北極星

a0072072_23334052.jpg

先日から知的好奇心沸騰中のヌーソロジーは半田さんのブログ(カタカムナ関連)を
読み返していたら「北極星」というキーワードがあったので、気になってリンク先を
開いてみたところ、またまたすごいことが書いてありました。。
なので、覚え書き的にご紹介します。
星田妙見宮 拝殿でのお話

なぜ、北極星が気になるかというと、
昨年、ベルリンの只松さんと一緒に書いた「星と素数」の物語の中に
わたしが最後の最後で書き足したある一節があるのですが、、、
(詳しくはこちらを。)

いま、冷静になって振り返ってみても何故、あの一節を書き足したか、
あの言葉が突然降りてきたのか、まったく分からないのです。
ただ、内側から(オコツト的に言うと外側)強い衝動があって、
まるで「書け!」と命令されるかのように書いたとしかいいようがないのですが、

リンクさせて頂いた半田さんのブログを読んでいると、
まるで答え合わせをしてるかのような、、、いや、答えが先にあって
後で問いを見せられているかのような、時間が反対から流れるような
ちょっとヘンな感覚になりますが、人生とはこんな不思議なことの連続で、
なぞなぞの謎解きしてるみたいなもんですね。

あー、おもしろいなーー。


おまけ追記:「オコツト(OCOT)情報 ー 星座」によると
さそり座とは、芸術的なものをもたらす力の本質。
芸術とは精神の進化を作り出す力。とありまして、、

ちなみにわたしは素数生まれのさそり座なのですが、、、
自分を芸術家だとは全く思いませんが、「精神の進化」には非常に惹かれます。
「今回で人間はおしまいにしたい」と子どものころから思ってるくらいに。
でもまぁ、今回で人間をご卒業した後は木に生まれ変わりたいなーと、
ほんわか程度でしたが、最近、人間とヒトは違うことを知って、
がぜん、ヤル気がでてきました。。単純(笑

























































::
[PR]
by cotomono | 2017-02-22 19:01 | Comments(0)
<< 位相 2013 >>