位相(つづき)

a0072072_2226592.jpg

昨日で無事にフラスコ神楽坂さんでの展示会を終えることができました。
今回5年ぶりの東京でしたが、長い間こんがらがり、凝り固まっていたものが
ゆっくりとほどけ、新しい線を描きながらまあるいカタチとなって表れたような、
ひとつの結び目であり、またはじまりのような時間でした。
それは展示会中だけではなく、移動中も滞在場所も、すべてにおいてそうで、
何というか、こんなに安心しきった東京滞在は初めてでした。
お客様はもちろんのこと、関わってくださったすべてのみなさま、
そして神楽坂の貞さんに心より感謝申し上げます。
お力添え本当にありがとうございました。

東京滞在中のあれこれはinstagramに上げてますので
興味のある方はこちらをどうぞ。。



さて昨日の夕方、バタバタとフラスコでの搬出を終え羽田空港へ到着した頃
スマホにinstagramのサインが出ていたので見てみると、
ある方からのフォローサインでした。それもちょうど100人目。

そのある方とは、10年前「cotomono」として活動するうえで、
はじまりの大きなきっかけを作って下さった方であり、
5年前、再び、その原点に立つ節目となった方だったので、
(詳しくはこちらを→点と、線と、原点回帰。)
今回また、東京とのはじまりを作ることができたその日に、
その方からのサインだったので、時間がめぐるというか、
何とも不思議な感覚がしました。

偶然にも前回の日記に書いたばかりですが、
「位相」とはまさにこういうことで螺旋状に無数に散りばめられた点が
ある位置において縦(奥行き)につながり、それによって視点(角度)が変わる、
その位置のことを「位相」と呼ぶのかもしれません。

というわけで、位相(つづき)でした。
いやぁ、これは本当におもしろくなって参りましたー。笑





















::
[PR]
by cotomono | 2017-03-06 23:32 | Comments(0)
<< 「私」が凝り固まる 位相 >>