<   2008年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ありがとう

a0072072_20433917.jpg

10月29日

今年も無事にこの日が迎えられました。
おめでとうを届けてくれて、ありがとう。
[PR]
by cotomono | 2008-10-30 20:45 | Comments(2)

応えていきたい。

a0072072_18534958.jpg

昨日は友達と友達の子どもちゃんと御供所ライトアップに出掛けるも、
楽しみにしていたぶん、正直がっくりきた。
2年前はライトアップされた聖福寺でジャズの無料ライブなど
小さな寺町のエリアながら、なかなかどうして洒落たことをしてくれるなぁと
感心したものだが...。
なんと今回は500円も入場料をとったうえに、たいした“灯明”もなく、
薄暗いなか、人ごみにもまれるだけであった...。

あ、でも夜の花屋さんはとってもすてきで、久しぶりに写真をぱしゃぱしゃ。
吾亦紅やアゼ茄子といった秋の彩りをお土産に連れて帰り、
うちにも小さな秋がやってきた。





さて、個展のDMを差し上げた方々から、お便りやメールをたくさん頂きました。
この場をかりて、お礼を申し上げます。本当にありがとうございます。


今日、職場でお昼のワイドショーを観てたら、
スケートの安藤美姫さんが出ていて、こんなことを言っていた。

“思うような結果がだせず何度も辞めようと思ったけど、応援し支えてくれる
 まわりの人たちの気持ちに応えるにはスケートしかないから、スケートで
 応えていきたい。”

もちろん、安藤さんとわたしではいろんなことが違うけど、
不思議とその気持ちはよくわかる。


いちお、昨日までで目標としていた数は作れたし、
やれることはやったのでもういいかなと思っていたけど、
今はできる限り、もうひとがんばりしようと思っている。

個展に至るまでには、ほんとうにたくさんの方から気持ちをかけて頂いた。
その気持ちに応えるには、つくることしかないから、
わたしはつくることで、応えていきたい。
[PR]
by cotomono | 2008-10-27 20:01 | Comments(0)

F.T.B * maruzoko

a0072072_12551988.jpg

軍モノリネンで自分用に丸底を。
これで丸底は3つ目なので、だいぶ要領を得てきました。

a0072072_12571381.jpg

使っている素材はすべて肩掛けと同じで、
ぐるりとポッケで囲むタイプ。

a0072072_12585670.jpg

a0072072_12591327.jpg

紐の閉じはこうなっていて、長さ調節はできません。
以前は移動カンを付けて調節できるようにしてましたが、
バッグの紐の長さを変えることはほとんどないと思うので、
最近はずっと固定でやってます。

a0072072_133397.jpg

底だけ白を貼りました。
白をすこし入れると、グレーだけで作るより表情がでます。
[PR]
by cotomono | 2008-10-26 13:05 | Cotomono Works | Comments(0)

ざっくりbag * katakake

a0072072_1662545.jpg

こちらも個展用にざっくりbag * totoと同じ素材でつくった、
ざっくりした肩掛け。A3がらくらく入ります。

a0072072_1610420.jpg

マチは薄めに。わたしの感覚でしかないですけど、
肩掛けの場合マチの幅が広いと疲れやすい気がしてます。
なるべく体に添う方が見た目もキレイかと。

a0072072_16144098.jpg

内布もtotoと同じくベーシックなチェックを。
大きめのポッケ付きで、両サイドにはスナップボタンを付けているので
開き過ぎを防ぎます。

a0072072_16163637.jpg

あまりにシンプルになってしまったので、陶器の小鳥をサンプルで付けてみました。
お好みで、ぞうやらきりんやららいおんやら付けてもかわいいかも。
[PR]
by cotomono | 2008-10-25 16:21 | Cotomono Works | Comments(0)

F.T.B * katakake bag

a0072072_14342391.jpg

shikakui bagにつづき、軍モノリネンで個展用に肩掛けバッグを。

a0072072_14383217.jpg

shikakui bagを作っているとき、これを半分に折ったらかわいいかなぁと
思っていて、shikakuiとほぼおなじサイズ。

a0072072_14411547.jpg

いつもながら、紐の長さは調整できません。
短めに体に添う感じです。

a0072072_14432462.jpg

後ろ姿はこんなんです。
紐をしっかり固定するために色々考えて、こんな姿に。
ちなみにポケットにもなってます。

a0072072_14491315.jpg

内布はチェックのリネンを。
紫を合わせたくて、でもあんまり重くはしたくなかったので、
白地の多い大きめのチェックを合わせました。
[PR]
by cotomono | 2008-10-25 14:53 | Cotomono Works | Comments(0)

チャリティヘアサロン・スネガビーク2008

a0072072_20511964.jpg

早いもので今年もこの季節がやってきました。
秋の風物詩化しつつある、チャリティカットのご案内です。

NGOや国際協力とかいうと、ちょっと敷居が高いですけど、
この世界にあふれている“かなしみ”に、ただただ失望してしまうくらいなら
自分ができることを、自分のやりかたでできたらいいなと思っています。
それがただの自己満足であっても、そこには確かに希望があると信じて。

ちなみに、スネガビーク( СНЕГАВИК )はロシア語で
「雪だるま」「雪の精」という意味だそう。



++++++++ 以下、転送歓迎 ++++++++++++

┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃オ┃シ┃ャ┃レ┃心┃ プロ美容師が贈るチャリティカット
┣━╋━╋━╋━╋━┫———————————————————
┃が┃命┃を┃救┃う┃2008年11月3日(月祝)10:00〜15:00
┗━┻━┻━┻━┻━┛  

☆★☆★☆チャリティヘアサロン・スネガビーク2008★☆★☆★

   〜人の役に立つオシャレってかっこいい!〜

NPO法人 チェルノブイリ医療支援ネットワーク       
   
**今年もやります!!【大好評予約受付中】**

(日 時):2008年11月3日(月祝)10:00〜15:00
(場 所):大村美容専門学校オムニス・スタジオ
       (福岡市中央区大名2−1−35−2F)
(料 金):1500円(シャンプー、カット、ブロー)
       ♪オーガニックコーヒーとクッキーのおまけ付♪
a0072072_20522037.jpg

プロのスタイリストさんに髪を切ってもらうだけで、その収益が
チェルノブイリ原発事故被害者への医療支援活動に使われます。
オシャレに、気軽に、国際協力をしてみませんか!

 *ベラルーシの福祉工房「のぞみ21」の雑貨も販売します!
 *イベント運営ボランティアも募集しています。ご連絡ください

 ・パーマ、カラーなどはありません。
 ・予約は先着順です。どうぞお早めに!!
 ・当日受付は14:30までです。ご予約の方が優先となります。

  ご予約の際には、必ず以下の情報をお伝えください。
   ・お名前
   ・性別
   ・年齢(10歳未満・10代・20代…など)
   ・連絡先(メールアドレスまたは電話番号)
   ・ご希望の時間帯(10時〜14時半までの30分刻み)


 ★主催・お申込・お問合せ
  NPO法人 チェルノブイリ医療支援ネットワーク 事務局
   TEL/FAX 092−944−3841
   E−mail jimu@cher9.to
[PR]
by cotomono | 2008-10-21 21:32 | Comments(0)

F.T.B * shikakui bag

a0072072_16554052.jpg

軍モノのリネンを使って、個展用にシンプルな四角いバッグを。

a0072072_16571941.jpg

生地は700×840の規格サイズみたいで、上下はミシンで端処理がしてあるので
おそらく、これ一枚で色々と対応できるように作ってあるのだと思います。
生地の左端に「F.T.B 1954」と刻印が打ってあるとこをみると、半世紀前のもの。

a0072072_1781337.jpg

marcelloさんに教えてもらったのですが、昔は生地を長さではなく重さで
売り買いしていたので、アンティークものはしっとりと重さがあるのが特徴。
この生地も同様に重さがあり、それが質感となって現れています。

a0072072_171461.jpg

内布には、臈纈染めの羽織(正絹)を解いて使っています。
赤と紫がまじったような微妙な色合いで、いかにも手描きな柄が
甘すぎず渋すぎず、“和”しすぎてないのが、ちょうどいい感じです。
これもアンティークなので、裏地にシーチングを貼って補強を。
接合部には白を使って(補強プラス)グレーとのバランスをとりました。

a0072072_17261035.jpg

マチはとらず、あくまで薄くシンプルに。
取手は共布にせず、あえて木綿の白をもってきて、
すこし、遊びをいれました。
[PR]
by cotomono | 2008-10-19 17:33 | Cotomono Works | Comments(0)

ひとつひとつ、いろいろで、まる

a0072072_22504315.jpg

個展用の作品に付ける、Cotomonoのネームプレートを
工房まるで作ってもらいました。


前の仕事を辞めてしばらく休んでいた頃、よく「まる」に遊びに行っては
メンバーやスタッフのみんなとたわいのないおしゃべりをしながら、
これからどうしようかな〜と、自由と不安とのあいだで悩んでいた時期があって...

ちょうどその頃、ある方から鞄のオーダーを頂いていたものの、
決めてとなる何かがみつからず、なかなか手が動かせずにいたのだけど、
たまたま目にした「まる」メンバー“あっきー”のある行為がヒントになって、
パズルのピースがはまったようにそこから一気に作り上げたことがあった。

その行為というのが、まるくこねた粘土を“ぽいっ”と放り投げ
落ちてできたカタチをそのままに穴を空け釜で焼き、
それを陶器のボタンにするという、ひとつの作品。
名付けて「あっきーの落としモノ」(わたしが勝手に呼んでるだけ)

最初はその陶器のボタンを自分の作品に使おうかとも考えたけど、
それだと、「モノづくり」としてのあっきーとわたしが対等で
なくなる気がしたので、本当にわたしが求めているものをあっきーに
作ってもらおうと思い、いつか自分の個展をするときがきたら、
あっきーの落としモノでCotomonoのネームプレートを
「仕事」として発注しようと決めていたのだ。

ちなみに、ひとつ300円。
作品に値札はまだ付けていないけど、全てにこのプレートを付け
300円を含んだ値段を付けさせていただきます。


できあがった、あっきーの落としモノは
どれひとつとして同じ顔はなく、とてもいい。


“ひとつひとつ、いろいろで、まる”


ふつうでいて、たいせつなことを教えてくれているみたい。



*個展のおしらせ*
[PR]
by cotomono | 2008-10-18 23:54 | Comments(0)

おくりびと

a0072072_2152196.jpg

大仰なことは特にしていないのに、なんだか体が疲れてるみたいで。
つくづく容量の少ない人間だなぁ...と思う今日この頃。
いろんなことをいっぺんにもてないのだな、わたしは。


で、気分転換にレイトショーを観て来た。

おくりびと

なにやら、モッくんが10年前にたまたま遭遇した納棺士の仕事をみて以来
あたためてきたテーマだそうで...

その、モッくんの演技がすこし大げさだったのが気になったけど、
ワンシーン、ワンシーンが、すごく好きな映画だった。
とくに食べたり飲んだりするシーンがすごくいい。
そこに自ずとこの映画のテーマが現れていた気がする。

山形県庄内地方を舞台に描かれているのだけど、
やはりわたしは暖かいとこより寒い場所に惹かれるみたい。
もうだいぶ昔にみた映画、岩井俊二監督の「ラブレター」の
寒さぐあいもよかったなぁ...


あぁ、寒さが恋しい。
はぁ〜...と、白い息がしたくなった。
[PR]
by cotomono | 2008-10-18 02:33 | Comments(0)

ざっくりbag * toto

a0072072_2258190.jpg

こちらも個展用にアンティークのリネン素材でざっくりした鞄を。

a0072072_2302031.jpg

淡い黄色をしたものすごい大判の生地で、
一度marcelloで洗ってあるみたいで、全体にシワが寄ってます。
それがとても味があるので、ざっくり大きく作りました。

a0072072_2329115.jpg

a0072072_23375980.jpg

内布には、ベーシックなチェックを。
とにかく間口が広いので、開き過ぎないように
両サイドはスナップボタンで閉じられるようにしてます。

a0072072_2332275.jpg

短い取手の割に本体があまりに大きくて、
持って歩くと、まるで鞄がひとり歩きしてるようにみえるかも?
[PR]
by cotomono | 2008-10-16 23:40 | Cotomono Works | Comments(0)