企画展のお知らせ

a0072072_1712712.jpg

9月と10月にグラフィックデザイナーの松尾浩一さんと「ことまつ」名義で
企画展を開催いたします。詳しくはコチラをご参照ください。

タイトルは「位相」

位相の【相】とは(すがた・みる)の意味があり、心のなかにその形容を
思い浮かべることを「想像」というそうです。

ちなみに(すがた)は、ふつうに漢字を当てるとしたら(姿)となるのでしょうが、
自分は、(素形)をイメージしています。

目には見えないけれど、ある、もともとの(すがた=素のカタチ)

まぁ、といってもそんなに凝ったことはできないので、松尾さんとふたり、
気張らず気楽にやりたいと思っています、、、笑。


























::
[PR]
# by cotomono | 2017-08-02 17:29 | Exhibition | Comments(0)

a0072072_201152.jpg

さて、熊本は橙書店さんの展示会、無事に終えることができました。
猛暑のなか、お越し頂いた皆様、お力添え頂いた方々に感謝です。
展示会中のあれこれはコチラに上げてますので、ご興味のある方はどうぞ。


あぁ、しかし、展示会を終えたばかりだというのに、
熊本への想いは募るばかり、、、笑。

熊本で展示会をさせていただくようになった5年前から、
いつか熊本で暮らしたいとほのかに想いを抱くようになったのですが、
昨年、江津湖という、とんでもなく美しい水場の存在を知ってからというもの、
その想いは加速の一途を辿っています。。。

大げさかもしれませんが、この水の近くならば、
この先、どう人生が転んだとしても、生きていけると思うほど。


いづれにせよ、いまいる場所から離れる時期にきているようです。

水が呼んでくれると、いいな。




































::
[PR]
# by cotomono | 2017-08-01 02:24 | Comments(0)

the priceless key

a0072072_22445464.jpg

翻訳の仕事もされてあるネイティブの先生に、去年書いた「星と素数」の物語を
翻訳していただいた。半年間、先生に英会話の個人レッスンを受けるも、
元来が習い下手な性格もあって、先生に習っていることに甘んじて自ら学ぶことを
さぼっている現状があり、このままダラダラと続けるのは良くないと判断し、
レッスンは一旦止めることに。。。

しかしながら、最後に先生に物語の翻訳のお願いしたのは大正解だった!
当初、自分で翻訳機能を使ってやってみるかと思っていたけど、無謀も無謀...
この物語はベルリンの只松さんと一緒に書いたものだけど、こうやって、
ネイティブな第三者を通すことで、また新しい物語に生まれ変わった感じさえする。

いま、先生に翻訳してもらった英文をひとつひとつ確認しているのだけど、
物語の重要なキーとなる「星使い」は、当初「star user」と直訳されていて、
これだとちょっと意味合いが違うので「stargazer」に変えてもらった。

stargazerは、占星家や天文学者というちょっとアカデミックな意味になるけど、
もともと「星を見る人」という意味からきているそうで、転じて、夢想家...
「夢をみる人」の意味もある。これは自分がイメージする「星使い」にピッタリ!


そして、最後の一文を先生はこんな風に翻訳してくれた。

日本語では「開かれる時を待つ」という受け身の状態だけど、
それを「世界を開くことができる」という能動的に変化させているとことが
英語世界ならでは。どちらがいいとかではなく、日本語思考と英語思考では
こうも違うから本当に面白い。

そして、the priceless key...

先生、ステキな言葉をありがとうございました。


それは星の温もりであり、素数の温もりであり、
開かれる時を持つ扉の大切な鍵である。

It is warmth of a star, it is the warmth of prime numbers
and this is the priceless key we have that can open worlds.
























::
[PR]
# by cotomono | 2017-06-25 23:33 | Comments(0)

金属音

a0072072_1947536.jpg

昨晩、寝ている時に一定のリズムで何かを叩くような金属音がして目が覚めた。
でも、部屋も外もシーンと静まり返っていて特に変わった様子はない。

気のせいか...と、そのまま眠りに戻るとまた金属音が聴こえてくる。
で、再び目を開けて金属音に意識を合わせようとすると音が消えてなくなる。
で、また眠りに戻ると金属音が鳴り始め、意識を合わせると消える。
まるで意識と無意識の狭間を狙っているみたい。

そんなのを数回繰り返してるうちに、トイレに行きたくなったので
起き上がりトイレを済ませ、水を飲み、一旦完全に目を覚ました後に眠りについた。
単に眠っているときにトイレに行きたかったサインなのかな?とも思うし、
そうだった方がいいけど、あんなに大きくはっきりとした音はどう考えても
外部から鳴っているとしか思えないんだけど。。。うーむ。


いったい、あの金属音はなんなんだろう?
不快な音ではないけど、連続性があって耳に残る。

こないだは頭の中に77って数字がくっきり投影されたてビックリしたけど、
頭の中で何か起こっているのかな?一年ほど前は爆発音もしたし。。。

ひとまずメモ的に書いておきますー。













::
[PR]
# by cotomono | 2017-06-21 20:34 | Comments(0)

courage

a0072072_2222661.jpg

さて、ただいま展示会前恒例の「ココロが折れかかっている」状態ですが、、、
いまさっき、友達がスッバラしい言葉を贈ってくれ一気に救われました。

following your own path needs indeed courage,
but we should try it and make the best of it.


12月、いい顔で彼らと再会できるように、
勇気を、、、

そう、勇気を出そう。































::
[PR]
# by cotomono | 2017-06-20 22:21 | Comments(0)

77

a0072072_18304873.jpg

眠っていて夢をみることがほとんどないのですが、
眠りに落ちる前というか、いわゆるまどろみタイムのときに
時空が歪むというかズレるというか、しばしば不思議な感覚になることがあります。

こないだ、「メッセージ」という映画をみた夜のまどろみタイムに
何の前触れもなく、パッと「77」という数字が頭の中にくっきりと投影されて、
一瞬、ん????となったのですが、その77の線形が本当に美しくて、
そのまま気持ちよくなって寝ちゃいました。

その夜に観た映画の影響かな?とも思わなくもないけど、
メッセージという映画で「77」が出てきたわけでもないので、
何かの暗示(サイン)なのかしら?

気になったので77を数秘で調べたら、いいこと書いてあったので
気分はいいけど。。。(笑

こんな風に、まどろみタイムにはっきりと数字が表れたのは初めてだったけど、
ゾロ目、特にデジタル表示は毎日何度もゾロ目を見るので、ゾロ目に何かあるのか?
潜在的に「みたいものしかみていない」のであれば、それが位相なんだろうけど。

ちなみに映画「メッセージ」ですが、原題「Arrival」の方がこの映画の意図する
ところは伝わってきます。メッセージというと、未知なるものから何かを受け取る
イメージがするけど、そういうことではないです。

何でこんな邦題を付けるのかな?
でも映画自体はおもしろいですよー。















::
[PR]
# by cotomono | 2017-06-10 18:56 | Comments(0)

カタチをキモチに

a0072072_238947.jpg

さて、Tibi Gramさんでの展示会は今年も無事に終えることができました。
お力添え頂いたすべての方々には感謝の一言に尽きます。
引き続き、7月のorange/橙書店さんに向けて手を動かす日々は続きますが、
秋に開催予定の、ある企画展に向けての動きを少しだけ。

キモチをカタチに...を唯一のテーマに、これまでものづくりを続けてきましたが、
今回の企画展ではカタチをキモチに...に変換するようなことを考えています。

と、書いても何のこっちゃわからん、ただのコトバ遊び?と思われるでしょうが、

見つめているもの(キモチ=ワタシ)と、
見つめられているもの(カタチ=モノ)との
関係性を成立させている「空間の視点」とでも言えばいいのか、、

文字(カタチ)はあるけど、それを言葉(キモチ)に変換しないで、
ただ、そのものを見るような視点。
そして、その視点を成立させている全体としての空間。


写真は、正八面体という名をした「宇宙構造図」
この幾何学に、いったいどんな謎が秘めれているんでしょう?

このカタチに、言葉という「名(が)前(にある)」の世界を融解する
鍵があるとしたら?


そんなことばかり考えています。













::
[PR]
# by cotomono | 2017-05-27 00:09 | Comments(0)

魔法を信じよう

a0072072_22174344.jpg

昨年、インターネット上で坂爪圭吾さんの存在を知ってからというもの、
すっかり彼のブログの愛読者となっております。

坂爪さんについて、どうこうと書くのはおこがましい気がするので
ここには何も書きませんが、
この「日本って素晴らしい国だぜ」という記事の終わりの方に、
ヨーゼフ・ボイスの詩を和訳された方のメール転載されてあり、
その和訳の詩が本当にすてきなので、まことに勝手ながら
覚え書きとして、コピペさせていただきます。

ちなみに2年前のドイツ滞在中、ヨーゼフ・ボイスの回顧展をどうしても観たくて
友達の仕事に便乗してスイスのバーゼルまで行ったのですが、展示品の中にも
詩がたくさんあって英訳をたどたどしくなぞった記憶が甦ってきました。

魔法を信じようって、いいなぁ。
(けっこう、信じてるけどね、笑。


::::::


「身を任せよう」

蛇を観察しよう、とんでもない庭を作ろう
危険な人をお茶に招こう
「yes」を意味する小さな印を作って
家中に置こう
自由と不安定の友達になろう
夢を持つことを喜ぼう
映画を見て泣こう、月夜の下でブランコに乗って
思いっきり高く漕ごう
いろいろな気分に寄り添ってみよう
責任を持つことを拒否し、
愛情からそれをしよう
魔法を信じよう、たくさん笑おう
月光の下で泳ごう
ワイルドな、想像力豊かな夢をみよう
壁に絵を描こう
毎日読書しよう
魔法をかけられていると想像してみよう
子供たちとくすくす笑おう、老人の話に耳を傾けよう
全ての物で遊ぼう、自分の中に子供を持ち続けよう
君は無邪気だ、毛布でお城を作ろう
びしょぬれになろう、木に抱きつこう
ラブレターを書こう
























::
[PR]
# by cotomono | 2017-05-03 22:58 | 覚え書き | Comments(0)

不思議なお金

a0072072_03612100.jpg

今夜は「音楽と朗読 Radio Tür」に参加するべく、
西の方にあるステキなお店へお出かけ。

家を出る前に、お財布の中を確認したら千円札が3枚しか入ってなかったので、
引き出しの中から壱萬円札を1枚お財布に移し、壱萬三千円、
お財布に4枚のお札があることを確認してから家を出た。

お店について、チケット代とお茶代として三千円を払おうとお財布を開いたところ、
お財布の中にはお札が4枚。当たり前だ、家を出てから一度も財布を触ってない
のだから。

でも、よく見るとその4枚のお札の中身が違っている。

壱萬円札が1枚、千円札が2枚、
そして、五千円札が1枚。

そう、なぜだか、1枚の千円札が、五千円札に変わっていたのだ。

いやいや、あなた見間違えでしょう。。。?
と思わず自分で自分にツッコミを入れそうになりましたが、
2日前、スーパーで壱萬円札を崩してから、お財布の中に千円札が
が数枚になっていたことはあるものの、五千円札は一度も確認してない。


思うに、いま、展示会前で仕入れやら何やらと、まるで羽が着いたかのように
お金が飛んで行っているので、どうしても金銭的な不安に襲われるときが
あるのだけど、まるで神様が「大丈夫、お金はイルージョンだからね」と
いたずらっぽくウィンクしてるかのような気がしました。

そういえば、10年前くらい前にもお金に不安があるとき、身に覚えのないお金
その時も五千円札が引き出しの中から出て来たことがあったけ。
でもその時は少し前に、見ず知らずの迷い人(老夫婦)にお金をあげた後だったので
あぁ、あの時のお金が還ってきたのね、と思ったけど。。

今回のは本当にびっくりしたなぁ。
もちろん、その五千円札は今夜ぜんぶきれいに使ってきました。

ありがとう☆神様















::
[PR]
# by cotomono | 2017-04-15 01:13 | Comments(0)

展示会のお知らせ

a0072072_20425251.jpg

5月と7月に展示会を開催いたします。
詳しくは、こちらをご参照ください。






























::
[PR]
# by cotomono | 2017-04-07 20:44 | Exhibition | Comments(0)