<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

エンデの遺言

a0072072_2139170.jpg

昨夜は一足先に年越し蕎麦をすすり、興味深い映像をみた。


「モモ」や「ネバーエンディングストーリー」の原作を書いたドイツの児童文学作家、
ミヒャエル・エンデが亡くなる1年前に語ったというお金のはなしで、
エンデの遺言というタイトルで1999年にNHKが映像化したものだ。

そのなかでエンデは、環境・貧困・戦争・精神の荒廃など、
現代のさまざまな問題にお金の問題が絡んでいる現代の貨幣システムにふれ、
こんな言葉を残している。



 私が考えるのは、もう一度貨幣を実際になされた仕事や
 物の実態に対応する価値として、位置づけるべきだということです。
 
 そのためには現在の貨幣システムの何が問題で、何を変えなければならないかを
 皆が真剣に考えなければならないでしょう。
 
 人間がこの惑星上で今後も生存できるかどうかを決める
 決定的な問いだと私は思っています。

 重要なポイントは、
 たとえばパン屋でパンを買う購入代金としてのお金と
 株式取引所で扱われる資本としてのお金は、
 2つの全く異なった種類のお金であるという認識です。




皮肉なことに、一部の資本家が株式という得体の知れないお金を
まるで錬金術のように増やそうと思ったばかりに、
町では、今日のパンすら買えない人たちがいる。

やはり、「お金」で「お金」を買ってしまってはいけなかったのだ。



エンデの遺言では、国家が支配する「お金」に対し、
市民がつくりだす「地域通貨」の実例をあげ、エンデがいうところの
“実際になされた仕事や物の実態に対応する価値”としての
お金の在り方を示していて、とても興味深かったし理解できた。

そして、その「お金」とは、
必ずしも「お金」でなくてもいいのだということを。







明日で2008年もおわり。
いち個人としてはじゅうぶん過ぎるほどに、
恵まれた、幸せな一年だった。

来年は、そのいち個人として感じられる歓びや幸せが
“コモン”という精神で実感できるようになりたいなと、
エンデの遺言を観ながら思った。

そう思えることが、何よりの幸せとなるように。
[PR]
by cotomono | 2008-12-30 23:04 | Comments(0)

できることはある。

a0072072_1411349.jpg

年内最後の月曜日。とりあえず、年内に口座だけでもつくっておこうと
朝から「ろうきん」に行くも、わざわざ不便なとこで口座をつくるのが
よほど不思議なのか、行員に何度も口座開設の理由を聞かれ少々うんざり。
「運用や融資がいちばんまともな銀行だと思うから」と思ってるまま答えるけど、
また別の行員がでてきてやたらと不便さを強調するので、
終いには「口座つくっちゃダメなんですか?」と逆切れしてみる。
そんなこんなで出鼻をくじかれちょっと嫌な気分なものの無事口座は開設。
これから、公共料金や保険などモロモロ口座引き落としの変更をしないといけなく、
それも面倒ちゃ面倒なんだけど、面倒くさがってちゃ何も変わらんしね。

ちなみに行員は不便さを強調してたけど、
たしかに「ろうきん」は支店もATMも圧倒的に少ないが、
セブンイレブンのATMを使えば7時〜23時まで手数料無料みたいだし、
システムエラーの多い某メガバンクより使い勝手も良さそう。
なにより、お金の行方が怪しくないのがいちばんいい。



お金といえば、今夜NHKでap bankのこれまでの取り組みがON AIR。
わたしもときどきお手伝いしてる、たんぽぽとりでもap bankから融資を受けたことが
あるそうで、ちょこっと紹介されるみたい?です。市民バンクに興味のある方はぜひ。


そして、パレスチナでは今日も大規模な空爆でたくさんの尊い命が奪われている。
国家という途方もない輩に、市井の民として無力さを思うばかりだけど、
できることはある。

それは、銀行選びひとつにしても然り。
できることはある。
[PR]
by cotomono | 2008-12-29 14:56 | Comments(0)

大掃除

a0072072_14105740.jpg

いい天気につき、朝から師走の大掃除。
窓を拭いてカーテンを洗うと、すっきりとしたいい青空が部屋に広がる。

さて、年賀状の準備でもするかな、しないかな。
[PR]
by cotomono | 2008-12-28 14:48 | Comments(0)

一風変わった忘年会

a0072072_197092.jpg

今年も残すとこあと7日ばかり。
クリスマスとか忘年会とか、世間の浮き足しだった師走モードに
背中をせっつかせれてるよーで、居心地悪いのはわたしだけだろうか。

そうはいいつつ、
先週末は一風変わった忘年会にお呼ばれ。
普段はお年寄りのデイサービスをしているという一軒家で
25歳から75歳までの面々が集い、みんなで餃子を皮から手作りし
焼き餃子や水餃子をたらふく堪能。

壁にはお年寄りが綴ったというユーモラスな川柳が貼られ、
ほぼ初対面ながら親戚ん家みたいなあったかい雰囲気のなか
ギター片手に歌い出すおじさんやおばさまたち。
自己紹介タイムでは、人に歴史あり!とそれぞれの物語があり、
まだまだわたしも大丈夫、となんだか勇気をもらった気がし
ついつい調子にのってビールにワインとあんまり飲めないのに飲み過ぎ、
終いには酔いつぶれ布団を敷いてもらい、ぐーぐーと一眠りしていた(笑)

気のおけない友と集うのもいいけど、
たまにはこうしてよく知らない者どおし酔っぱらうのもいいもんだし、
普段は接点のない、だいぶ上の世代の人たちと気楽にお話しできたことは
それはそれで貴重なことのように思えた忘年会であった。




写真は『暮らしの手帖』
BOOKS KUBRICKkrankも載ってたのでひさびさ買いましたー。
[PR]
by cotomono | 2008-12-23 19:43 | Comments(0)

良いもの

a0072072_2349196.jpg


「良いもの」とは、
人に金を出す気にさせるものであるまえに、
自分でも何かをやってみようという気にさせたり、
つくる喜びを人と分かち合えるもの。



"The good thing"

Before letting you pay a person money,

Oneself lets a feeling to want to try something do it and,

I virtually share joy to make with a person.
[PR]
by cotomono | 2008-12-16 23:49 | 覚え書き | Comments(0)

ろうきん

a0072072_2021477.jpg

2年ほど前、田中優さんの話しを聞いた折り、
営利を目的としない金融機関ろうきんの存在を知った。
でも、知っただけで行動に移せずにいた。


お金は人を幸せ?にもすれば不幸にもする。
良かれと思ったことでも、まわりまわって、誰かを傷つけることも。
それよりなにより、銀行に預けているお金がいったい何に使われているのか?
わたしはなーんにも知らない。

「サブプライムローン」
こんなコトバ、1年前までは聞いたこともなかったけど、
そのおかげで職を失い家を失い、行き場のない人らが大勢いる。
もちろん、セーフティネットがない社会構造自体が問題だけど...
これも、間違いなく「お金」が引き起こした不幸だろう。


正直なとこ、お金のことはよくわからないし金利なんてどうでもいいので
便利でありさえすれば銀行はどこでもよかった。
でも、そういう自分の在り方そのものが、社会であり世界の一端なのだ。


すこしぐらい「不便」な自分になろう。
そのぶんだけ「希望」は広がる気がする。
[PR]
by cotomono | 2008-12-15 21:23 | Comments(0)

今年もりんご便り

a0072072_21313654.jpg

今年も青森からりんごの便りが届いた!

風邪のひきはじめか、今日いちにち体がだるかったので
ビタミン補給と早速ひとついただくと、さわやかな甘みで実においしい。
真ん中に蜜があるのって、むつって種類だったかな?

たくさんあるので、ご近所さんや友達にもお裾分けして
久しぶりにジャムを作ろうかな。
りんごジャムははじめてなので、楽しみ。

ちづるさん、今年もりんご便りをありがとう。
[PR]
by cotomono | 2008-12-09 21:44 | Comments(3)

GNH

a0072072_19143012.jpg

極寒の土曜日は、ナマケモノ倶楽部の辻信一さんの講演会へ。
会場となったのは、西南大学のそれはそれは立派なチャペル。

そんな立派すぎるとこで、原発と自然エネルギーをテーマにした紙芝居を
またもややってしまった...(辻さんの講演の前座だそうで)
大人数のまえでちょっと恥ずかしかったけど、観に来た友達には
だいぶ上手になったと誉められた?ので、まぁ、いっか。


で、肝心の辻さんのお話は...
半分くらい寝てしまっていた(笑)ので、
なんたらとここで書くことはできませんけど。
ひとつだけ、いいことを教えてくれました。

それは、ブータンのGNHのはなし。


ブータンでは国の豊かさを、
GNP(国民総生産)ではなく、
GNH(国民総幸福量)で示そうというのだ。

そう、
product(製品や商品といったお金で換算されるもの)の「P」ではなく、
happiness(幸福)の「H」。

それも絵空事ではなく、
ちゃんとブータンの憲法(それも偶然にも9条)に盛り込まれているそうで、
国民が政府に対して、GNHを強いることができるのだ。

思えば、あたりまえのことなのだが、
やっぱり、すごい。


もちろん、お金は大事じゃない、とはいえない。

でも、「まずは、景気(お金)だ!」なんて、
もういってるばあいじゃないですよー。
[PR]
by cotomono | 2008-12-08 20:17 | Comments(0)

個展の風景 〜その5〜

a0072072_18443213.jpg
a0072072_18444925.jpg
a0072072_1845331.jpg
a0072072_18452180.jpg
a0072072_18453846.jpg


photo:misa shigematsu
[PR]
by cotomono | 2008-12-07 18:48 | Cotomono Works | Comments(0)

個展の風景 〜その4〜

a0072072_18361548.jpg
a0072072_18362595.jpg
a0072072_18363894.jpg
a0072072_18365318.jpg
a0072072_18385162.jpg
a0072072_1839757.jpg
a0072072_18392481.jpg


photo:misa shigematsu
[PR]
by cotomono | 2008-12-07 18:39 | Cotomono Works | Comments(0)