<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

サルガド

a0072072_1672196.jpg

昨日はBuy Nothing Dayでしたが、ほんとうに欲しいものだったので買いました。


しばらく停滞していた身体の気がながれだし、
リセットしたかのような日曜の朝。

いつものようにベッドのなかから日曜美術館をぼんやり眺めていると、
見覚えのある写真が映し出されて、思わずメガネを探す。

写真家の名はセバスチャン・サルガド
飢餓、干ばつ、貧困、それに追い打ちをかけるかのような紛争に見舞われ、
極限状態にあるアフリカに生きる人々を撮り続けているフォトジャーナリスト。

日曜美術館でも紹介されていた代表作、
エチオピアのカレマ・キャンプでの一瞬を切り取ったその写真は、
まるで中世の宗教画をみているかのような神々しさを発していて、
はじめてみたとき、ひどくショックをうけた。

それは、悲惨な現実(写真)をまえにしても、
純粋に「美しい」と感じてしまった自分の感受性にか、
それでも生命の尊厳を信じ、みつめつづけ、
奇跡のような真実を写し出したサルガドの魂にか、

はぁ...

そういうのって、
言葉に、ならないです。


a0072072_16524975.jpg

昨日は、個展で現物をお買い上げいただいた方々への納品やら
krank/marcelloへ生地の仕入れやらで、一日中うろうろ。

krankでは久しぶりに藤井さんがいらしたのでここぞとばかりに日頃のお礼を...
ほんとに、思うようなものが作れるのも個展ができるのも、
ストーリーある良い生地との出会いがあってこそ。
何気なく、フランスのデッドストック使ってますとか言ってますけど、
これをいちから自分で探しだし仕入れることを思えば途方もないことで...

藤井さんたちの、ほんとうに好きなことを自分たちの手でやり続けるその努力と、
明日を夢みる冒険家のような生き方は、ほんとうにすてきです。
marcelloは来週以降、大きくリニューアルするみたいで楽しい仕掛けもあるとか?
眠っていた古着もお披露目されるとかで、こちらも楽しみです。


a0072072_17161072.jpg

きょうは、おおはたさんをBGMに、お礼状をしたためしたための一日。
ご記帳いただいた方々だけでも80名を越えるお名前が...

遠くは、千葉、大阪、山口、熊本、鹿児島と、
ほんとうにたくさんの方にお運びいただき、この場をかりてお礼申し上げます。
なかにはきちんとご挨拶もできずにご無礼をしたかもしれませんが、
おひとりおひとりの出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。
ほんとうに、ありがとうございました。



さ、そして12月。
たのしみなこともいろいろ、
オーダーもたくさんいただいたので、がんばってつくろう。
[PR]
by cotomono | 2009-11-29 17:46 | Comments(0)

Buy Nothing Day

a0072072_2131486.jpg

今週末は、なにも買わない日です。

お金を使わないで、
ぶつぶつ交換とか、ぶつこと交換とか、してみてもいいかも。


adbusters
人間らしく、生きよう。
[PR]
by cotomono | 2009-11-26 21:57 | Comments(0)

美しい傘

a0072072_19431735.jpg

紐に付いている金具に「Cotomono」と刻印をいれていただけるそう。
生涯、大切に使いつづけます。



ひさしぶりに解放された、水曜の朝。
gramにカバンを納品した帰り、テトラにイイダさんの傘をみにゆく。

まだ、準備中でしたが、
個展のまえうしろのよしみで先にみせていただけることに。


a0072072_19502652.jpg

今年の春、日傘をみせていただいたときも感じたのだけど、
ほんとうに、ほんとうに、美しい佇まいのある傘で、
すばらしいのひとこと。

a0072072_1958558.jpg

生地、傘骨、取手、金具、
そのひとつひとつに考え抜かれたデザインが宿っていて、
芸術をみているような、静かな気持ちにさせてくれます。

a0072072_20175714.jpg

美大を卒業後、傘作りのおばあちゃんにいちから手ほどきを受けたそうで、
ここに至るまでは、大変なご苦労があったことかと...

でも、それがすべてイイダ傘店の哲学となり、
カタチに表れている気がします。

a0072072_20185316.jpg

良いものは、人のなかに存在する良いものを呼び覚ます。
わたしも、良いものをつくらなければと、強く思った。


イイダ傘店 雨傘展「平成二十一年 秋」at art space tetra
会期…2009年11月25日(水)〜29日(日)
時間…11:00 - 19:00 (最終日は16時マデ)
[PR]
by cotomono | 2009-11-25 20:25 | Comments(2)

自由って、なんですか?

a0072072_2249336.jpg

火曜の夜、なんとなくNHKを付けてると、
某インテリアデザイナーの仕事ぶりを紹介する番組が流れていた。

クライアントの思いを汲むという、至極あたりまえを仕事の流儀に掲げ、
東京渋谷に出現した「ナイキ」の巨大なフラッグショップに挑む姿が
とても大変そうに映し出されていて、みていて気持ち悪くなった。

いや、べつに、
困難な仕事に立ち向かうその姿に気持ち悪さを抱いたわけではない。
この際「ナイキ」がどういうコーポレーションであるかもひとまず置いといて。
ただ、そのデザイナーが使った「自由」という言葉に違和感をおぼえたのだ。


そのフラッグショップのフロアーは、お客さまが「自由」に出入りできるように
トラック競技場のようなデザインが施されていているのだという。
クライアントである「ナイキ」の思いを最大限に汲み取った
「自由」なデザインといったところだろう。

いや、べつに、
そのデザイナーのアイデアがいいとかわるいとかいってるんじゃない。


ただ、「ナイキ」にとっての「自由」を、
本当にデザイナーは理解(共感)しているのだろうか?

社運を掛けた大仕事でありこれからの自分を表現するものである。
と、そのデザイナーはいっていた。
きっと、彼らにとっては希望なのだろう。


だからなおさら、気持ち悪さをおぼえてしまうのだ。

その事実を知ったうえで、
それでもデザイナーは全身全霊を込めて、
コーポレーションに尽くすのだろうか?


just doite
「ちょっと、どいて!」といいながら
己のみの「自由」を謳歌するコーポレーションに。

デザイナーはいつまで、「自由」を奪われ続けるのだろうか?


自由って、なんですか?



「本当に大切なことを一番に」
[PR]
by cotomono | 2009-11-24 23:36 | Comments(0)

art space tetra

a0072072_23443090.jpg

テトラの立ち上げメンバーのOさんと、そのときを取材したTさん


日付は変わってしまいましたが、
本日、無事に個展を終えることができました。

お力添えをいただいたみなさん、
お越し下さったみなさん、
本当にありがとうございました。

現物をお買い上げ頂きました方へ
25日(水)までにご連絡さし上げますのでよろしくお願いいたします。


a0072072_235114100.jpg

昨日は、親愛なる友たちとのひさしぶりの再会。
そのうれしさからか、ずっと張りつめていた緊張と疲労がいっきに解き放され、
最終日の今日は立っているのがやっと...
「ある意味、画家と画商を一緒にやっているようなもんですよ」と個展中に
ある方に言われたのを最後の最後になって身にしみて実感することに。
でも、それが現在の自分の「身の丈」なんだろうな、とも。
それがいいかわるいかは、別のはなしとして。

a0072072_244939.jpg

片付けしながら、テトラのメンバーとビールと焼き銀杏をつまみに
すこし、でも、ふかい話しを。


今回、場所がらもあって通りすがりの人がふらりと入ってくることもほぼなく、
本気で集客を考えれば別の場所でやる方がいいのだろうけど、
次回も、やっぱりここでやりたいなと思わせる「なにか」がテトラにはあって。



その「なにか」とは、空き地を思わせる「ただの」スペースであり、
無理に「なにか」になろうとしない「ゆらぎ」を内包しているものであり、
それをもち続けていくことに、確かな意志を感じる場所だから。


空き地は空き地のままに、ほおっておいて。
お願いだから、コインパーキングになんかにならないで。


埋めようと、しないで。

決して埋まらないものに、
ほんとうがあるのだから。
[PR]
by cotomono | 2009-11-23 04:12 | Comments(4)

つながりつながる

a0072072_20595667.jpg

個展4日目
きょうもバタバタとアイロンがけしてからテトラへ。

きょうのいちばん乗りは、昨日にひきつづき新米ハハのYちゃん。
8月に生まれたばかりの子どもちゃんと一緒に来てくれました。
思えば、GWに妊娠中のYちゃんとお腹いた子どもちゃんと3人で宮崎まで旅行したなー。
なんだか、感慨深いです。

昨日のAちゃんもそうだけど、
子どもを生んだばかりの女性はなんであんなにキレイなんでしょう?
しばらく抱っこさせてもらうけど腕が痛くなってパス...
ハハはほんとにたくましい!すごいです、世のハハたちは。

a0072072_21155114.jpg

いやー、やっぱり妊娠中もぎりぎりまで働くべきですよと力説するYちゃんに、
そうかそうかとうなずいていると、GWの宮崎旅行でお世話になったYさんが、
宮崎からふらりとご登場。
ほんとにすごいタイミングの再会に、子どもちゃんもいれて4人ともびっくり。
去年、東京で個展をした時にも似たようなことがあって、
いやぁ、ほんとに人の縁って不思議だなぁ。

a0072072_21231331.jpg

コラボかばんのアーティスト、中牟田画伯とそれをカメラに納めるeiseiくんの手。


そうこうしてるうちに、『工房まる』のeiseiくんが、
コラボかばんのイラストを描いてくれた中牟田さんと一緒にやってきた。

「こんなんできましたけど、どうですか?」と画伯におうかがいしてみたとこ、
にまーと笑ってくれたので、よし、と小さくガッツポーズ。
一目惚れでしたからわたし、このゾウさんに。
そして、このゾウさんのやさしい目は中牟田さんの目に似てるなーと思う。

ちなみに宮崎のYさんとeiseiくんも共通の友人がいるので、
またここでもつながるつながる。

きょうはこんなつながりの日なのかしら?と思ってると、
もやいバンク福岡つながりのみなさんが仲良くご登場。

ここでもやっぱりeiseiくんとつながってて、いやぁこれはどこまでつづかと思ってたら、
糸島のYさん家族たちの姿が...
ん、これはつながってるかな?と思ったら、
宮崎のYさんと糸島のYさんは同じ名字つながりでした(笑)

a0072072_21461712.jpg

糸島のYさんは、友人でありモノづくりの先輩でもあり、
なんというか、ある意味、恩人でもあります。

そして、YさんのパートナーであるCさんとは10年来の友人。
20代、もがいてばかりで思うようになれなかった頃からのわたしを知っている唯一の人で、
多くを語らずとも、どんなときでも、わかってくれている人。

そんなCさんに、「すごいね、がんばったね、」と言われ
かえす言葉がみつかりませんでした。


a0072072_2218117.jpg

8年前、当時勤めていた会社から突然契約解除を告げられたわたし。
人の道にはずれたこんな理不尽を平気でやらかす大きなものなんかには、
絶対に負けないと小さな自分を奮い立たせ、
当時Cさんがバイヤーをしていたお洋服屋さんで
履歴書を書いた日のことを思い出す。




悔しくて、情けなくて、心細かったあの日。

「あなたは、絶対に大丈夫」と、
心から励まし、信じてくれたCさん。


ありがとう。



あなたに、カバンをつくる日がくるなんて、
あのときは夢にも思わなかったよ。



すごいね、

がんばったね。
[PR]
by cotomono | 2009-11-20 22:35 | Comments(0)

もうそれだけで、すごいことです。

a0072072_2115837.jpg

テトラの立ち上げメンバー、遠藤水城さんの著書『アメリカまで』
ひと足が途だえたときは、これを読んでるか居眠りしてます。




個展3日目。
きょうのいちばん乗りは、Aちゃん。
6月に生まれたこどもちゃんと一緒に遊びにきてくれました。

開口いちばん、
「きのう、ハハになる決心がついた!」と、すっきりした顔で宣言。
そっか、産んだからって、すぐハハになれるもんじゃないよね。
抱っこしたこどもちゃんに向かって「5ヶ月間、ハハじゃありませんでした!」と
笑いかけるAちゃんは素直でとてもかわいく、ハハと子の姿はやっぱりいいなと思う。


そんな、できたてほやほやのハハと子を見送りしばらく居眠りしてると、
ふらりふらりとお客さんが...

なんとなく、良い雰囲気をまとっている女の子に
「はじめは趣味だったんですよね?」とたずねられ、
「そんな悠長なものではなかったかと...」と答えるも、
そういえばわたし、趣味ってなんもないなーと改めて思って、
趣味ってどういうもんですか?とこっちが聞いてみたくなった。



a0072072_2261663.jpg

それから夕方まで、ぴたりとひと足が途絶えたのでまた居眠りしてたら、
テトラメンバーのOちゃんが話し相手になってくれるというので、
アップルティーを飲みながら、Oちゃんが最近作った本の話しやら、
定まってきたというやりたいことの話しを聞かせてもらう。

人間がただ人間らしくあろうとする姿は、それだけで希望だなぁ...と
彼女の静かな、でも熱のある佇まいをみてて思った。


a0072072_22221976.jpg

すっかり日が暮れた頃。
搬入のときにもふらっと入ってきたおじちゃんが自転車に乗ってやってくる。
子どもみたいに素直な目をして、思ったことをぽんぽんと言葉にするおじちゃんは、
なんというか、うそがなくていい。




はー。
きょうもいちにち、いろんな人に会ったな。

もうそれだけで、すごいことです。
[PR]
by cotomono | 2009-11-19 22:53 | Comments(0)

ひと、ひと、ひと

a0072072_2218461.jpg

きょうもひとつ、すてきな方にもらわれてゆきました。大事にしてもらってね。


個展2日目
風は冷たいけど、昨日とうってかわっていいお天気。
さー、きょうは誰に会えるかなーと、そわそわしてたら。


いちばん乗りは、この方たちでした。
a0072072_2221379.jpg

「お茶はいらないから」といいながらもう1杯ちょうだいってなに?
ハハ友とハハ、お茶をすするの図。おばちゃんっておもしろいねー。


ガラス戸に姿がみえる前から、誰が来たかわかるくらいのゲラゲラ笑いで
ご登場ありがとうございました(笑)
このふたり、ほんとに仲が良くていっつも一緒に着物でおでかけしてます。
今日のドレスコードは大島紬なのか、しかもふたりとも白。よくお似合いでー。
着物は、このくらいのおばちゃんが着てるのがわたしは好きです。
からだに馴染んでる感じがして。
ま、なにはともあれハハが楽しそうなのは、うれしいことです。


a0072072_22415760.jpg

ひととおりしゃべくり倒したハハたちが川端商店街へ消えてからぷつりとひと足が途絶え、
しーんとしたなかひとりでいたら眠くなってしばらく居眠り。

日が傾いてきたな...と思ったころに、お世話になってる方々が相次いでご来場。
いっきに慌ただしくなって、あわわあわわ...(Cさん、ごめんなさい!)
ふらりとお立ち寄りくださった方もいらしたのに、ちゃんと気配りもできず、
また、あわわあわわ...


そんななか、きょうはうれしい再会も。

数年前に共通の友人たちとの集まりで何度となく接点のあったNさん。
当時、そんなに深い話しをした記憶はありませんが、
鋭い洞察のなかにも俯瞰的に思考をめぐらせている方だなと感じていて。

見落としてしまいそうなささいな「こと」や、
持て余してしまいがちな「わからなさ」を、
手放さずに、ちゃんともっている方です。

泥沼の時を経て、ある意味リハビリ中だというNさんですが、
わからないぶん、これからが楽しみな方でもあります。



人は、人をうつす鏡だから。

安易に曇らせることなく、
過度に光らせることなく、

わからないは、わからないままに、
ただ、そのことに誠実であろうと、あらためて感じました。

Nさん、ありがとうございました。




a0072072_23253096.jpg

本日さいごのビッグゲスト、gramのワタナベさん。
よくお似合いで!!!! いやはや作家冥利に尽きますです。(笑)

[PR]
by cotomono | 2009-11-18 23:33 | Comments(0)

りんごりんごりんご

a0072072_21152290.jpg

朝から冷たい冬の雨、個展初日だというのに...

ただいま着物屋さんも超繁忙期なので、12時までアイロン掛けしてテトラへ。
雨だし寒いしそんな人もこないだろう...とのんきにおにぎりを頬張ってたら
オープン早々お客さまがいらして、慌てる。
いちばん乗りの方、遠いところお運びいただきありがとうございました。

それから、ガテン系っぽいデコボコ男子がガラス越しにみえたので、
まさか入ってこないだろうと気を抜いてたら、ブラボーのハラダさんと、
コラボかばんのアーティスト、近藤純平さんではないですか!
できあがったコラボかばんをみにきてくださいました。
ご本人にみてもらうのはこれがはじめてなので、どきどきでしたが、
喜んでくださってたみたいで一安心。その模様は、コチラを...

近藤さんは、ディスプレイのりんごが気になるのか、
配置をあれこれ変えてみてはにやにや...
いやいやそれはないでしょう...とわたしも負けじと置き換える。

にやにや、いやいや、にやにや、いやいや、
まるでりんごのチェスをやってるみたいで楽しかったです(笑)


a0072072_21441360.jpg

撮影で入ってくれたカメラのSに、いまやユンボも乗りこなすおしゃれガテン系ハラダさん、おっきいけどちっちゃいりんごが気になる近藤さん。なにやら盛り上がってます。


その後もぽつりぽつりですが、夜までひと足が途絶えることなく、
お足下の悪いなかお運びいただき、ほんとうにありがとうございました。
ここでしかお目にかかれなかった出会いに、ただ感謝です。

明日はお天気も良さそうなので、ふらりとお立ち寄りくださいね。


****

作成中だった、ホームページ上のWorksをアップしました。
今後はすべて、作品はこちらに(ぼちぼち)アップしていきますので、
ときどきのぞいてみてください。

[PR]
by cotomono | 2009-11-17 22:08 | Comments(2)

ありがとう

a0072072_21145798.jpg

先ほど、無事に搬入が終わり、
なんとか明日を迎えることができそうです。


改めて、個展のお知らせをさせていただきます。

:::::::::::::::::::::::::

キモチをカタチに...
Cotomono 手作りのカバンや小物たち vol.2


:::::::::::::::::::::::::



ここに至るまで、
ほんとうにたくさんの方に支えて頂きました。



生地の仕入れからDMの撮影場所まで貸してくださった
krank-marcelloさん

近所のお助け屋として、いつも心良くサポートをくださった
いづみ恒商店さん

わたしの思いを最大限まで汲み取ってくださり、
ほんとうに素敵なホームページをつくってくださったタキタさん

DMの撮影をはじめ、モノづくりを始めた頃からずっと応援してくれる
友人でありフォトグラファーのしげまつ嬢

DMのデザインから、あれこれいつもさんきゅー!
イラストレーターであり無二の親友シロクマ氏

個展に彩りを添えてくれるお花をありがとう!
大好きです、月麦さん

明日から一週間、お世話になります!
オルタナティブな感性で、作家に発表の場を与えてくださった
art space tetraさん


それから、

快くDMを引き受けてくれた愛する友たちに、
お店にDMを置いてくださりお知らせくださったみなさんに、
個展中の無理を聞いてくださった着物屋さんに、
しんどいときに弱音を吐かせてくれたあなたに、
遠くから励ましの声を届けてくれたあなたに、
いつも見守ってくれる家族に、


それから、それから。
音楽の力で助けてくれたカズヨシに、


心から、感謝いたします。
みなさんのおかげです。

ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございます。





たくさんの方々と、お目にかかれますように。
カバンたちと一緒に、お待ちしております。
[PR]
by cotomono | 2009-11-16 21:55 | Exhibition | Comments(2)