位相

a0072072_17571760.jpg

さて、昨年より参加しているあるお話会の席でのこと。

話し手の方が「時間」は「ない」とはっきりと気づいたある日の朝のことを
これまでにも何度となく聞いていたのですが、そのきっかけとなったのが、
ある人が言った「時間は変化しか分からない」というフレーズだったそうで、、、

もちろんわたしは「時間はない」と言えるまでには至ってませんが、
時間は過去からいま現在、そして未来へと直線上に流れているとはますます思えず、
どちらかというと、立方体になった方眼の目のようにあちこちに「時間」が
点在している感覚がしていて、そのことを話し手の方に伝えたところ、
それは螺旋状になった「位相」のことです、と言われました。

それで、位相をwikipediaで調べてみたたところ、
英語では位相のことを「phase(段階)」と言うらしく、
あぁ、そうか!と思わずヒザを打った次第です。
ちなみにwikipediaによると、位相は角度で表せるそうで、
これまた、あぁ、そういうこと!目から鱗が落ちました。

ついでに書くと、目と言えば「顔(面)の前にしかついていない」のが
そもそも身体を時間の枠に足らしめているひとつの要因でもあって

これを読んでる方は、この人何言ってんの?と思われるかもですが、
身体=時間なんですよね。もっと言うと、たぶん、私(自我)=時間です。

さて、ある地点を以て位相(英語で言えばphase)が変わったと思える瞬間が
自分にも確かにありまして、それを言葉で表現するならば、
いわゆるこの世界をとりまいているものは何も変わっていないのだけど、
それを見つめる、角度が変わったのです。

正確に言うと、増えた。

何が?

目が。


見えなかったものが、見えてくる。

それがたぶん、位相という、目。


































::
[PR]
by cotomono | 2017-02-26 18:38 | Comments(0)
<< 位相(つづき) 北極星 >>