<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

りんごの唄

a0072072_2315371.jpg


  僕らが手にしている 富は見えないよ
  彼らは奪えないし 壊すこともない
  世界はただ 妬むばっかり

  もしも 彼らが君の何かを盗んだとして
  それは くだらないものだよ
  返して貰うまでもない筈
  何故なら 価値は生命に従って付いている

  彼らが手にしている 富は買えるんだ
  僕らは数えないし 失くすこともない
  世界はまだ 不幸だってさ

  もしも 君が彼らの言葉に嘆いたとして
  それは つまらないことだよ
  なみだ流すまでもない筈
  何故なら いつも言葉は嘘を孕んでいる


  君の影が揺れている 今日限り逢える日時計
  何時もの夏がすぐそこにある証
  君の喜ぶものは ありあまるほどにある
  すべて君のもの 笑顔を見せて


  もしも 彼らが君の何かを盗んだとして
  それは くだらないものだよ
  返して貰うまでもない筈
  何故なら 価値は生命に従って付いている


  ほらね 君には 富が溢れている


         ありあまる富    椎名林檎
[PR]
by cotomono | 2009-05-27 23:05 | Comments(0)

続けてゆく、変わってゆく。

a0072072_2154395.jpg

大橋トリオをBGMに今夜も針仕事。
しばらく途絶えていたオーダーをたてつづけに頂戴し(ありがたい、ありがたい)
休日だけでは追いつかないっぽくなってきた。というか、休日は何かと出歩いてしまい
落ち着いて制作できないでいるだけのはなしだけど...

で、夜に針仕事をした翌朝に決まって思うこと。

“このままキモノ屋さんには行かず制作のつづきをしたい”

でも、いちお小さいながらも組織で働きはじめた以上、
そして、それが生活の糧である以上、
そんなことができるわけもなく、今朝も朝ドラをみてから
モチベーションをあげるためにipodを大音量にして自転車を漕ぐ。


早いものでキモノ屋さんで悉皆という仕事をはじめて丸2年がたった。
仕上げに関してはだいたいできるようになり、新鮮味が薄れてきたのか
ここ最近はルーティーンワークの輪にすっかりはまってしまっている。
そして、アイロンをかけながら、ふと思ってしまうのだ。

“一年後も、おなじはないな” と...


この仕事は好きだし、なるべく続けていきたいと思う。
でも、一年前は胸をはって言えてた言葉がいまはでないでいる。

“キモノ屋さんでの日々があるから、モノづくりができている” と...



ぼやかしてたところを、そろそろはっきりさせる時がきてるのかなぁ。

わたしにとって、
続けてゆくことは、変わってゆくことなんだろな。

どうなりたい?と聞かれても、
変わってゆければいいとしか、答えようがないし。


続けてゆくから、変わってゆける。
変わってゆくから、続けてゆける。

だから、続けてゆけることがいちばん大切なこと。


一年後は無理かもしれないけど、
もう、ぼやかさず、意識していこう。
[PR]
by cotomono | 2009-05-26 22:21 | Comments(2)

siro & moss green

a0072072_1224172.jpg

オーダーものの、新作です。
アンティークコットン(古いカーテン)を使い
手提げでもショルダーでも使えるシンプルなカバンを。

a0072072_12264332.jpg

a0072072_123132.jpg

外側はダブルポッケにして、収納量とカバン自体のボリューム感をアップ。

a0072072_12314042.jpg

a0072072_12315550.jpg

ショルダーにするとこんな感じに。マチはあえて薄めにそっけなく。
というのも、マチを大きくとるといかにもからってます感がでて
キレイにみえないので、なるべく体に添うようにつくっています。

a0072072_12355729.jpg

a0072072_12401086.jpg

内布にはモスグリーンのアンティークリネンを。
ポッケも両面に、大きめに付けてます。
間口の両サイドにはスナップボタンを付けて開き過ぎ防止を。

a0072072_1240387.jpg

上からみたの図。
機能としてのデザインはやはり美しいなぁ...と思う。
オーダーありがとうございました。
[PR]
by cotomono | 2009-05-24 12:44 | Cotomono Works | Comments(2)

ariyaないち日

a0072072_2315324.jpg

きょうは、ariyaという、いい気持ちのする本をつくっている友達が
遊びにきてくれたので、ひさびさにカレーを作っておもてなし。

ariyaは、福祉施設で作られる商品やその活動を紹介する情報誌で、
小さな、小さな本ではあるけど夢と希望のつまった気骨ある一冊。

実はこんど、そのariyaと一緒にものづくりをすることになり、
その打ち合わせを兼ね、きょうもいろんな話しをしたけど、
話せば話すほどに、わくわくが湧いてくる。
ariyaに関わるたくさんの人たちの気持ちをカタチにする以上、
責任は重いけど、ほんとに楽しみで仕方がない。

ariyaは読みものとして純粋に良い本なのだけど、
福祉作業所で作られるもの同様に、なかなか販路が開拓できずにいるのが現状。
それでわたしも何かしら力になれないかな?と思い、
わたしがいつもお世話になっている美容室にお願いしてみることに。

オーナーのワタナベさんは、これまでも
知的障害者通所授産施設であるatelier-bravoの髪を切ったり、
メンバーが描いた絵をお店に飾っていたりして、
暮らしのなかに自然とそういった風景がある人。
ariyaが目指すところを伝えたところ、その思いを汲み取ってくださり、
ariyaを常設してもらえることになった!

もちろん、大手の書店に陳列してもらえれば
印刷代も楽に払えるくらいに利益はだせるだろうけど。

でも、

蟻には蟻の、生きるが故の知恵と希望があり、
それを堂々と、カタチにしていこうではないか...と
秘かに闘志を燃やす、ひとり、いや、ふたりであった。
[PR]
by cotomono | 2009-05-24 00:29 | Comments(0)

続 NO! MOX (署名のお願い)

a0072072_182023.jpg

ともだちが発起人となり署名を集めています。
STOP!プルサーマル、佐賀県玄海原発3号機のプルサーマル計画の中止を求める署名


佐賀県玄海原発3号機で今秋実施される計画が進むプルサーマル計画。
その中止を求めて、佐賀県知事に署名を届けます。

使用済みMOX燃料(ウランとプルトニウムを混ぜたもの)の処理方法が
何も決まっていない中で、実施されれば玄海町は核のゴミ捨て場になってしまいます。

地震大国の日本では、大地震が原子力発電所を直撃した場合、
通常の震災に加え原子力発電所による災害が複合する恐れがあります。

試験なしのぶっつけ本番で、十分な実験検証もされず、
安全性に関するデータが不十分な状況のなかで計画が進んでいます。
一旦事故が起きれば多くの死者を出す大災害になりかねません。

電気は私達にとって大切なもので、
安全安心な自然エネルギーの開発普及をお願いします。

このような趣旨で、県内各地でイベントなどを行いながら、
県内外からの署名を呼びかけていきます。

秋までに計画が実施されようとしていますが、それまでにより多くの署名を集めるべく、
ネット署名の利用も計画しました。



賛同していただける方はどうか、
自分なりの行動をおこしてください。

そうでない方も、いま一度、
原子力発電の本質をよく考えてみてください。
[PR]
by cotomono | 2009-05-22 18:32 | Exhibition | Comments(0)

続 NO! MOX

a0072072_2159257.jpg

22日には着いちゃうらしいんです。
ほっんと、いらんのに。

ということで、負けずに、
続 NO! MOX

いやなら、「いや」と言わねば。

自分の感受性くらい、自分で守れ。
ばかものよ。




以下、転送歓迎*****************************


┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃プ┃ル┃サ┃ー┃マ┃ル┃よ┃り┃ 脱プルサーマルキャンペーン
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫——————————————
┃ ┃カ┃ー┃ニ┃バ┃ル┃!┃!┃ 2009年6月5日〜28日
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

危険な原子力発電やプルサーマル計画よりも、
もっとあるはず、色んなでんきのカタチ。

環境的にも政治的にも国際的にも、原子力発電や核のゴミを使う
プルサーマル計画は危険で良くないし時代遅れだよね…なんて思
いながら、今のわたしたちの生活をガラリと変えてしまうのは大
変だし面倒…。でも、そうやって生まれた「沈黙」は確実に今の
ままの世界を肯定していきます。本当は持っている理想を隠して、
少しだけマシな言い訳をしたり、沈黙に意味のあるフリをするな
んて、カッコ悪いかも…。そう、動かずに黙っていることは、つ
まんない。やってみなくちゃわからない。やってみなくちゃ未来
は作れない。
 危険なプルサーマルより、陽気なカーニバルみたいに「新しい
世界を作ってみたい」と叫んで踊ってみたいのです。
 踊ってしまうくらいの勢いで、未来を変える希望と情報が共有
できるイベントをあなたも一緒に作っていきませんか?


プルサーマル計画とは…

プルサーマルとは、ウラン燃料を燃やすために設計された原子炉
で、ウランとプルトニウム(1gで50万人を肺がんにしてしまう
超猛毒物質)を混ぜて作った燃料を燃やすこと。
 ウラン燃料が自動車としたら、プルトニウムはロケットという
ほど核分裂しやすいので、様々な対策をとらなくてはなりません。
それだけ、原発の安全のはばが減ります。費用もウラン燃料の14
倍、難しくて不経済な計画なのです。

*****

6月5日(金)DVDカフェ
NPO環境未来センター希望
(福岡市中央区薬院4-3-7 大林フローラ薬院2F)

10:00〜「六ヶ所村通信 No.1(「六ヶ所村ラプソディー」製作通信)」上映
11:00〜「六ヶ所村通信 No.2」上映
12:00〜「みえない雲」上映
14:00〜「六ヶ所村通信 No.3」上映
15:00〜「六ヶ所村通信 No.4」上映
17:00〜「東京原発」上映
参加費無料  飲みもの代¥300

*****

6/7日(日)パネル展示+街頭アピール
天神中央公園・食育広場 (福岡市中央区天神 1-1 *アクロス横)〜他
10:30〜16:00 入場無料

*****


6月13日(土)
「六ヶ所村ラプソディー」上映会+藤田祐幸 講演会
ふくふくプラザ5F視聴覚室
福岡市中央区荒戸3丁目3番39号
地下鉄「唐人町」駅下車 4番出口から徒歩約7分
西鉄バス:黒門バス停下車〜徒歩約5分

第1部 9:30 開場
10:00〜12:00 「六ヶ所村ラプソディー」上映会
12:10〜14:10 藤田祐幸 講演会

第2部 14:30 開場
15:00〜17:00
17:10〜19:10

チケット前売¥1,000 当日 一般¥1,500 /
食育推進ネットワーク福岡会員¥1,300

チケット取扱:NPO希望(中央区薬院 TEL.092-522-8332)、
マナバーガー(中央区赤坂 TEL.092-986-0759)、夢広場
長丘店(南区長丘 TEL.092-551-6773)、夢広場マリナ店
(西区豊浜 TEL.092-895-6860)、筥崎公会堂(東区箱崎
TEL.092-633-6862)、自然生活館空の詩(東区和白 TEL.
092-608-9511)、オーガニック広場 ひふみ(古賀市古賀
駅前 TEL.092-944-5755)
※託児所は用意できませんが(みなさんで協力しあいましょう)
どうぞ御子様連れでご参加ください。

藤田祐幸氏プロフィール:
元慶應義塾大学物理学助教授。エントロピー学会所属。物理学
者の立場から、放射能が人体と環境に及ぼす影響を訴え続け、
原発や被曝労働の実態調査、劣化ウラン弾の調査を実施。

*****
6月28日(日)
NPO環境未来センター希望
(福岡市中央区薬院4-3-7 大林フローラ薬院2F)
冨田貴史 ワークショップ

14:00〜 ぶんぶん通信DVD上映(「ミツバチの羽音と地球の回転」製作通信)
15:00〜持続可能な未来を求めてワークショップ

参加費一般¥1,000 食育推進ネットワーク福岡会員¥800
予約:NPO希望 Tel.092-522-8332 f-info@npo-kibo.jp

冨田貴史氏プロフィール:音楽プロダクション勤務、専門学校
講師を経て2005年からフリーに。原子力産業の背後にある地
域格差や人権侵害の実情を知り、それ以来、ワークショップを
全国各地で開く。


賛同団体 : 食育推進ネットワーク福岡/NPO環境未来センタ
ー希望/ちぃむ・うちゅう/九州産直クラブ/NPOたんぽぽとり
で/こちあか/地球のめぐみ/環境政党みどり福岡/(株)地球環
境/いのちと環境を守る福岡ネットワーク/「どんがめ」の会
[PR]
by cotomono | 2009-05-19 22:21 | Exhibition | Comments(0)

ミルク&ハンバート

a0072072_1913935.jpg

GWから遊んでばっかりの週末...

土曜はキリンで映画の割引レシートをもらったので映画をみにゆく。
『ミルク』を観ているつもりだったけど、途中から
『ハーヴィー ミルク』を観てることに気づくも...(笑
よくぞ、ここまで記録してた!ってほど素晴らしいドキュメンタリーだった。
『ミルク』を観ようと思ってる人はこっちを先に観ることをおすすめしたい。

1970年代のアメリカ。
マイノリティのために闘った政治家でありアクティビスト、ハーヴィー ミルク。
ネタバレになるけど、ラストに流れるスピーチにじわっと熱いものがこみ上げてきた。


   希望がなければ、人生は生きる価値などない。
   だから、希望を与えなくては。

   そして、その希望をつくりだすのは、
  
   あなたであり、
  
   あなたであり、
  
   あなた、なのです。



昨日は友達ん家で、わたしたちの“希望”になるであろう
あるイベントの打ち合わせに顔をだす。
いくつになってもこういうことにワクワクできる人でありたいもの。

で、夕方からはずっと楽しみにしてたハンバートハンバートのライヴへ!
偶然にもなつかしい面々と再会!しかも来月には赤ちゃんが!

こころに影をかざしかけていた雲がすっと晴れ渡ってゆくように、
なんともやさしくしあわせで、あったかいライブであった。

みんなに感謝したくなった。
ありがとう。
[PR]
by cotomono | 2009-05-18 19:49 | Comments(0)

ひとつだけ

a0072072_21345676.jpg
ひとつだけ

矢野顕子のなかでも大好きなうただけど、
これは、もう、もう、スペシャル!!!

飾らず、素直なキモチが、いちばん。
キヨシロー、ありがとう。





  欲しいものはたくさんあるの
  きらめく星屑の指輪
  よせる波でくみ立てた椅子
  世界じゅうの花 あつめつくる オーデコロン

  けれどもいま気がついたこと
  とってもたいせつなこと
  欲しいものはただひとつだけ
  きみの心の 黒い扉 ひらく鍵

  離れている時でもボクのこと
  忘れないでいて欲しいよ ねぇ、お願い
  悲しい気分の時もボクのこと
  すぐに呼び出しておくれよ ねぇ、お願い

  楽しいことは他にもある
  満月の下のパーティ
  テニスコートを駆けまわる
  選び抜いたもの集めつくる 中華料理

  けれどもいま気がついたこと
  とってもたいせつなこと
  一番楽しいことは
  君の口から 君の夢 聞くこと

  離れている時でもボクのこと
  忘れないでいて欲しいよ ねぇ、お願い
  悲しい気分の時もボクのこと
  すぐに呼び出して欲しいよ ねぇ、お願い
[PR]
by cotomono | 2009-05-13 21:41 | Comments(2)

Imagine NO MOX

a0072072_2014782.jpg

a0072072_20313410.gif


ぎりぎりになりましたが、お知らせです。
福岡からは貸し切りバスがでます。
行ってみようと思われる方は下記までお問い合わせください。


5.10さがストップ!プルサーマル人文字フェスタに参加しよう


┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃プ┃ル┃サ┃ー┃マ┃ル┃よ┃り┃ 脱プルサーマル・バスツアー
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫——————————————
┃ ┃カ┃ー┃ニ┃バ┃ル┃!┃!┃ 2009年5月10日(日)
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

危険な原子力発電やプルサーマル計画よりも、
もっとあるはず、色んなでんきのカタチ。
そんなカーニバルを作っていこう。

プルトニウムがない世界を。
プルトニウムがなくなれば核兵器はつくれません。
プルトニウムがいらなくなれば再処理工場もいりません。
再処理工場がなくなれば、海や空は放射能で汚染されません。
プルサーマルをしなければ再処理はする必要もありません。
プルサーマルをやめて、幸せな未来をつくりましょう。

と き:5月10日(日)8:30〜17:00
ところ:佐賀県どんどんどんの森公園

8:30 集合 天神(昭和通り・日本銀行前)
もしくは 博多駅(筑紫口・ホテルセントラーザ博多横)
人文字フェスタ当日スケジュール:
10:00 開場
11:00 ライブスタート
13:00 リレートークスタート
14:00 人文字作り
15:00 人文字完成・空撮 県庁へパレード
18:00 博多駅もしくは天神着(予定)

リレートークゲスト:鎌仲ひとみ 田中優 藤田祐幸 アイリーン・スミス
ツアー参加費:おとな 1,500円 / こども 1,000円(席が必要な場合)
定 員:100名(貸しきりバス2台)
申込・問合:TEL 092-522-8336/ 092-567-8350
FAX 092-522-8308 f-info@npo-kibo.jp
主 催:エネルギーの未来 わたしたちの未来 実行委員会

[PR]
by cotomono | 2009-05-07 20:24 | Exhibition | Comments(0)

余宮さん

a0072072_2039015.jpg

きょうは余宮隆さんの器をみにフラパニさんへ。

はじめましてなのに、前から知ってたような気がする人に
たまーに会うのだけど、余宮さんはそんな人だった。
くだらない話しもまじめな話しもふつうにできるような。
とりたてて、あらためて、評価を必要としない人。
そう伝えても、大丈夫だろうと思える稀な人。
うまく言えないけど、そんな風に感じた。


さて、連休もおっしまい。
心すこやかな、いいお休みだった。
[PR]
by cotomono | 2009-05-06 21:50 | Comments(0)