「私」が凝り固まる

a0072072_1362148.jpg

さて、渦中の人ことお騒がせファーストレディの安倍昭恵さんですが、
こんな本を出版されておられるようで、これはもう笑うしかないというか、
しかし、本質を突いてるよなぁ〜とまったく違う次元で感心しています。笑

「私」を生きる ー 安倍 昭恵 (著)


以前、この日記にも書いたかもしれませんが、
「私」という字は、禾偏(のぎへん)にムで出来ていて、
これは(収穫した)稲をムのようなカタチで抱きかかえるように
独占している様子を表しているそうです。
(「ム」は人間の鼻を横から見たカタチから来ているそうです

ちなみに、「私」を古い辞書で引くと「嘘つき」と記されてあり、
昭恵さんの著書のタイトルを翻訳すると、“「嘘つき」を生きる”となります。
(またこのタイミングでスゴいネーミングセンスデスネ...

あとついでに、帯コピーの「自分の心にまっすぐに」ですが、
「心」という字は人間の心臓(臓器)のカタチから出来ていて
凝り固まるという意味があるので、これも翻訳すると、
”自分の凝り固まったものにまっすぐに”となります。

まるで今回の件を暗示するかのような...

そして「心」という字は、悲、怒、そして、愛にも入っています。
どれも凝り固まるとやっかいなものですね。。




























::
[PR]
by cotomono | 2017-03-26 02:15 | Comments(0)
<< cotomono works 位相(つづき) >>