カテゴリ:覚え書き( 16 )

アマナとカムナ

a0072072_2154392.jpg

Twitter「もののケのしおり」より抜粋させていただきます。

しおりちゃんの言ってることは正直よく分からないのですが、
ただただ興味深く、気になるキーワードがいくつも出てくるので、
バラバラになっているものが、いつかつながるかもしれないので
覚え書きとして記しておきます。


:::


「目次と内容」

生の目次とは、菱形が30個ある菱形30面体(青い火)
生の内容とは、五角形が12個ある12面体(赤い火)
この2種類の記憶を合わせてアマナという人
その丸い火の心が形となって表れたのが地球と地球の中心点・・・
鉛から始まる92種類の元素と裏のアミノ酸

死の目次とは、落ちる五角形を表した20面体(黒の水)
死の内容は、五角形が花のように開いた12ー20相貫体(透明の水)
死の目次と内容の2種類の記憶を合わせて、カムナという人
丸い水玉のような死の心が形で表れると月の裏側(表側ではない)
ウランから始まる92の元素と表のアミノ酸

死の目次と内容の記憶が書かれた丸い本
生の目次の内容の記憶が書かれた丸い本
死の球と生の球がセットで双子・・
たんぽぽがたんぽぽのまま地球で花が咲くのに必要な本
死の球と生の球のセットがもう一組みあると十字架
たんぽぽの横では、別の地球でひまわりの花も咲いている
ここで地球は2つ

種があって花が咲くという本の性質は同じだけども、
たんぽぽとひまわりの記憶の違いがお互いわからないと、
たんぽぽなのにひまわりの花が咲いたりして、
自分が自分の花が咲く事がわからなくなると困ってしまう・・
だからそれを確認し合うためには最低限双子は2組必要、
というのを表したのが十字架

私達人間の中には存在した事がない最初の十字架の記憶、
この図書館や本屋にも売っていない(地球上では現れた事がない)
死と生の記憶を感じるために・・・
たんぽぽが咲く地球か、ひまわりが咲く地球か、
自分の性質に合わせて、どちらかの地球に向かう・・

死の目次には、生の内容が書かれており、
生の目次には、死の内容が書かれている・・・
黒の中の白の中の黒。白の中の黒の中の白
「根!(水)」といえば、「茎!(火)」と合言葉を
言い合える事ができるもう1人の自分
月と地球の暗号は解かれており、
全ての人に貸し出し可となっている・・



:::


すべての人に貸し出し可となっている?



























































::
[PR]
by cotomono | 2017-02-01 21:26 | 覚え書き | Comments(0)

TORUS

a0072072_23273732.jpg


ヒ フ ミ ヨ イ
マ ワ リ テ メ ク ル
ム ナ ヤ コ ト
ア ウ ノ ス ベ シ レ
カ タ チ サ キ
ソ ラ ニ モ ロ ケ セ
ユ ヱ ヌ オ ヲ
ハ エ ツ ヰ ネ ホ ン
カ タ カ ム ナ


























































::::
[PR]
by cotomono | 2017-01-25 23:40 | 覚え書き | Comments(0)

素数+1

a0072072_044059.jpg

1/2 , 2/3 , 3/5 , 4/7 , 5/11 , 6/13 , 7/17 , 8/19 , 9/23 , 10/29

というわけで、10番目の素数は29になり、それをカレンダーに当てはめると、
10月29日の今日は、私の誕生日です。

ちなみに「私」を古い辞書で引くと「嘘つき」で
誕生日の「誕」は「偽り」という意味があるので、つまり、
私の誕生日とは、「嘘つきの偽りが生まれた日」となるわけで、
それはそれでなんだか笑っちゃいますが、、、

ま、それはさておき。

この半年にわたり、素数について考えを巡らせてきたのですが、
ここにきて、ひとつの着地点がみつかったので、覚え書き的に記しておきます。
かなり形而上的な話になるので苦手な方はスルーしてください。笑




はじめに、「素数」と「星」はカタカムナ(言霊)でみると、
どちらも「数霊70、調和そのもの」となります。

素数と星は言霊(音)でみると同じ周波数を持っているのです。
わたしはこのことに気がついたとき、心からときめきました!

素数は、その難解さから「孤独や孤高」といったイメージがあるけれど、
音の周波数でみると、調和そのもの、になる。


そう、確かに、素数に「+1」をすると必ず偶数になります。
もっと正確に言うと、最初の素数である2で割れる双子の数字が
新たに生まれます。

1と自分以外の数字では割り切れなない孤独の素数が、
「+1」をすることで、双子と出会える。

そんな風に考えると、どんな数字とも調和、
ハーモニーを奏でることができるのが素数なのかも。


そして、その「+1」を現象として表すならば、それは
何かを創ろうとするはじまりの意識であり、それが意図(糸)付けされ、
図形(カタチ・現象)として浮かび上がってくるようなイメージ。
なぜなら、意図という言葉には、予め「図」が含まれていて、
おもしろいことに「素」という字の半分は「糸」でできています。


先日、ある方に面白いですよ!と薦められyoutubeにあがっていた
「リーマン予想」を観たのですが、映像の前半、素数の謎に挑戦した名だたる
数学者たちがその壁を前に精神を病み、文字通り孤独の淵に追い込まれる姿が
映し出されていましたが、後半、素数の謎に純粋に興味を抱き続ける者達が、
数学という枠を飛び超え、様々な分野の学者たちと一緒に素数に取り組む姿が
映し出されていました。

わたしはそれこそが素数の魅力であり、素数の謎とは、素数「+1」に、
この世界に生きる人間ひとりひとりが気づくことじゃないかな?と思いました。


素数とは、まるで夜空に光る星のような存在で、遠く離れた光と光、星と星とを
糸で結び星座をつくるようなことが、素数には隠されているのかもしれません。
それはまるで「星の航海図」のようでもあり、それを使う者それぞれにとって、
人生の航海図となっていく、そんなイメージ。

数学者ではない自分は、素数の謎を数学的に証明する術を持っていませんが、
素数の謎を解くとは、素数を孤独という囲いから解放し、新しい星座をつくるような
ことなのかもなぁと思うと、、、これはちょっとうれしくなります。笑


今年のはじめ、ある人に、あなたの名前は謎を解くことに関係している、
つまり「素数」だと言われ、その時何故だかわからないけど、
直感的にカタカムナだ!カタカムナをやりなさいと誰かに言われた気がしました。

素数を数学的にみることはデフォルトされた視点ですが、それを音(言霊)として
みることを以て、素数には、実は双子の存在がいることを発見?したのです。

もちろん、この証明を数学的にすることは未来永劫できないでしょうから、
自分は自分の人生を創造することで、それを証明していこう、いくのだなぁと
日々妄想を膨らませています。笑



というわけで、、、
無事お誕生日を迎えることができた10番目の素数のもとに、
今夜、サプライズで一輪のバラの花が届きました。

ありがとう。

そして、
おめでとう。
[PR]
by cotomono | 2016-10-29 00:57 | 覚え書き | Comments(0)

群れから離れなさい。

a0072072_22561432.jpg

Be separated from a crowd.
Grow without becoming a crowd in a group.
Advance by your step.
By your step that is only the only person.

-Alexandro Jodorowsky

群れから離れなさい。
群れの中で群れとならず生きなさい。
君の歩みで進みなさい。
ただ唯一の人である、あなたの歩みで。

-アレハンドロ・ホドロフスキー

[PR]
by cotomono | 2014-07-01 22:59 | 覚え書き | Comments(0)

The real face of the happiness

a0072072_20563392.jpg


Because you are gentle to oneself, when that you were child,
"the time" that was a friend comes back and may be a chance to
lend the hand.

The eyes of another person make the time
when another person pushed it,
but "the power that is going to make oneself happy"
to come over from one's inside generates the time
that there was in one's consciousness in your soul.

In that way I think that the word "happiness" throws away
the mask of an insubstantial idea and shows the real face
when time just matched the dress length of your soul.





あの、きみが小さかった時に友達だった「時間」がかえってきて、
きみが自分にやさしくするために、手を貸してくれるきっかけになるかもしれない。

他人の視線は他人がおしきせた時間をつくるが、
自分の内側からやってくる「自分を幸福にしようとする力」は
自分の意識にあった時間をきみの魂のなかに生成する。

そうして時間がきみの魂の身丈にぴったり合ったとき、
「幸福」という言葉が空疎な観念の仮面を捨てて
素顔を見せてくれるのだと思います。


ガメ・オベールの日本語練習帳_大庭亀夫の休日「Je suis comme je suis」








The time is life.
「時間」とは、「生命」なのです。
[PR]
by cotomono | 2014-04-13 21:16 | 覚え書き | Comments(0)

The truth in oneself

a0072072_209022.jpg

I will never the study by learning the method that only oneself
lives for conveniently, and the world will perish if it is study to meet
one's success in life, one's worldly desires.

Ancestors of the human discover it, and there is not a meaning only by
performing copy & paste strike of the knowledge that I built to oneself.
Even if the person having it even a little is thought to be excellent
from the world, it is nothing more.

Without discovery construction for oneself considered to be good for
the human more from there of the study nonsense; do it,
and only collect the knowledge that copy & paste did,
and is useless if do not move it to the action.

Therefore it is important to carry it out if even only one wants to
do it this way.

It is much better than having performed copy & paste of
1 million times of knowledge.

If person alone cannot do many things so much and is going to save
much knowledge, with that alone the head becomes full.

I bring from oneself, and it becomes thin, and a heart to create
becomes unable to thereby move when not said from a person.

Are there recently many such youths?


Only one which oneself is born in the world and cursed should know
that it is the valuable person whom there is not and thinks that
you should work hard to keep oneself such as valuable treasure alive.

It will be what's called confidence to believe oneself.
At first I believe oneself and am to develop oneself by oneself
before praying to the gods and Buddha.

In addition, it is an earthquake(JISHIN) ,
and confidence(JISHIN) is to let one's heart vibrate.

I give it up whether the person who does not have to let you
vibrate is satisfied with the present conditions as such if hopeless
though I am dissatisfied or am either.

I am virtually dead in this.
Nothing advances and does not improve.
At first oneself will become worthless.

The vibration does not come out of satisfaction and reconciliation.
It comes out of only the heart for own better direction.

The vibration goes up and down, and there are right and left and
every object, but it is the repetition that I perform the meantime,
and comes, and the distance that I go, and comes becomes
the amplitude.

It is toilsome to greatly make the amplitude,
but if other people notice it, will surprise it,
and let do the amplitude in the people; help.

It becomes good for oneself before long.
It is up to oneself whether I perform way of life that died,
or you perform way of life that it gave life to.

-Hiroshi Hirata


学問は、自分だけが都合よく生きていく方法を学ぶことでは決してないだろうし、
自分の出世、自分の物欲を満たすための学問なら世界は破滅するだろうね。

人類の先祖が発見し構築した知識を、自分にコピー&ぺーストしているだけでは
意味がない。それがいくらかでもできている人は、世間から優秀と見られても、
それはそれまでのこと。

そこからさらに人類のためになると思われる自分なりの発見構築がなければ
学問の意味がないし、コピー&ペーストした知識をためているだけで、
それを行動に移していかなければ役に立たない。

だから、たったひとつでも、こうしたいと思ったら、それを実行することが大事だ。
それは知識を百万回コピー&ペーストしたことよりもはるかにいい。

人一人はそんなに多くのことはできないし、いっぱい知識をためようとすれば、
それだけで頭は一杯になる。

それによって、自分から産み出し、創造する心が希薄となり、
人から言われないと動けないようになる。

そういう若者が近頃多くはないか?


自分はこの世に生まれたたった一つしかない貴重な人だということを知るべきで、
貴重な宝のような自分を、活かす努力をしてゆくべきだと思う。

自分を信じることが自信というものだろう。
神仏に祈る前に、まず自分を信じ、自分で自分を開発してゆくことだ。

また、自信とは地震でもあり、自分の心を振動させることだ。

振動させる必要がない人は、それなりに現状に満足しているか、
不満だけれども、どうしようもないと、あきらめているか、どっちかだ。

これでは死んでるも同じだ。
何も進まないし、よくならない。
まず、自分がつまらなくなるだろう。

振動は、満足やあきらめからは生まれてこない。
よりよい方向を求める心からしか生まれない。

振動は上下、左右とあらゆる対象があるが、
その間を行ったり来たりする繰り返しのことで、
その行ったり来たりする距離が振幅となる。

大きく振幅することは、しんどいことだが、他の人がそれに気づけば、
驚かせることになるし、その人をも振幅させる力になる。

やがてそのことは自分にとって楽しいことにもなる。
死んだような生き方するか、活きた生き方するかは、自分次第だね。

-平田 弘史

MOMOO.TV#064 「真実」は自分の中に

[PR]
by cotomono | 2014-04-05 20:26 | 覚え書き | Comments(0)

the universe of self-education

a0072072_12445062.jpg

I think that it is the universe of splendid self-education.
We own by nature the technology that we can learn without a school
to be able to work without a company.

Besides, current we have parts of the hardware of all necessary
ready-made articles in our hand.

It is only“ know why” to unify it that neither the buying and
selling nor the possession is possible to be missing alone.

When it is felt so, all people overflow in creative talent.

 -Yasushi Kajikawa


それはすばらしい自己教育の宇宙だと思う。
われわれは生まれながらに、会社がなくても仕事ができるように、
学校がなくても学習はできるテクノロジーを所有している。

しかも、現在のわれわれは、
必要なすべての既製品のハードウェアのパーツを手にしている。

唯一欠けているのは、売買も所有もできない統合するための「ノウホワイ」だけだ。
そう感じられるとき、すべての人はクリエイティブな才能に溢れている。

 -梶川 泰司
MAMMO.TV #210世界を探査するモバイラーは
ノウホワイ(know why)と対話する。

[PR]
by cotomono | 2014-03-09 12:53 | 覚え書き | Comments(0)

innocent

a0072072_0305917.jpg

肝要なことは何かを成就することでも、
あるいは目指す何者かになることでもなく、
天真爛漫でしなやかな精神のあり方である。
 
 -ジッドゥ・クリシュナムルティ


A vital thing is to accomplish something, but,
Or it is not to become someone aiming,
It is attitude of innocent, flexible mind.

 -Jiddu Krishnamurti


[PR]
by cotomono | 2014-01-14 00:33 | 覚え書き | Comments(2)

熱風

a0072072_20235754.jpg

スタジオ ジブリ小冊子『熱風』7月号特集 緊急PDF配信のお知らせ
『熱風』2013年7月号特集「憲法改正」(852KB)


すべての「表現」の根幹にあるものは、平和です。
無条件の、生の肯定です。
顳顬に銃を突きつけられて、いったいどんな「表現」ができますか?

おおげさだとおっしゃるかもしれませんが、
そのことをimagination(想像)できなくて、
いったい、どんなcreation(創造)ができますか?


そんな「生きる」ことへの切実さを欠いた人間の表現など、
申し訳ないけれど、全部うそだと思います。

わたしは、ずっとその想いでカバンを作ってきました。


美しいものを、つくろうと思います。
平和を、つくろうと思います。


それが、わたしの「表現」だから。
[PR]
by cotomono | 2013-07-18 20:06 | 覚え書き | Comments(2)

内なる声

a0072072_23332289.jpg

ひとりきりで作っていると、ときどき、
どうしようもない孤独と不安に押しつぶされそうになる。

でも、そんなときほど、内なる声が聞こえてくる。
何度も何度も、それは聞こえてくる。

「その先に、わたしがなすべきことが、必ずある」と。


8年前、つくろうと決めたときも、
そんな声が、たしかに聞こえていた。
それは、いまよりもっと小さな声だったけど、
わたしはそれに従った。


内なる声に、耳をすまそう。
聞こえてくる、その声に。







 点と点を将来に向けてつなげていくことはできない。
 できるのは過去を振り返ってつなげることだけだ。
 だから今はただの点であっても、
 将来は何らかの形でつながっていくと
 信じなければならない。
 自分の根性でもいいし、
 運命、人生、カルマ(業)でも何でもいい。
 とにかく信じることだ。
 


 自分自身の内なる声を、
 他人の意見によってかき乱されてはいけない。
 最も大事なのは、
 心の声、直感に従う勇気をもつことだ。
 内なる声、直感は君が本当になりたいものを、
 なぜだか知っているんだ。

               Steve Jobs


[PR]
by cotomono | 2010-03-05 00:09 | 覚え書き | Comments(0)