿は、若者が若者である証であり特権なのかもな。
彼らが彼らの志しを見失わず、資本主義に囲われた組織のなかで
タフに、したたかに、生きのびてくれることを祈るばかり。
そこから離れ、「会社を経由した社会とのつながり」から、
「ダイレクトに自分と社会をつなぐ」手だてを持てる人はわずかだ。
そして、現社会においてフリーという名のリスクはとても大きい。
なんだかんだいって働く人の大多数はサラリーマンだ。
言葉は悪いけど、会社のなかにいて内部テロ的にちょっとずつちょっとずつ、
変化を積み重ねることができたらいいのかもな、と彼ら若者をみていて思った。
個人的には、週休3日にしたら働き方はだいぶ変わるような気がする。
5:2から4:3にすることで、趣味の延長であったものが生きる糧になるかもしれないし、
ある人は食うために田畑を耕しはじめるかもしれない。
休息や休暇ではない「いち日」が、ご褒美的なボーナスや大型連休よりも
可能性を想像できるんじゃないかなと思う。

ま、なにはともあれ、
いろいろな人が、いろいろな方法で、いろいろやれればいいな。
[PR]
by cotomono | 2010-03-15 20:47 | Comments(0)

もうすぐ春

a0072072_22535868.jpg

寒い寒いの水曜日。
山下達郎のドーナツソングを聴きながら「まる」の5ゾウ分を仕上げたら
お腹がすいたので、さむいさむいといいながら諸岡商店へ。
おいしそうな新じゃががでてたので、手羽先と一緒に煮込もうとゴボウも買って
久しぶりに水色の土鍋を取り出す。新じゃがは皮のまま具材は胡麻油で先に炒めてから
ザラメと醤油としょうがを放り込んでぐつぐつ。
途中、すごくいい感じになってきたのでゆで卵も作ってそれも一緒にぐつぐつ。
ほくほくしながらビールといただく。旬の野菜はほんとうにおいしいな。


コラボかばんの目処がついてきたこともあり、そろそろ次のことをあれこれ想像する
余裕もでてきた。イメージは生地を前にして浮かんでくることばっかではなく、
例えば着物屋さんの行き帰りにふっと浮かんできたり、
毎朝、服のコーディネート(というほどのもんじゃないけど)してるうちに
この色とあの色を合わせるとかわいいなとか、その程度のものだけど、
つくりたい欲求はむくむくしてきた。
homspunの真似して春色のワンピース縫いたいなとか、
へっぽこ顔したリュックサック作りたいなとか、
それはとりとめもなくやってくる。


わたしの春も、もうすぐ、だね。
[PR]
by cotomono | 2010-03-10 23:20 | Comments(0)

あてもないこと

a0072072_20432013.jpg

寒が戻ったような今週末も、家にこもりひたすら制作のつづき。
「まる」の斜め掛け、5ゾウ分はなんとか作り終えたかったけど、
9割方できたとこでタイムアウト。でもこれが完成すれば、
ラストまであと4個と、ゴールがみえてきた。

もう少し、あと少し、と言い聞かせながらせっせとしつけ縫いをしてると
ふと、来年の今頃は何してるだろ?と思った。
手帳を持たず日記もつけないわたしにとって、これがいわば公開日記のようなもの。
一年前のページを振り返ってみると、あぁ、こんなことを思っていたのかと、
もうずっと昔のことのように思う。だから、いまこの瞬間に思い考えていることも
一年も経てばずいぶんと変わっているのだろうなぁ。

ま、その程度のこととして。
でも、いつか、そうなったらいいなぁと思うことを、ひとつ。

いつか、海外で個展ができたらいいな。
アジアでもヨーロッパでもアメリカでも、どこでもいいから。
知らない土地で知らない人に会ってみたい。
言葉はしゃべれなくても「表現」があればなんとかなりそうだし。

日々のゆきさきを思うとあれこれ不安が募るけど、
あてもないことを思うと、なんかできそうな気がしてくるから不思議。

そんな、あてもない想像を膨らませることができるのは
草でも虫でもライオンでもなく、たぶん、人間だけだろうから。
(イルカとかはあるかもだけど..

ま、1年後はないとして5年後10年後は、わかんないなー、
なんて。

そして、わかんないなーって思いながら、
死ぬまで、生きられたらいいな。
[PR]
by cotomono | 2010-03-07 22:41 | Comments(0)

内なる声

a0072072_23332289.jpg

ひとりきりで作っていると、ときどき、
どうしようもない孤独と不安に押しつぶされそうになる。

でも、そんなときほど、内なる声が聞こえてくる。
何度も何度も、それは聞こえてくる。

「その先に、わたしがなすべきことが、必ずある」と。


8年前、つくろうと決めたときも、
そんな声が、たしかに聞こえていた。
それは、いまよりもっと小さな声だったけど、
わたしはそれに従った。


内なる声に、耳をすまそう。
聞こえてくる、その声に。







 点と点を将来に向けてつなげていくことはできない。
 できるのは過去を振り返ってつなげることだけだ。
 だから今はただの点であっても、
 将来は何らかの形でつながっていくと
 信じなければならない。
 自分の根性でもいいし、
 運命、人生、カルマ(業)でも何でもいい。
 とにかく信じることだ。
 


 自分自身の内なる声を、
 他人の意見によってかき乱されてはいけない。
 最も大事なのは、
 心の声、直感に従う勇気をもつことだ。
 内なる声、直感は君が本当になりたいものを、
 なぜだか知っているんだ。

               Steve Jobs


[PR]
by cotomono | 2010-03-05 00:09 | 覚え書き | Comments(0)

映画三本立て

a0072072_21383238.jpg

週末観ようとDVDを借りてきたはいいもタイミングを逃してしまい、
返却が今日に迫ってたので、昨日の夜、三本連続で観る。
『百万円と苦虫女』『南極料理人』『トウキョウソナタ』

百万円は予告編をみてる分には自分探しみたいなふわふわしてる話しかと思って
そんなにピンとこなかったけど、案外深かった。屈折してる蒼井優はよかったし、
フラガールみたいなきらきらしたのもいいけど、こういう役の方がすき。
南極はこのキャスティングにストーリーに面白くないわけなく、
中年のおっさんたちが雪のなかただゴハンをかきこむ姿に見入ってしまった。
豊原功補って中堅の役者さんがドクター役ででてたけど、この人はやっぱり上手い。
昔は中途半端に作られた二枚目役が多くて残念な感じだったけど、
だんだんと素の味がでてきて個人的にすごく好きな役者さん。
最後に『トウキョウソナタ』 観始めたのが0時を回ってたので、半分寝ながら観てたけど
途中で起き出して余韻でしばらく眠れなくなるくらいこれは本当にすごいよかった。
香川さんはもちろんのこと、キョンキョンの普通の主婦役がすごくハマってた。
似た感じだけど『空中庭園』もハマってたもんね。


家族には何でも話せるとか、家族がいちばん落ち着くとか、いう人いるけど、
正直、わたしにはわからない。もちろん愛情云々のはなしではなくて、
家族は家族であって、とりかえようのない、しょうがないもの。
そして、その「しょうがない」ってとこが、永遠のテーマなんだろな。


『トウキョウソナタ』、おすすめです。
[PR]
by cotomono | 2010-03-02 22:44 | Comments(0)